妊婦のお風呂は危険が一杯!妊娠初期や妊娠後期に注意したい理由は?

一日の疲れを取ってくれる入浴タイムは、ほっとできる癒しのひと時ですが、妊婦さんがお風呂に入るのは何かと大変です。特に妊娠後期は大きなお腹で足元が見えなくなり、身体のバランスもうまくとれないので、転倒する危険性があります。今回は、妊婦さんがお風呂に入るときの注意点をご紹介します。

なぜ妊婦さんはお風呂に注意が必要?妊娠初期から?

お風呂

「妊娠後期は転びやすいから、足元に気をつけた方が良い」というのはわかりやすいですよね。でも、実は妊娠初期からお風呂には注意が必要です。その理由は、入浴は心臓など身体への負担も大きいので、気分が悪くなったり貧血を起こしたりしやすいから。

妊娠初期はお腹が大きくありませんが、妊娠期間中で最もホルモンバランスが変わる時期です。お腹の中では胎盤が形成され、胎児も急速に成長しています。つわりで気持ち悪くなりやすく、食事も十分に取っていないと、すぐに貧血症状や脱水症状を引き起こしてしまうのです。

入浴は運動と同じくらい体力を使うものだと意識して、妊娠初期でも、妊娠後期でも十分に注意をしてくださいね。

妊婦さんのお風呂の温度と量は?長風呂に注意

女性 お風呂 入浴

子宮を温めると血流が良くなりますが、妊娠中に温めすぎると、血流が良くなって子宮が収縮する恐れがあります。

浴槽にはるお湯の温度は38~40度のぬるめに設定し、心臓への負担を軽くするため、お湯の量も多くなり過ぎないようにしましょう。みぞおちより下の位置までお湯を張り、タオルを肩に掛けて行う半身浴もおすすめです。

また、のぼせやすいので、普通の入浴なら約10分、半身浴なら10~20分を目安にしてあがってくださいね。

つわりなどのマイナートラブルがあるとはいえ、まだ体型が変わっていない妊娠初期は油断してしまいがち…。妊娠後期もお腹が大きくなっているので、のぼせを感じやすい状態です。

特に妊娠中期以降に「切迫早産の恐れがあるから安静にしてください」と医師から言われている人は、子宮収縮の恐れがあるので上記の温度より低めにして、時間も短くしておくと安心です。

妊娠後期の妊婦さんが注意したいことは?

お風呂で石鹸

妊娠後期はお腹が大きくなって足元が見えづらいだけでなく、貧血を起こしやすいので、より注意深くお風呂に入りましょう。主に妊娠後期に注意したい3つのことをご紹介します。

石鹸やマットで足を滑らせやすい

お風呂に入るときとお風呂から出るときは要注意。実は、一番転倒事故が多いのです。お風呂の床に転がった石鹸やシャンプーの容器に足を取られて転んだり、敷かれたマットが動いてつるっと滑ってしまったり。

洗い場の床に石鹸やシャンプーの容器、洗い桶など、足を取られそうな物が落ちていないかを浴室に入る前にチェックする習慣をつけてくださいね。そして、妊娠中は、敷かれているマットを上げてしまいましょう。

家族が先にお風呂に入ったときは、石鹸やシャンプーのすすぎ水が残っていて、床が滑りやすくなっていることも。お風呂から上がる際には床をきれいに流してもらうと安心です。

浴槽に出入りするときにバランスを崩しやすい

妊婦さんは浴槽に入るだけで一苦労。お腹が大きくなると身体のバランスが悪くなり、足を上げた拍子によろけて浴槽に転落してしまうことも。浴槽に入るときは手すりや浴槽のへりを両手でしっかりとつかんで、片足ずつゆっくり入りましょう。

入ってからも気を抜かず、そのままゆっくり身体を沈め、お尻が浴槽の底にきちんと着いてから手を離すようにします。また、浴槽から出たり入ったりを繰り返すとリスクが高まってしまうので、妊娠中のお風呂は「身体や髪を洗う→お湯に浸かる→出る」の3ステップで終えるようにしましょう。

前にかがみになりすぎない

妊娠後期に入りたての頃はお腹のふくらみもまだ小さいので、つい前かがみの姿勢で髪や顔を洗ってしまうこともあります。前かがみの姿勢はお腹を圧迫して赤ちゃんに負担がかかってしまうので、身体を起こして洗うようにしましょう。

また、身体や頭を洗うときには、丈夫で安定した高めの椅子に座りましょう。どうしても洗うのが難しい方は、旦那さんに洗ってもらうのもいいですね。

妊婦さんはお風呂で入浴剤を使っても大丈夫?

お風呂 入浴剤

入浴剤の成分が皮膚や膣から吸収されて胎児に届いてしまわないか心配になるかもしれませんが、皮膚から吸収される量はほとんどありません。入浴剤入りのお風呂に入ることで胎児に悪影響を及ぼす心配はありません。もちろん、温泉に入ることもできますよ。

ただ、香りの強い入浴剤によってはつわりなど体調不良になる場合があるので、ご注意を。また、妊娠中は肌が敏感なので、入浴剤の成分が妊婦さんの肌を刺激してしまうこともあります。肌に合わないと思ったら、入浴剤の使用は控えてくださいね。

妊娠中はアロマでリラックスするのも、ストレスが解消できておすすめです。

妊婦さんもお風呂でリラックス

お風呂

妊娠初期はつわりで体調がすぐれなかったり、妊娠後期は転倒が恐かったり、妊娠中はお風呂を億劫に感じてしまうかもしれません。ただ、身体の変化をチェックできて、お腹の赤ちゃんとの貴重なコミュニケーションの機会でもあります。安全に気をつけながら、妊娠中もお風呂を楽しんでくださいね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう