子宮外妊娠とは?原因や症状、兆候は?出血や痛みはある?

記事監修 産婦人科医 中村 絵里
中村 絵里 産婦人科専門医。2001年、東海大学医学部卒業。神奈川県内の病院で産婦人科医としての経験を積み、現在は厚木市の塩塚産婦人科勤務。3児の母。「なんでも気軽に相談できる地元の医師」を目指して日々診療を行っ... 続きを読む

妊娠初期は母体、胎児ともにトラブルが起きやすい時期ですが、「異常妊娠」もその一つです。特に「子宮外妊娠(異所性妊娠)」は、放っておくと卵管破裂などの深刻なトラブルを引き起こすこともあります。今回は子宮外妊娠について、原因や症状、兆候などについてご説明します。

子宮外妊娠とは?

妊娠検査薬 妊娠初期 お腹 女性

子宮外妊娠とは、本来であれば子宮内膜に着床するはずの受精卵が、何らかの原因で子宮内膜以外の場所に着床して根をはってしまうことをいいます。正式には「異所性妊娠」と呼ばれますが、すべての妊娠のうち約1~2%の頻度で発症します(※1)。

着床が起きる場所は様々ですが、卵巣と子宮をつなぐ卵管で起こる「卵管妊娠」がもっとも多く、子宮外妊娠のうち約90%以上を占めます。稀に、腹膜や卵巣、子宮頸管などでも起こります(※2,3)。

受精卵は、狭い卵管の中では正常に発育できないので、子宮外妊娠には「妊娠」という言葉はついているものの、そのまま妊娠を継続することはできません。

ただし、子宮外妊娠であっても、正常妊娠したときと同じように「hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)ホルモン」が分泌され始めるので、妊娠検査薬を使うと陽性反応が現れます。

子宮外妊娠の原因は?

イラスト 卵管卵巣4

子宮外妊娠が起こる原因としては、次の3つが挙げられます(※3)。

卵管の問題

卵管内や卵管の周りの器官で癒着を起こしているのが原因で、受精卵が子宮へと到達できないことがあります。

クラミジアなどの性感染症や、子宮内膜症などの病気のほか、卵巣・卵管の手術によって卵管が炎症を起こしたときに、癒着が起こりやすくなります。

受精卵を運ぶときの問題

本来であれば、受精卵は卵管を通って子宮に向かいますが、稀に受精卵が腹膜や卵巣、反対側の卵管などに着床してしまうことがあります。

もしくは、体外受精後の胚移植で受精卵を子宮の中に注入するときに、受精卵が子宮体部を通り越し、卵管内や子宮頸部に着床するケースもあります。

子宮の問題

過去に、子宮内避妊具(IUD)を挿入していたり、人工妊娠中絶や子宮鏡下手術の経験があると、炎症などによって子宮環境に何らかの変化が起こり、受精卵が子宮内膜に着床できないことがあります。

子宮外妊娠の症状は?出血や痛みは兆候?

女性 おなか 腹痛 便秘 下痢

子宮外妊娠は、初期段階では特に症状が出ません。生理がなくなり、妊娠検査薬で陽性反応が現れるところまでは、正常妊娠と同じです。

しかし、週数が進むと受精卵が発育してくるので、不正出血や下腹部の痛みなどが現れてきます。一般的には妊娠6週目頃から症状が出始めますが、最初は出血量も少なく、それほど痛みを感じないこともあります(※3)。症状が進行するにつれて出血量が増え、痛みも強くなっていきます。

妊娠初期には「卵管流産」、妊娠7~8週くらいまで進んでいると「卵管破裂」などを引き起こし、お腹の中や性器に多量の出血が見られ、急激な下腹部痛に襲われます。特に卵管破裂の場合は、急性の貧血状態になり、さらに進行すると出血性ショック状態に陥り、命の危険を伴うこともあります。

このように、子宮外妊娠は重症化するととても危険なので、たとえ妊娠検査薬で陽性反応が出ても、産婦人科のエコー検査で子宮内に胎嚢が確認されるまでは油断しないようにしましょう。

子宮外妊娠がわかる時期はいつ頃?

時間 カレンダー 予定

子宮外妊娠かどうかは、妊娠6週目頃までにはわかります。

前述のとおり、妊娠検査薬で陽性反応が現れただけでは、正常妊娠と子宮外妊娠を判別することはできません。しかし、妊娠5~6週以降に超音波(エコー)検査を受けると、正常妊娠であれば子宮内に赤ちゃんを包んでいる「胎嚢」が確認できます。この胎嚢が見えない場合、子宮外妊娠が疑われます(※1)。

ただし、最後に生理が来た日から数えて妊娠週数が進んでいても、排卵日がいつもより遅れていた場合などは、妊娠6週を過ぎても胎嚢が確認できないからといって、必ず子宮外妊娠とは判断できないこともあります(※2)。

そのため、基礎体温から実際の妊娠週数を計算し、さらに血中hCG値や症状の程度などから総合的に診断されます。

子宮外妊娠は早期発見が大切

子宮外妊娠 症状 兆候 早期発見

子宮外妊娠は予防できないトラブルで、残念ながら妊娠8週までにはほとんど流産に至ります(※2)。卵管破裂などの事態が起こる前に、早期発見・早期治療ができれば、体への負担も少なくて済みます。

妊娠検査薬で陽性反応が出ると嬉しい気持ちになりますが、子宮外妊娠の可能性もゼロではないので、月経予定日から1〜2週間過ぎたらできるだけ早く産婦人科を受診し、胎嚢が確認できるまでは不正出血などのサインを見逃さないように気をつけて過ごしましょう。

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう