妊娠初期に茶おりものが出る原因は?鮮血は危険?少量なら大丈夫?

妊娠初期症状のひとつに「茶色いおりもの」があります。茶色いおりものが現れて、妊娠の可能性に気づいたという体験談も。しかし、妊娠していることがわかってから茶色いおりものが出ると、「赤ちゃんが危険なのでは?」と不安になるかもしれません。また、茶色のおりものが鮮血に変わったらもっと気になりますよね。今回は妊娠初期の茶おりものが出る原因と鮮血が出た場合の対処法などをご説明します。

そもそも「茶おりもの」とは?

女性 トイレ おりもの

通常は無色透明・半透明なおりものが茶色くなったものを「茶おりもの」や「茶おり」などと呼びます。この「茶色」は、血液が時間の経過で酸化した色です。血が付いた紙を放置しておくと赤黒く変化しますね。過去に子宮内で起きた出血がおりものに混ざり、茶色のおりものになるというわけです。

生理が終わった後、子宮内に残っていた血が混ざって茶おりものが出ることもあるので、妊娠前に経験したことがある人も多いのではないでしょうか。

妊娠初期に茶色いおりものが出る原因は?

女性 お腹 守る

妊娠初期症状として現れる茶おりものの原因は「着床出血」です。受精卵が子宮内膜に着床するときに子宮内膜を傷つけてほんの少し血が出ることがあり、これがおりものに混じった可能性があります。

また、お腹の中で赤ちゃんがすくすくと成長していく中で、子宮内の毛細血管が切れて出血することもあります。この血が子宮内で酸化した場合にも茶おりものが出てきますが、赤ちゃんがきちんと成長している証だと考えてください。

妊娠初期の茶おりもので注意することはある?

記号 注意点 空 標識

妊娠初期の茶おりものはそれほど珍しい症状ではありませんが、中には注意が必要な場合もあります。以下の症状を伴うときには、産婦人科を受診してください。

激しい痛みを伴う

通常、茶おりものが出るときには痛みを感じません。妊娠前におりものが出ていたとき痛みを感じなかったのと同じです。茶おりものが出ているときに強い痛みを感じたときは病気や流産などの可能性もあります。

茶おりものが大量・長期間出続ける

胎児の成長に伴う茶おりものは少量なのが一般的です。人によって出る量に違いはありますが、大量に出る、あるいは何日も出続けるなどの場合はなんらかのトラブルが起きているかもしれません。

妊娠初期に鮮血が出たら危険?少量なら大丈夫?

赤 水 水分

茶おりものではなく、真っ赤な鮮血が出てきた場合は注意が必要です。茶おりものは過去に出血したものが出てきていますが、鮮血は今現在出血しているものだからです。妊娠中は生理がないので、鮮血が出たらなんらかのトラブルが起きている可能性があります。

鮮血の原因1. 子宮と胎盤の成長速度のズレ

胎盤や子宮は赤ちゃんに合わせて徐々に大きくなっていきますが、どれも同じスピードで成長していくわけではありません。その成長速度にズレが出てくると、胎盤が少し剥がれて出血することがあります。この場合に少量の鮮血が出てきますが、発育が順調であれば過度な心配はありません。

鮮血の原因2. 内診や経膣エコーなどの刺激

妊娠中は膣内や子宮の入り口がうっ血(血液がたまった状態)し、組織が柔らかい状態になっているため、少しの刺激でも出血しやすいのです。子宮膣部びらん、子宮頚管ポリープがある方も内部が出血を起こしやすい状態になっているため、刺激を受けて出血することがあります。

鮮血の原因3. 流産や切迫流産の兆候

進行流産の場合は、多量の出血と痛み、おなかの張りを伴うことが多くあります。流産や切迫流産の可能性もあるので早めに産婦人科へ連絡しましょう。

鮮血の原因4. 婦人科系の病気

子宮頸管ポリープや子宮筋腫、子宮体癌など、婦人科系の様々な病気が原因で出血する場合もあります。妊娠の継続に影響をあたえることもあるので、念のため産婦人科で検査して早期発見・早期治療を心がけてください。

鮮血の原因5. 子宮外妊娠

子宮外妊娠でも妊娠検査薬は陽性反応を示すため、最初の段階で見分けるのは困難ですが、鮮血が見られたのをきっかけに子宮外妊娠の可能性に気づくこともあります。胎嚢が確認できていない段階では子宮外妊娠の可能性も考えられます。

妊娠初期に茶色いおりものが出たときの対処法は?

本

茶おりものが出た場合は、体に負担をかけないためにも安静にすることが大切です。茶おりものが自然と治まらず、強い痛みを伴う、鮮血が出たなどの症状が見られたときは早めに産婦人科に相談してください。

また、妊娠初期はおりものの量が増え、かぶれてしまうことも。特に妊娠中は皮膚が敏感になっているので、今まで皮膚トラブルがなかったという方もかぶれやすくなります。お肌を守るためにも、パンティライナーを利用したり、こまめに下着を替えたりして清潔に保つことを心がけましょう。

妊娠初期に出血などの気になる症状があれば、早めの対処を

内診 診察 病院

妊娠初期は体が大きく変化する時期です。茶おりものにかぎらず、何か異常を感じたときには早めに対処することが大切です。不安を抱えて過ごしているとストレスが溜まり、体によくありません。気になることがあれば早めに専門家に相談するように心がけ、健康的な妊娠生活を送ってくださいね。

免責事項

最新情報をお届けします

あわせて読みたい