子宮外妊娠とは?原因や症状、兆候は?出血や痛みはある?

妊娠初期は母体、胎児ともにトラブルが起きやすい時期ですが、「異常妊娠」もその一つです。特に「子宮外妊娠」は放っておくと卵管破裂などの深刻なトラブルを引き起こすこともあります。今回は子宮外妊娠について、原因や症状、兆候、起こる時期、出血や痛みはあるのかなどをまとめました。

子宮外妊娠とは?

妊娠検査薬 妊娠初期 お腹 女性

子宮外妊娠とは、本来であれば子宮内膜に着床するはずの受精卵が、何らかの原因で子宮内膜以外に着床して根をはってしまうことをいいます。正式には「異所性妊娠」と呼ばれます。

着床が起きる場所は様々ですが、卵巣と子宮をつなぐ卵管がもっとも多く、全体の約98%を占めます。残りの2%は腹膜や卵巣、子宮頸管などです(※1)。受精卵は子宮内膜に着床できた場合だけ正常な発育を始めるので、子宮外妊娠には「妊娠」という言葉はついていますが、そのまま妊娠を継続することはできません。

子宮外妊娠は妊娠したときと同じようにホルモンが分泌され始めるので、妊娠検査薬を使うと陽性反応が現れます。

子宮外妊娠の原因は?

記号 ハテナ ?

子宮外妊娠が起こる原因としては、「卵管の問題」「子宮の問題」「受精卵を運ぶときの問題」の3つが考えられます。

卵管の問題

卵管内が癒着を起こしているのが原因で、受精卵が子宮内膜へと到達できないことがあります。性感染症や子宮内膜症などが引き金になって卵管が炎症を起こしたときに起こりやすくなります。

子宮の問題

過去、IUDなどの避妊具を子宮内に入れていたり、人工妊娠中絶の経験があると、子宮環境に何らかの変化が起こって受精卵の到達を妨げることがあります。

受精卵を運ぶときの問題

本来であれば受精卵は卵管を通って子宮に向かいますが、稀に受精卵が卵管采の外に出て腹腔や卵巣などへ付着することがあります。

子宮外妊娠症状は?出血や痛みは兆候?

女性 おなか 腹痛 便秘 下痢

子宮外妊娠は、初期段階では特に症状が出ません。生理がなくなり、妊娠検査薬で陽性反応が現れるのは、正常妊娠と同じです。

しかし、週数が進むと子宮以外で受精卵が成長し始めるので、不正出血や下腹部の痛みなどが現れてきます。一般的には妊娠6週目頃から症状が出始めますが、最初は出血量も少なく、それほど痛みを感じません。ただし、進行するに連れて出血量が増え、痛みもひどくなります。

その後も放置していると卵管破裂などを引き起こし、出血性ショック状態による命の危険を伴うこともあります。産婦人科のエコー検査で子宮内に胎嚢が確認されるまでは、子宮外妊娠の症状に気をつけましょう。


子宮外妊娠がわかる時期はいつ頃?

時間 カレンダー 予定

子宮外妊娠かどうかは、妊娠6週目頃までにはわかります。前述の通り、子宮外妊娠でもホルモンバランスが変化するので妊娠検査薬で陽性反応が現れただけでは見分けることができません。しかし、妊娠6週目を過ぎる頃には、正常妊娠であれば子宮内に赤ちゃんの元になる細胞として「胎嚢」が確認できます。この胎嚢が見えない場合、子宮外妊娠が疑われます。

妊娠週数を数え間違えている可能性もあるので、妊娠6週を過ぎても胎嚢が確認できないからといって、必ず子宮外妊娠とは判断できないこともあります。ただし、子宮外妊娠を放っておくと受精卵が成長して卵管破裂を引き起こすなどの危険もあるので、早期治療が不可欠です。

妊娠検査薬で陽性反応があった場合には、早めに産婦人科を受診してください。

子宮外妊娠は早期発見が大切

子宮外妊娠 症状 兆候 早期発見

子宮外妊娠は予防できないトラブルです。症状が現れる前に産婦人科で検査を受けて早期発見することが何よりも大切。早期治療ができれば、体への負担も少なくて済みます。妊娠検査薬で陽性反応が出ると嬉しい気持ちになりますが、子宮外妊娠の可能性も忘れないでください。

市販の妊娠検査薬で陽性が出たら、できるだけ早く産婦人科を受診し、胎嚢が確認できるまでは小さな症状のサインを見逃さないよう心がけましょう。

※1参考文献: 株式会社メディックメディア『病気がみえるvol.10 産科 第3版』P90

免責事項

最新情報をお届けします

あわせて読みたい