妊娠報告の時期はいつ?旦那や親、親戚に知らせるタイミングは?

妊娠が判明すると、まず誰に、いつ、どんな風に伝えれば良いのか考える女性は多いのではないでしょうか。旦那さんへの報告をサプライズで伝えたいと試行錯誤する人も少なくありません。しかし、身近な人たちに伝えるときは、そうはいきませんよね。今回は、旦那さんや親、親戚への妊娠報告について、おすすめの時期と報告するときに気をつけたいことをまとめました。

妊娠報告の時期はいつ頃が良いの?

妊娠 報告 女性

妊娠報告のタイミングは、検査薬で反応が出たとき、産婦人科で赤ちゃんの心拍が確認できたとき、安定期に入ったときなど様々です。まず、どんな段階であれ、旦那さんには最初に報告するようにしましょう。妊娠は夫婦で一緒に乗り越えるものなので、心拍が確認できる前でも伝えた方が良いかもしれませんね。

妊娠初期は、まだ不安定な状態でもあります。旦那さん以外の人には、安定期に入ってからするのが一般的。親への報告は関係性にもよるので、実母だけに先に伝える人もいれば、両家両親に同じタイミングで、安定期に報告するケースも。まずは慎重に、関わりが深い人から順に時期を見て伝えていきましょう。

旦那に妊娠報告をする時期は?どうやって伝える?

カップル 夫婦 エコー写真 胎児 妊娠 準備 想定

旦那さんへの妊娠報告は、妊娠検査薬で陽性反応が出たタイミングが多いようです。旦那さんは、一番に妊娠の喜びを分かち合いたい存在ですよね。生理が遅れているといった、はっきりしない状態のときは急ぐ必要はないかもしれませんが、妊娠検査薬で陽性反応が出た場合はその時点で報告しましょう。なかには、妊娠検査薬の反応を旦那さんと一緒にチェックしたというケースも。

慎重な人は、産婦人科で胎嚢が確認でき、医師から妊娠を認められてから伝える人も少なくありません。状況によって報告のタイミングは異なりますが、誰よりも先に伝えることが大切ですよ。

旦那へのサプライズ方法

● 旦那の帰宅を待って、頃合いをみて妊娠検査薬の陽性反応を見せる
● 旦那の帰宅直前に、妊娠検査薬の陽性反応の写メを送る
● 胎嚢確認ができたエコー写真をさりげなく机に置いておく

旦那へ報告するときに気をつけたいこと

妊娠を知った旦那さんは、気持ちが高まって早く色々な人に知らせたいと思うもの。しかし、安定期に入るまでは安心できないため、周囲への報告は一旦待ってもらいましょう。男性の多くは、妊娠確定後は当たり前のように妊娠が順調に進むと思うことが多く、女性が喜んでいる反面どこかでまだ安心しきれていない気持ちに気づいていないことがあります。2人でよく話し合い、いつ、誰に報告するかを落ち着いて決めましょう。

親に妊娠報告をする時期は?どうやって伝える?

親 祖父母 親子 大人 ママ

親への妊娠報告は、旦那さんの様子を見てから行いましょう。安定期に入ってから報告することもありますが、それまで何かとサポートしてもらうことがあるかもしれません。産婦人科の診察で妊娠が確定した時点で、実母にだけ先に伝える人もいますよ。

直接報告をするのがベストですが、両親が遠方に住んでいる場合は、電話で連絡する人も多くいます。特に初孫の場合、両親は一秒でも早く妊娠報告を聞きたいもの。兄弟や姉妹が実家に住んでいるときは、親と同じタイミングで報告しても良いかもしれませんね。

親へ報告するときに気をつけたいこと

実家や義実家への報告タイミングは夫婦でしっかり話し合って決めておきましょう。片方の両親だけ先に妊娠を知ったという状態にならないよう、できるだけ同じタイミングで報告するのがベスト。どうしても難しい場合は、先に報告をした両親に、相手側の家に連絡をするのを待つようお願いすることも忘れないようにしましょう。

また、旦那への報告のときと同様に、安定期に入るまでは周囲に妊娠の報告を待つように伝えることも大切です。

親戚に妊娠報告をする時期は?気をつけたいことは?

親戚 家族 パーティー

妊娠報告を親戚にする時期は、日頃の親密度によっても変わってきます。親戚が遠くに住んでいたり、直接連絡を取ったりしていないときは、安定期に入った後に親から報告することも。後で出産報告と一緒にする人も多いようですよ。親戚が近くに住んでいたり、頻繁に交流したりしている場合は、安定期に入ってから報告しましょう。

親戚へ報告するときに気を付けたいこと

地域によっては妊娠報告に関する決まりごとがあり、親戚といえども失礼に当たらない報告をするよう気をつけましょう。親戚に妊娠報告をする前に、親や地域の風習に詳しい知人などに、事前に相談しておくのもいいですね。

友達に妊娠報告をする時期は?

女性 友達 談笑

妊娠報告を友達にする時期は、友達との関係性や出産経験の有無によって、報告の時期が変化することが多いようです。日頃仲良くしていて、出産経験のある友人であれば、妊娠中の相談やアドバイスをもらうことも考えて、早い段階で報告する人もいます。早く報告したい友達以外は、友達同士で妊娠の情報が伝わることを考えて、安定期に入ってから報告しましょう。

友達へ報告するときに気を付けたいこと

特に現状で付き合いのある友達を中心に、同じグループやコミュニティの人には同じタイミングで報告すると良いですね。たまに連絡をとる友達には、周囲への報告が落ち着いてからでも良いでしょう。

なかには思うように妊娠ができない人や、独身であることを気にしている人がいるかもしれません。自分自身にとっては幸せなことでも、周囲は素直に祝福できない場合もあります。友達に報告するときは、それぞれの境遇に合わせた伝え方ができると良いですね。

会社に妊娠報告をする時期は?

仕事 報告

今後の働き方に関わってくるため、産婦人科で妊娠と診断されたらできるだけ早く直属の上司にだけは報告しましょう。特につわりなどで体調不良が多い場合は、理由が曖昧な欠勤が続くと周囲に不信感を与えるだけでなく、上司もサポートできずに困ってしまい、職場に居づらくなってしまうことも。

直属の上司には早めに事情を話し、不安なことがあれば出産経験のある同僚や先輩にも相談しておいても良いかもしれません。その後、安定期に入ってから産休までの段取りなどを現段階の想定で上司と話し合い、頃合いを見て、所属のチームや課、仕事で関わる部署などに伝えていきましょう。

職場へ報告するときに気を付けたいこと

職場に妊娠報告をする際は、まずは直属の上司に報告するのが一般的です。どうしても妊娠を知らせたい同僚がいるときは、直属の上司に報告した後で伝えましょう。他の人から妊娠の情報が入ってしまうと、良い印象にはならないので気をつけてくださいね。

また、マタニティハラスメントなどが気になる場合は、労働基準法などをチェックしておくのも一つの方法です。男性上司の場合は、妊娠で具体的にどんなことが起きるのかわからないことも珍しくありません。つわりなどで一部の業務に携わるのが厳しいときは、「●●をすることは難しくなりますが、●●をすることができます」と、できないことと、代わりにできることなどを提示すると丁寧ですよ。

旦那さんと協力して適切なタイミングで妊娠報告を

エコー 写真 夫婦 胎児 赤ちゃん 妊婦

妊娠の報告は、旦那さんとよく話し合って、適切なタイミングで行いましょう。妊娠自体は個人的なことかもしれませんが、妊娠に関わるできごとは、周囲のサポートがなければ乗り越えられないことが多々あります。

そうはいっても、本人にとっても、伝える相手にとってもデリケートな問題でもありますよね。普段とは少し異なる周囲への配慮も、良い経験だと思って夫婦で乗り越えていきましょう。丁寧に報告することで、今後の妊娠生活を心地過ごすことができますよ。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう