妊娠初期に茶おりものが出る原因は?鮮血は危険?少量なら大丈夫?

記事監修 産婦人科医 間瀬 徳光
間瀬 徳光 2005年に山梨医科大学(現 山梨大学)医学部を卒業。板橋中央総合病院を経て、現在は沖縄県立中部病院 総合周産期母子医療センターに勤務。産婦人科専門医、周産期専門医として、一般的な産婦人科診療から、救... 続きを読む

妊娠初期症状のひとつに、微量の出血があることがあります。少しだけ血の混ざった茶色いおりものが見られたことで、妊娠の可能性に気づいたという人もいるようです。しかし、妊娠していることがわかってから茶色いおりものが出ると、「お腹の赤ちゃんに何かあったのでは?」と不安になるかもしれません。また、茶色のおりものが鮮血に変わったらもっと気になりますよね。今回は妊娠初期に茶おりものが出る原因と、鮮血が出た場合の対処法などをご説明します。

「茶おりもの」とは?

女性 トイレ おりもの

おりものは通常、無色透明や半透明ですが、茶色くなった場合に「茶おりもの」や「茶おり」などと呼ばれます。この「茶色」は、血液が時間の経過で酸化した色です。

血が付いた紙を放置しておくと赤黒く変化します。それと同じで、過去に子宮内で起きた出血がおりものに混ざり、茶色く見えるのです。

生理が終わった後、子宮内に残っていた血が混ざって茶おりものが出ることもあるので、妊娠前に経験したことがある人も多いのではないでしょうか。

妊娠初期に茶おりものが出る原因は?

女性 お腹 守る

妊娠初期に茶おりものが出る原因の一つとして、「着床出血」が考えられます。着床出血とは、受精卵が子宮内膜に着床するときに、ほんの少し出る血のことですが、これがおりものに混じって少し時間が経過した後に体外に出てきた可能性があります。

着床出血があるかどうかは人によりますが、仮に生理周期を28日とすると、生理予定日の1週間前に着床が起きていると考えられます。産婦人科で妊娠確定をしてもらう前に、妊娠初期症状として着床出血が起こることもあります。

ただし、そのときの血液が腟から排出されるまでには少し時間がかかる可能性もあるので、茶おりものに気づくのは生理予定日が過ぎてからになるかもしれません。

妊娠初期の茶おりもので注意が必要なこともある?

記号 注意点 空 標識

妊娠初期に茶おりものが少し見られただけであれば、それほど心配する必要はありません。ただし、茶おりものだけでなく以下の症状を伴うときには、産婦人科を受診してください。

激しい下腹部痛を伴う

茶おりものが出ただけでなく、下腹部に強い痛みを感じるときは、着床出血ではなく、子宮や卵巣の病気や「子宮外妊娠(異所性妊娠)」、流産の可能性も考えられます(※1)。

茶おりものが長期間、大量に出続ける

通常、着床出血はわずかな量なので、茶おりものも少量しか見られません。

もし茶おりものが大量に出る、あるいは何日も出続けるなどの症状がある場合は、婦人科系のトラブルが起きている可能性もあります。

妊娠初期に茶おりものではなく鮮血が出たら?

赤 水 水分

茶おりものではなく、真っ赤な鮮血が出てきた場合は注意が必要です。茶おりものは過去に出血したものが出てきていますが、鮮血は出血したばかりのものだと考えられます。

妊娠中は生理がないので、不正出血が見られる場合は次のような可能性があります。問題があるかどうかを自己判断するのは難しいため、できるだけ早く産婦人科で診てもらいましょう。

外的刺激によるもの

妊娠中は、腟内や子宮の入り口が柔らかくなっており、うっ血(血液がたまった状態)しているため、少しの刺激でも出血しやすい状態です。

特に、「子宮腟部びらん」などがあると、性交や排尿、排便などの刺激で不正出血が起きることがあります(※2)。

婦人科系の病気

子宮頸管ポリープや子宮筋腫、子宮頸がんなど、婦人科系の病気が原因で出血している可能性もあります(※2)。病気やその重症度によっては、妊娠の継続に影響を与えることもあるので、慎重に検査・診断する必要があります。

子宮外妊娠(異所性妊娠)

まだエコーで胎嚢が確認できていない段階で鮮血が見られた場合、子宮外妊娠の可能性もあります。

妊娠検査薬で陽性が出た時点では、正常妊娠かどうか判別できないので、すぐに産婦人科を受診しましょう。

絨毛膜下血腫

なんらかの原因によって、ママと赤ちゃんをつなぐ胎盤の膜と膜の間に血腫ができるものを、「絨毛膜下血腫」といいます。

妊娠初期の不正出血から発見されることが多く、血腫の大きさによっては流産や早産につながる恐れもあるので、すみやかな受診が必要です(※3)。

切迫流産や流産の兆候

妊娠初期に鮮血があったからといって、流産とは限りません。ただし、不正出血だけでなく、強い下腹部の痛みもある場合、切迫流産や流産の可能性もあります(※3)。

妊娠中は、おなかの張りを多少感じることはありますが、それがあまりに強い場合は早めに産婦人科にかかりましょう。

妊娠初期に茶おりものが出たときの対処法は?

本

先述のとおり、茶おりものが大量に出たり、下腹部痛があったり、鮮血が出たりしていなければ、それほど心配する必要はありません。

しかし、茶おりものが下着についてしまうのが気になる人もいますよね。また、妊娠初期は皮膚が敏感になっており、おりものの量が増えることでデリケートゾーンがかぶれてしまうことも。

肌をかぶれや細菌感染から守るためにも、パンティライナーを利用したり、こまめに下着を替えたりして清潔に保つことを心がけましょう。

妊娠初期は茶おりもの以外の変化にも注意を

内診 診察 病院

妊娠によって、女性の体は大きく変化します。茶おりものが少し出ているだけであれば、あまり不安になる必要はありませんが、不正出血や下腹部の痛みなど、何か異常を感じたときには早めに産婦人科を受診しましょう。

妊娠中の体調変化で気になることがあれば、医師に相談してください。できるだけストレスのない健康的な妊娠生活を送れるといいですね。

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう