妊婦の冷え対策は?お腹が冷たいと胎児に影響がある?

妊婦さんが抱える悩みの一つが「冷え」。妊娠期間が冬の場合はもちろん、夏でもクーラーやエアコンで身体が冷える、という声はよく聞きます。この冷えは妊婦さんの身体だけでなく胎児にも悪影響を与えてしまうことをご存じですか?今回は妊娠中の冷えの原因と対策、胎児に与える影響についてご紹介します。

冷えとは?

女性 手 痛い 寒い 冷え性 手の平

「冷えは万病のもと」という言葉があるように、東洋医学では冷えをそのままにしておくと様々な病気に発展すると考えられています。例えば血液循環が悪くなることによるむくみ、肩こり、肌荒れ、貧血などはよく知られている症状です。

人間は、細胞が働きやすいように身体の中心を約37度に保つ性質があり、外の気温などが下がると中心の体温を維持するために手足や表皮の毛細血管を収縮して血流を低下させ、体内の熱が逃げないようにします。この状態が長く続くと冷えとなって症状が固定化されてしまいます。

妊婦が冷えやすい原因は?

ルーペ 本

もともと冷えやすい女性はもちろんのこと、妊婦さんはホルモンバランスの変化などから冷えを発症しやすい体質に変わります。妊婦さんが冷えやすい主な原因としては次のようなことが挙げられます。

自律神経の乱れ

睡眠不足やつわりによる倦怠感、イライラといったストレスにより、母体の自律神経が乱れ、血管が縮むことが冷えの原因となります。

血行不良

妊娠後期の妊婦さんは大きなお腹を支えるために、お腹を突き出すような姿勢を取っています。この姿勢が骨盤に負担をかけ、全身に血液が巡ることを妨げてしまい、冷えに繋がります。また、ずっと同じ姿勢でいることや、きつめの靴や下着で体を締め付けるのも血流を妨げる原因になります。

運動不足による筋肉量の低下

妊婦さんは運動不足になりがちで、全身の筋肉量が減ってしまうので、筋肉運動による発熱や血流が通常の人より良くなく、冷えやすい状態にあります。

女性ホルモンの乱れ

妊娠による女性ホルモンの分泌の乱れが血行を悪化させ、冷えを引き起こします。女性ホルモンはストレスの影響によって乱れるので、注意が必要です。

環境の要因

特に夏場はクーラーやエアコンの効いた部屋で過ごすことが多くなってきますが、体が冷えることそのものが冷え性の原因となります。

この他にも、消化機能が低下してエネルギーが作られない、体の水分が多すぎるなども冷えの原因になるといわれています。

妊娠中の冷えによる母体への影響は?

妊婦 お腹 張り 冷え

妊娠中の冷えには様々な影響があります。特に血流が滞ることで母体や胎児への影響が見られることも。例えば母体には次のような影響が出ることがあります。

● 妊娠初期のつわりがひどくなる
● お腹が張りやすくなる
● 腰痛や便秘になりやすくなる
● 足がむくむ、つりやすくなる

症状が見られたら暖かい格好をするなど、対策を始めましょう。

妊婦の冷えは出産・産後に影響するの?

立ち会い出産 夫婦 陣痛 分娩

身体の冷えは筋肉を硬くし、血行を悪化させ、痛みに対して敏感になるので、本来強くなければならないはずの陣痛が弱くなってしまうことも。陣痛が弱いと子宮口が順調に開かず、出産に時間が掛かってしまうなどの影響が出ることもあります。

また、産後のママにも冷えの影響はあり、特に母乳は体の中で作られるため、体が冷えていると母乳も冷え、質が悪くなってしまってなかなか赤ちゃんが飲んでくれない、ということもあるようです。

妊婦のお腹が冷たいと胎児にも影響あり?

赤ちゃん くるまる 回旋異常

冷えの症状の一つとして、お腹が冷たいと胎児に影響があるのではと心配になりますよね。特にひどい冷えが継続して、血液の流れが悪くなる、羊水が冷たくなるなどの状態になると、次のような影響が現れる恐れがあります。お腹が冷たい、という状態はできれば避けたいですね。

逆子になるリスク

体の冷えにより内側の子宮が冷えてしまうと、赤ちゃんは温かい場所を探してお腹の中を動き回るため、逆子になってしまう場合があります。

低体重児、早産、難産、常位胎盤早期剥離のリスク

血液の流れが悪いと、胎児が栄養を十分にとれず、早産や流産になる危険性があります。妊婦さんによっては常位胎盤早期剥離や、生まれてきた赤ちゃんが低出生体重児といったトラブルにもつながります。

妊娠中の冷えは胎動でわかるの?

妊婦 お腹 足 胎動

自分では冷えているか分からない時でも、お腹の胎児は胎動でママにサインを送ってくれています。お腹が温かく居心地の良いときには、胎動はゆったりとしていますが、お腹が冷えていると、胎児はお腹の中で激しく動き、頻繁にしゃっくりをすることがあります。もし、胎動に変化を感じることがあれば、冷えを疑ってみましょう。

妊婦の冷え対策は?

部屋 温まる ミルク

普段の生活の中でも妊婦さんの冷え対策としてできることはたくさんあります。日常から心がけていきたいですね。

服装を見直す

体を締めつける下着や靴は血流を悪くするので、妊娠中は体をゆったりとさせる服装を心がけましょう。また、素足で過ごすのは体の末端を冷やしてしまうため、ストッキングやタイツ、長ズボンを積極的に着用しましょう。

夏場のクーラーやエアコンに注意する

冷房の効いた室内は妊婦さんの体から徐々に熱を奪っていきます。夏場でも、お腹は腹巻などで冷え対策をし、靴下の重ね履きやカイロで冷えを防ぐのがおすすめです。

軽い運動をする

軽い運動は血行を促進し、ストレスの発散にもなるので、安定期に入ったら少しずつ実践するようにしましょう。室内でできるマタニティヨガなどは時間を選ばずに行えるのでおすすめです。

体を温める食事をする

キムチ、生姜、ミソなど体に熱を与える食べ物を食事に取り入れ、冷たい飲みものを飲む回数を極力少なくしましょう。スナック菓子、アイスクリーム、生野菜、刺身は体を冷やしやすいので注意が必要ですよ。

ぬるめのお湯で入浴する

冷えを解消するには体を芯から温めることが効果的です。お風呂に入るときは熱いお湯ではなく、ぬるめのお湯でゆっくり温まりましょう。ただし、お腹が大きくなってくると1つの動作も大変になってくるので、のぼせないように注意してくださいね。

妊婦は普段の生活から冷え対策を

むくみ 足 冷え

妊娠中の冷えがすぐに何か大きな病気に発展する、ということはありませんが、妊婦さんや胎児にとっていい環境とはいえません。妊娠中の普段の生活から冷え対策を意識して、服装や食生活を見直しましょう。赤ちゃんがお腹で健やかに育つためにも、妊娠中の冷えは早めに解消できるといいですね。

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう