妊婦さんにおすすめの飲み物は?妊娠中の水分補給はどうする?

監修専門家 管理栄養士 安蒜 ゆい
安蒜 ゆい 病院・保育園にて管理栄養士として献立作成・衛生管理や食育活動に携わり、現在は独立しフリーランス管理栄養士・彩り時短食プランナーとして活動しています。「季節や行事を通して食事・家族の時間の大切さを伝えて... 監修記事一覧へ

妊娠中は、妊娠初期・中期・後期を問わず、喉が渇きやすい状態です。しかし妊娠中は、カフェインや糖分を含むものはできるだけ控えるか、量を気にする必要があります。「どんな飲み物を飲めばいいの?」と困ってしまう妊婦さんは多いかもしれませんね。そこで今回は、妊婦さんにおすすめの飲み物と、妊娠中は避けたほうがいい飲み物をご紹介します。

妊娠中は、こまめに飲み物を摂取しよう

妊婦 レモン つわり 妊娠 水 

妊娠すると、赤ちゃんを守るようにお腹まわりの脂肪が増えたり、糖代謝、脂質代謝、たんぱく質代謝、水代謝などが変化したりと、体に様々な変化が起きます。その結果、妊婦さんは汗をかきやすくなり、すぐに喉が渇いてしまう人もいます。

また、妊娠初期はつわりなどで思うように水分を摂れないこともあり、嘔吐を繰り返すと脱水症状になってしまうことがあります。そのため、妊婦さんはこまめな水分補給が欠かせません。特に夏場は意識的に飲み物を飲むことが大切です。

つわりで吐き気がひどい妊婦さんは、氷を舐めるなどして、少しずつ水分補給するようにしてくださいね。

妊婦さんにおすすめの飲み物とは?

麦茶 飲み物 ノンカフェイン お茶

妊娠すると、アルコールやカフェインなど飲み物にも制限がかかりますよね。妊娠中は、どのような飲み物で水分補給するといいのでしょうか?ここでは、妊娠中におすすめの飲み物をご紹介します。

麦茶

麦茶は赤ちゃんも飲めるノンカフェインの飲み物で、妊娠中に摂取したい食物繊維やミネラルが豊富に含まれています。

ただし、麦茶には体を冷やす作用があるとされているので、体が冷えやすい妊婦さんは常温で飲むようにしたいですね。冬はホットで飲むのがおすすめですよ。

ルイボスティー

ダイエット茶・健康茶のイメージが強いルイボスティーは、あっさりとした味でクセがなく、妊婦さんにも飲みやすいハーブティーです。

ハーブティーの中でも、子宮収縮などの悪影響がないものなので、多くの妊婦さんたちから支持されています。鉄分やカルシウムなど栄養価が高いのも妊婦さんにとってはうれしいですね。

タンポポ茶、タンポポコーヒー

タンポポには血行促進や便通を促す作用があるとされています。また母乳の出がよくなることでも知られており、妊娠中だけでなく、産後もそのまま飲み続けるママが多いようです。

小豆茶

小豆は昔から健康食として知られており、薬膳にも欠かせない素材の一つです。小豆茶は、血行促進作用が期待できるポリフェノールやミネラル、ビタミン類が豊富なので、妊婦さんにおすすめです。

体が冷えた妊婦さんへのおすすめ飲み物は?

妊婦 妊娠後期 寒い 手袋 温まる

寒い冬の日や体が冷えてしまった妊婦さんには、先ほどおすすめした飲み物をホットで飲むこと以外に、「ゆず茶」がおすすめです。

普段は、ゆずを料理の香りづけ程度にしか使わない妊婦さんも多いかもしれませんが、実はビタミンやミネラルが豊富なフルーツです。ゆず茶であれば、たっぷり栄養を摂ることができ、体も温まって一石二鳥ですね。

ただし、ゆず茶には糖分も多く含まれるので、妊娠中に飲む場合は虫歯や体重増加には気をつけましょう。特にかかりつけ医から体重管理をするように言われている妊婦さんは、頻繁に飲むことを避けるか、糖分控えめのゆず茶を手作りするなど工夫してくださいね。

妊娠初期のつわりが辛いときにおすすめの飲み物は?

つわり 悪阻 気持ち悪い 気分 つらい

妊娠初期のつわりがつらい妊婦さんには、サッパリ飲める炭酸水や、さわやかなスポーツドリンクがおすすめです。ただし、糖分が含まれるものはほどほどにしましょう。

また、つわり軽減に効果的とされる「ビタミンB6」を摂るのも効果的です(※1)。たとえば、バナナジュースが妊婦さんにはおすすめですよ。

そのほか、つわりがある時期に試したい飲み物については、下の関連記事を参考にしてくださいね。

妊娠中に避けた方がいい飲み物は?

妊婦 コーヒー マグカップ

妊娠中は、避けた方がいい飲み物もあります。妊娠がわかったら、以下の飲み物の摂取を控えるようにしてくださいね。

お酒

妊婦さんがお酒などのアルコールを摂取すると、お腹の赤ちゃんが「胎児性アルコール症候群」を発症し、成長の遅れや神経系に異常が出てしまう危険性があるので控えましょう(※2)。

なお、アルコール0%をうたっているノンアルコール飲料は、ごく少量のアルコールを含んでいることがあるので、飲まないのが無難です。どうしても飲みたい場合は、購入前に表示を確認するとともに、かかりつけの産婦人科医に相談しましょう。

カフェイン・タンニン入りの飲み物

妊娠中のカフェイン摂取量と胎児死亡のリスクとの関連性を示す研究報告がいくつかあります(※3)。そのため、妊婦さんはコーヒーや紅茶、緑茶といったカフェイン飲料を飲みすぎないようにしましょう。

意外なものではコーラや栄養ドリンクにもカフェインが多く含まれています。1日に1杯程度であれば問題ないといわれていますが、飲み物によって含有量に差があるので注意してくださいね。

また、コーヒーや紅茶、ウーロン茶などには、鉄分の吸収を妨げる「タンニン」も多く含まれるので、特に貧血気味の妊婦さんは摂取量に気をつけましょう。

一部のハーブティー

リラックス効果があるノンカフェインのハーブティーの中にも、妊娠中に飲んでいいものとダメなものがあります。

特に、子宮収縮を促す作用があるハーブティーは注意が必要です。カモミールティーやハトムギ茶は、妊娠中は控えましょう。「安産ティー」と呼ばれるラズベリーリーフティーも、妊娠初期~中期は控えてくださいね。

ミネラルウォーター(硬水)

ミネラルウォーターなら問題ないと思われがちですが、海外から輸入される硬水は腎臓に負担がかかることがあります。

つわりの時期など、体が特にデリケートになっている時期は軟水を選んだ方が無難です。

妊娠中の飲み物は、自分の体に合ったものを

妊娠 妊婦 お茶 リラックス

妊娠初期のつわりのときは、味の好みが変わってしまい、普段の飲み物を受けつけない妊婦さんも多くいます。

つわり中にご飯を食べることができなくても、母体と胎児の健康のためにも水分補給だけは欠かさないようにしましょう。様々な飲み物を試してみて、飲めそうなものを見つけてください。

妊娠初期に限らず、妊娠中はゆったりとした気持ちで過ごすことが大切です。体に負担がかからない飲み物を摂りながら、健康的なマタニティライフを過ごしてくださいね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう