生理前の腹痛は妊娠超初期症状?原因は?子宮や下腹部に痛みがある?

妊活中の人は、生理前にいつもと違う体調の変化を感じると「もしかして妊娠!?」と嬉しくなりますよね。妊娠超初期症状には、「高温期が2週間以上続く」「着床出血がある」など様々ですが、腹痛もその一つです。今回は、妊娠超初期症状の腹痛について、症状や原因、生理前に感じる腹痛との違いについてご紹介します。

妊娠超初期症状の腹痛の原因は?生理前にある腹痛との違いは?

本 めがね メガネ

妊娠超初期症状の腹痛の原因

妊娠超初期症状の腹痛の原因はいくつかあります。一つは着床した胎芽を育てるために子宮が収縮を繰り返していること。また、妊娠超初期にはホルモンバランスが変化し、hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)や、エストロゲン、プロゲステロンが多く分泌され、ホルモンバランスが変化します。すると腸の働きが弱くなり、便秘や下痢になって腹痛を起こしてしまうのです。

生理前の腹痛の原因

子宮内膜から分泌されるプロスタグランジンという成分が腹痛の原因です。生理前になるとプロスタグランジンが多量に分泌され、子宮収縮を促し、経血を体の外に排出します。プロスタグランジンの分泌量が増えると子宮収縮が強くなり、下腹部痛を引き起こすのです。

妊娠超初期症状の腹痛の時期は?着床出血後に起きる?

妊娠 腹痛 時期

基礎体温が高温期に入ってから1週間後あたり、つまり、生理予定日の1週間前くらいから腹痛を感じる人が多いようです。受精卵が着床した後、受精卵は胎芽と呼ばれるようになりますが、その頃と時期が一致しますね。着床出血の後の腹痛であれば、時期としても妊娠超初期症状と考えられます。

妊娠超初期症状の腹痛の症状は?生理前の痛みとの違いは?

女性 ソファ 腹痛 生理

妊娠超初期の腹痛は、人によって症状は様々ですが、主に以下のような症状が多くみられます。

● 子宮のあたりに、チクチクとした痛みや鈍痛がある
● おなか、特に下腹部がきゅっと引っ張られるような痛みがある
● 子宮のあたりにむずむずとした違和感がある
● 恥骨あたりがズキズキと痛い

症状を感じる期間も個人差が大きく、1日中痛みを感じる人もいれば、1日のうち痛みがあったりなかったりするという人もいます。

生理前の腹痛に似ているので、痛みの症状だけでは妊娠超初期症状の腹痛かどうかはわからないことも多いようです。生理前にいつも腹痛がある人は、痛みを感じる場所や感じ方など、症状の違いを見極めましょう。いつもは腹痛がない人にこれらの症状があれば、妊娠超初期かもしれませんね。

妊娠超初期の腹痛は着床痛かも?

受精卵が子宮内膜に着床したときに起きる着床痛の可能性もあります。生理予定日の1週間前くらいから下腹部痛を感じたら、着床痛かもしれません。痛みの症状には個人差があり、子宮あたりにチクチクする痛みを感じる人もいれば、お腹全体に鈍痛を感じる人もいます。

着床痛の後に着床出血があれば、妊娠の可能性が高いと考えられます。

妊娠超初期症状の腹痛か生理痛かを見極める方法は?

子供 女の子 ルーペ

痛みの性質が似ていて、生理予定日前の腹痛が、生理前の腹痛か、妊娠超初期症状の腹痛か見極めることは難しいので、他の妊娠超初期症状と合わせて考えましょう。「高温期が2週間以上続いている」「着床出血があった」「おりものの量や状態がいつもと違う」なども妊娠兆候の一つです。関連記事に妊娠初期症状をまとめてありますので、参考にしてくださいね。

妊娠超初期症状の腹痛の対処法は?

生理的な現象なので、特に対処する必要はありません。ただし、下痢の症状を伴うことも多いので、つらいかもしれません。症状を少しでもやわらげるために、足湯をして体の冷えを解消する、お腹を温める、温かい飲み物や食べ物を摂取するなどがおすすめです。ストレスもホルモンバランスを乱して腹痛を悪化させてしまうので、即効性はないかもしれませんが、普段からストレス解消をできる方法を実践してください。

また、腹痛の悪化を避けるために、できるだけお腹に力が入るような姿勢・行動は避けましょう。具体的には、長時間での立ち仕事を控える、重い荷物を持たない、長時間の自転車・車の運転は控えるなどは、生活の基本です。また、ヒールの高い靴を履くとお腹に力が入ってしまうため、スニーカーなど平らな靴を履くようにしましょう。

妊娠超初期症状の腹痛の対処における注意点

腹痛があると薬を飲むという習慣がある人もいるかもしれませんが、市販薬を飲む前に、妊娠中でも飲める薬かどうかを確認してください。妊娠超初期に薬を飲んでもあまり影響はないといわれていますが、万が一のことを考えて注意しましょう。妊娠中は、普段の薬を飲めない、喫煙・飲酒ができないなど、生活習慣ががらりと変わるので、その生活に慣れる第一歩として考えてみてくださいね。

妊娠超初期症状の腹痛は子宮外妊娠の可能性もある?

注意

異常妊娠の一つに子宮外妊娠というものがあります。正常な妊娠であれば、受精卵は子宮内膜に着床して成長していくのですが、子宮外妊娠は名前の通り、受精卵が「子宮の外」に着床してしまった状態です。子宮内膜にたどり着く前の卵管に着床してしまうケースがほとんどで、妊娠超初期の頃は症状としても軽い下腹部痛を感じる程度です。少量の不正出血やピンク色のおりものが出ることもあります。

妊娠検査薬でも陽性反応を示しますが、妊娠を継続することはできません。ただ、卵管などに着床しても、受精卵は胎芽となって大きく成長してしまうため、ひどい腹痛を感じるようになり、症状が悪化すると卵管破裂などを引き起こしてしまうリスクもあります。

子宮外妊娠でも、妊娠超初期の時期はまだ胎芽が成長していないため、ひどい腹痛を感じることはありませんが、腹痛が継続して起きる場合は注意が必要です。いずれにせよ、妊娠検査薬で陽性反応が出たらすぐに病院を受診してください。

生理前の腹痛は妊娠超初期症状かも。慌てずに様子を見ましょう

妊娠超初期症状の腹痛は、時間とともに痛みもなくなります。「高温期が2週間以上続いている」「着床出血がある」などの妊娠初期症状が他にもあれば、妊娠の可能性が高いですが、焦らず、ゆったりとした気持ちで経過をみましょう。

腹痛を感じて1週間~10日ほどすれば、「生理開始予定日の1週間後」となり、妊娠検査薬を使うことができますよ。

免責事項

最新情報をお届けします

あわせて読みたい