妊婦の冷え対策は?お腹が冷たいと胎児に影響がある?

記事監修 産婦人科医 間瀬 徳光
間瀬 徳光 2005年に山梨医科大学(現 山梨大学)医学部を卒業。板橋中央総合病院を経て、現在は沖縄県立中部病院 総合周産期母子医療センターに勤務。産婦人科専門医、周産期専門医として、一般的な産婦人科診療から、救... 続きを読む

妊婦さんが抱える悩みの一つが「冷え」。妊娠期間が冬の場合はもちろんですが、夏でもエアコンで身体が冷えるという声はよく聞きます。妊娠中に体が冷えてしまうと、妊婦さん自身や胎児に悪影響を与えてしまうのではないかと心配になりますよね。そこで今回は、妊娠中の冷えの原因や対策、胎児に与える影響についてご紹介します。

冷えとは?

女性 手 痛い 寒い 冷え性 手の平

「冷えは万病のもと」という言葉があるように、東洋医学では冷えをそのままにしておくと様々な病気に発展すると考えられています。例えば血液循環が悪くなることによる肩こりや肌荒れ、むくみ、貧血などが代表的な症状です。

東洋医学では、人間が生きるためのエネルギーである「気」と、人体を構成する「水」「血」の3つの要素のバランスが崩れることで、体に不調が現れると考えます。「冷え」は、そのなかでも「気」が不足した状態です(※1)。

妊婦が冷えやすい原因は?

ルーペ 本

女性はもともと冷えやすい体質の人が多いのですが、妊娠するとホルモンバランスの変化などから、さらに冷えやすい体質に変わるとされています。妊婦さんが冷えやすい主な原因には、次のようなものが挙げられます。

ホルモンバランスや自律神経の乱れ

睡眠不足やつわりによる倦怠感、ホルモンバランスの変化によるイライラなどで、妊娠中はストレスが溜まりやすくなります。ストレスによって自律神経が乱れると、血管が縮みやすくなり、血の巡りが悪くなることで、冷えにつながります。

血行不良

妊娠中は大きなお腹を支えるために、お腹を突き出すような姿勢を取っています。この姿勢が骨盤に負担をかけ、全身に血液が巡るのを妨げてしまい、冷えにつながることがあります。

また、大きなお腹で思うように動けず、ずっと同じ姿勢でいることや、妊娠中の体型にあっていない下着で体を締め付けることも、血流を妨げる原因になります。

運動不足による筋肉量の低下

妊婦さんは運動不足になりがちです。運動不足になると全身の筋肉量が減ってしまうので、妊娠していないときと比べて筋肉運動による発熱や血流が機能しなくなってしまい、冷えやすい状態になります。

環境

体が冷えることそのものが、冷えの原因となります。特に夏場はクーラの効いた部屋で過ごすことが多くなるため、知らない間に体が冷えがちです。

妊娠中の冷えによる母体への影響は?

妊婦 お腹 張り 冷え

妊娠中の冷えは、母体や胎児に様々な影響をもたらすのではないかといわれています。例えば母体には、次のような影響が出る可能性があります。

● お腹が張りやすくなる
● 腰痛や便秘になりやすくなる
● 足がむくみやすくなる
● 足がつりやすくなる

これらの症状は妊娠中に起こりやすいもので、全ての原因が冷えであるわけではありませんが、症状が見られたら、冷えの対策を始めてもいいかもしれません。

妊婦の冷えは出産・産後に影響するの?

立ち会い出産 夫婦 陣痛 分娩

体が冷えると筋肉が硬くなり、血行が悪化します。

そのため、子宮がうまく収縮できず、本来お産が進むに連れて強くなるはずの陣痛が、強くならない可能性があります。陣痛が弱いと子宮口が順調に開かず、出産に時間が掛かってしまうなどの影響が出る可能性が示唆されています(※2)。

また、妊娠中の冷えを産後まで放っておくと、慢性的な冷え性になり、様々な不調を引き起こすこともあるかもしれません。できるだけ早めに解消しておきたいですね。

妊婦のお腹が冷たいと胎児にも影響がある?

赤ちゃん くるまる 回旋異常

お腹が冷えて冷たくなると、胎児に影響があるのではないかと心配になりますが、冷えが胎児に与える影響について、医学的な根拠ははっきりしていません。

ただし、冷えからくるお腹の張りなどで妊婦さんの体調が悪くなると、ストレスがたまり、お腹の赤ちゃんにも伝わってしまうかもしれません。直接的な影響はないものの、妊婦さんと赤ちゃん2人の生活が快適なものになるように、できるだけ冷えは改善しておくことをおすすめします。

妊婦の冷え対策は?

部屋 温まる ミルク

妊娠すると、今まで冷えに悩んでいなかった人でも、冷えを感じるようになることがあります。普段の生活のなかで冷え取りを心がけていけるといいですね。

服装を見直す

体を締め付ける下着や靴は血流を悪くするので、妊娠中は体をゆったりとさせる服装を心がけましょう。特に下着は、早めにマタニティ用に切り替えることをおすすめします。

また、素足で過ごすと体の末端が冷えてしまうため、靴下やタイツ、レギンスなどを着用しましょう。タイツやレギンスなどは、妊婦さん用のものが多く販売されていますよ。

夏場の冷房に注意する

冷房の効いた室内は、妊婦さんの体から徐々に熱を奪っていきます。冷房の温度には気をつけ、夏でも薄手の腹巻などで冷え対策を行いましょう。戌の日の安産祈願でも使う腹帯を着用するのもいいですね。

軽い運動をする

軽い運動は血行を促進するほか、ストレスの発散にもなります。安定期に入ったら、少しずつ実践するようにしましょう。

室内でできるマタニティヨガやストレッチなどは、時間を選ばずに行えるのでおすすめです。体調に余裕があれば、マタニティスイミングなどに取り組んでもいいでしょう。

体を温める食事を摂る

冷たい食べ物や飲み物を摂取すると、体の冷えにつながります。食材にはできるだけ火を通し、飲み物は常温かあたたかいものにしましょう。

また、根菜、生姜、発酵食品などは、体を温める効果があります。毎日の食事に、積極的に取り入れたいですね。

湯船につかる

冷えの解消には、体を芯から温めることが効果的です。シャワーで済ませている人は、できるだけ毎日お風呂につかるようにしましょう。

お湯の温度は熱くなりすぎないように気をつけて、ぬるめのお湯でゆっくりと温まりましょう。ただし、つかりすぎてのぼせないように注意してくださいね。

妊婦は普段の生活から冷え対策を

むくみ 足 冷え

妊娠中の冷えがすぐに何か大きな病気に発展する、ということはありませんが、妊婦さんや胎児にとって、あまり良い環境とはいえません。赤ちゃんがお腹で健やかに育つためにも、妊娠中の冷えは早めに解消したいですね。

普段の生活から冷え対策を意識して、服装や食生活を見直してみてください。生活習慣を正すことで、健康的なマタニティライフにもつながりますよ。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう