おっぱいマッサージの方法!母乳はいつから出る?乳首を刺激するの?

記事監修 助産師 佐藤 裕子
佐藤 裕子 日本赤十字社助産師学校卒業後、大学病院総合周産期母子医療センターにて9年勤務。現在は神奈川県横浜市の助産院マタニティハウスSATOにて勤務しております。妊娠から出産、産後までトータルサポートのできる助... 続きを読む

赤ちゃんが産まれると授乳がはじまりますが、ママになったからといって、誰もが急に母乳が出るわけではありません。体質や体調によって母乳が出にくい人もいますが、まずは乳管を開通しなければ判断できませんよね。そこで今回は、おっぱいマッサージの効果やいつからはじめるのがいいのか、母乳を出す方法などを、図解を交えてご紹介します。

おっぱいマッサージとは?

女性 バスト 胸 おっぱい

おっぱいマッサージとは、おっぱいの中にある小葉という部分で作られる母乳を乳管洞まで促すことで、乳首から母乳を出しやすくするためのマッサージです。

乳管がうまく開通していないと、母乳が出にくかったり、食事による脂などによって詰まったりして、赤ちゃんがうまく吸えないだけでなく、乳腺炎になることもあります。

おっぱいマッサージはいつからするといい?

カレンダー

おっぱいマッサージを始める時期は妊娠20週前後が目安ですが、母体の状態や病院の考え方によって異なるので、始めて良い時期は医師や助産師に相談しましょう。

おっぱいマッサージをすると、オキシトシンというホルモンが分泌され、子宮収縮することがあることから、妊娠初期はリスクやトラブルを考えても控えた方が安心です。

妊娠中期頃に乳首の手入れをはじめ、妊娠後期からマッサージをしましょう。乳腺は血行がよくなることで開きやすくなるので、入浴時や入浴後に行うのがおすすめですよ。

おっぱいマッサージの効果は?

はてな クエスチョン ? 本 疑問

おっぱいマッサージには、乳管を開通させることで母乳が出やすくなる効果や、乳首が鍛えられて伸びがよくなり、授乳中のトラブルを防ぐ効果があります。

妊娠してから知ったという人も多いのですが、母乳は血液から作られています。母乳マッサージを行うことで血行が促進され、母乳の分泌をよくする効果が期待できますよ。

赤ちゃんがおっぱいを吸う力は想像以上に強いですが、今まで吸われたことのない乳首は痛みやすく伸びも悪いため、簡単に切れたり、荒れたりします。乳首の伸びが悪いと、赤ちゃんの舌に絡まず、うまく飲めなくなるので、マッサージはできるだけ産前から行いましょう。

おっぱいマッサージを始める前に…

乳首には、赤ちゃんにとって吸いやすい形と吸いにくい形があります。まずは、おっぱいマッサージを始める前に、自分の状態を知りましょう。

理想の乳頭(乳首)

スキャン_20150604 (20)

乳首の付け根が少しくびれている先に膨らみがある状態が理想。引っぱったときに2センチくらい伸びると、赤ちゃんが吸いやすいおっぱいといえます。

扁平乳頭(乳首)

スキャン_20150604 (21)

乳頭と乳房の境目がない状態です。赤ちゃんが舌に巻き込みにくいですが、伸びがよければうまく吸うことができるので、マッサージで伸びをよくしましょう。乳頭吸引器で乳首を突出させると、マッサージしやすくなりますよ。

陥没乳頭(乳首)

スキャン_20150604 (22)

乳頭が乳房の内側に入っている状態で、乳頭が隠れています。そのため乳頭は刺激に弱く、傷つきやすくなっています。乳頭吸引器などで乳首を外に出してからマッサージしましょう。

乳頭(乳首)が小さい

スキャン_20150604 (23)

小さい乳頭は圧力がかかりやすく、傷つきやすい状態。小さくて赤ちゃんが舌に巻き込みにくいので、母乳マッサージで乳首を柔らかくし、傷つきにくくしましょう。

乳頭(乳首)が大きい

スキャン_20150604 (24)

乳頭が大きいと赤ちゃんの口に入りきらないことがあります。マッサージをして乳頭を柔らかくしていきましょう。

母乳が出るための「産前」のおっぱいマッサージの方法とは?

妊娠 妊婦 リラックス 考える

おっぱいマッサージで母乳を出すために、産前にしておくとよいマッサージあります。ここでは、図解付きでマッサージ方法をご紹介します。

産前のおっぱいマッサージの方法【1】

1. 乳輪と乳房の境目に親指、人差し指、中指の3本を当てる
スキャン_20150604 (26)

2. 乳頭をつまむ
スキャン_20150604 (27)

3. 乳首を付け根から軽く引っぱる
スキャン_20150604 (28)

4. 1~2を3回ほど繰り返す

産前のおっぱいマッサージの方法【2】

1. 親指と人差し指で乳輪をつまみ、乳首の周りを角度を変えながら圧迫していく
スキャン_20150604 (17)

2. 人差し指と中指で乳頭をはさみ、親指で乳頭の先を回す
スキャン_20150604 (18)

3. 親指、人差し指、中指で乳頭を掴み、左右に回転させる
スキャン_20150604 (19)

産前のおっぱいマッサージの方法【3】

1. 両方のおっぱいを手で支える
スキャン_20150604 (16)

2. おっぱいの脇に親指を添え、胸を外側へ引っぱる
スキャン_20150604 (30)

3. 片方のおっぱいを両手で包み込み、マッサージする
スキャン_20150604 (21)

母乳を出すための「産後」のおっぱいマッサージ方法とは?

授乳 母乳

ここでは、おっぱいマッサージで母乳を出すための、産後におすすめのマッサージについて、図解付きで方法をご紹介します。

産後のおっぱいマッサージの方法【1】

1. マッサージをするおっぱいと反対側の手でおっぱいを横から覆うように包み込む
スキャン_20150604 (10)

2. マッサージをするおっぱい側の手を反対の手に添えて、横に向かって3回ほど軽く押す
スキャン_20150604 (11)

3. 1~2の動作を、反対のおっぱいも同様に行う

おっぱいが大きい場合

1. おっぱいが大きい場合は、下の方から胸を支える
2. マッサージするおっぱい側の手を反対側の手の下に添え、上下左右に軽く3回ずつ押す

産後のおっぱいマッサージの方法【2】

1. マッサージするおっぱいと反対側の手を胸の斜め横から支える
スキャン_20150604 (25)

2. もう一方の手を添える
スキャン_20150604 (26)

3. 胸の内側斜め上に向かって3回ほど軽く押す
スキャン_20150604 (27)

4. 反対側のおっぱいも1~3を同様に行う

産後のおっぱいマッサージの方法【3】

1. マッサージするおっぱいを下から支える
スキャン_20150604 (13)

2. もう一方の手を添える
スキャン_20150604 (14)

3. 上の方に向かって3回ほど軽く押す
スキャン_20150604 (15)

4. 反対側のおっぱいも1~3を同様に行う

おっぱいのむくみをとるマッサージ

1. 薬指と中指で乳房を支え、親指と人差し指で乳首を圧迫する
スキャン_20150604 (7)

2. 圧迫する位置を上から下に2~3回ずつずらしながら圧迫していく
スキャン_20150604 (6)

3. 両手の薬指と小指で乳輪を左右から持ち上げ、親指と人差し指で乳輪をゆっくりつまむ
スキャン_20150604 (8)

4. 乳頭を中心に、位置をずらしながら3~4回内側に圧迫していく
スキャン_20150604 (9)

おっぱいマッサージをするときの注意点は?

注意

おっぱいマッサージをするときの注意点は、たとえ安定期でも、お腹が張るときはすぐに中止すること。あまり強く力を入れると、乳腺を傷つけてしまうことがあるので、ほどよい力加減で行いましょう。切迫早産の場合は医師の判断が必要です。

産後のおっぱいマッサージは、いつ行っても良いですが、むやみにマッサージをすると乳腺炎の原因になることも。母乳が出にくい状態が続いたり、マッサージをした後、おっぱいに違和感を感じたら、助産師さんや母乳外来で診てもらいましょう。

妊娠中からおっぱいマッサージはこまめに行おう

妊婦 妊娠後期

妊娠中にマッサージをする場合は、こまめに行い、継続することが大切ですよ。うまく開通しはじめると、産前の場合は黄色っぽい色のついた母乳が出ることもあるので、優しく拭き取りましょう。

産前産後とも、母乳が出てインナーに染みができてしまう場合は、市販の母乳パッドなどを使うのがおすすめですよ。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう