つわりに効く飲み物は?妊娠中は炭酸水やコーラが飲みやすい?

監修専門家 助産師 佐藤 裕子
佐藤 裕子 日本赤十字社助産師学校卒業後、大学病院総合周産期母子医療センターにて9年勤務。現在は神奈川県横浜市の助産院マタニティハウスSATOにて勤務しております。妊娠から出産、産後までトータルサポートのできる助... 監修記事一覧へ

妊婦さんにとって、最初の試練ともいうべきものが「つわり」です。毎日吐き気に悩まされ、食べ物を口にするのもつらく、なかには飲み物を飲むことも大変になる人もいます。しかし、つわり中とはいえ水分補給をしっかりしないと脱水症状を起こしてしまう危険があるため、適度な水分補給は欠かせません。そこで今回は、脱水症状を予防するために、つわり中でも飲める飲み物についてご紹介します。

そもそも、つわりってどういうもの?

つわり 妊娠 検査薬 吐き気

つわりは妊娠初期に現れる生理現象で、胃のムカムカや吐き気など、消化器系の不快症状が現れます。人によっては眠気がひどくなったり、よだれが止まらなくなったりといった吐き気以外の症状が強く現れることもあります。

つわりの原因はまだはっきりとわかっていませんが、妊娠初期の急激なホルモンバランスの変化が関係しているのではないかと考えられています(※1)。そのため、妊娠初期の5〜6週目頃に始まって、胎盤が完成する妊娠12〜16週頃までには落ち着いてくるのが一般的です。

つわりで飲み物を飲むのも辛くなるのはなぜ?

女性 牛乳 豆乳 飲み物

つわりの症状でよく見られるのが「吐きつわり」です。食べ物を食べていようがいまいが吐き気が現れ、実際に吐いてしまうこともあります。

嗜好が変化し、においにも敏感になる人も多いので、食べ物の味や臭いに反応して気持ち悪くなってしまうことも。飲み物の味や臭いでも気持ち悪くなり、飲み物すら飲めない人も出てしまうのです。

どの味やにおいが苦手になるかは人によって異なるので、自分にあった飲み物を探してみましょう。それでは、どんな飲み物がつわり中に良いのでしょうか?

以下では、具体的につわりに効く飲み物をご紹介していきます。

つわりに効く飲み物1. 炭酸水やコーラ

水 水中 気泡

多くの妊婦さんが、つわり中でも飲めたものとして挙げるのが炭酸飲料です。吐き気がある、胃がムカムカするときに飲むと口の中がさっぱりして、つわりの気持ち悪さがやわらぐようです。炭酸でゲップをしたら胃が軽くなったという妊婦さんもいます。

ただし、コーラやジンジャーエールなどの炭酸のジュースには糖分が多く含まれているので、できれば無糖の炭酸水を飲むことをおすすめします。

炭酸水だけでは味気ないという人は、レモンなどの果汁を入れるとサッパリとして、さらに飲みやすくなりますよ。

つわりに効く飲み物2. スポーツドリンク

ペットボトル 水 水分補給

ポカリスエットやアクエリアスなどのスポーツドリンクは、つわり中の妊婦さんも頼りにしている飲み物です。さわやかな味が吐き気を緩和してくれると感じる妊婦さんも。ミネラルが多く含まれているので、スポーツドリンクをこまめに飲むことで、脱水症状を防ぐこともできます。

ただし、スポーツドリンクも炭酸ジュースと同様に糖分を多く含んでいるので、飲み過ぎには注意してください。少し甘すぎるようなら水で割って飲みましょう。

つわりに効く飲み物3. 生姜湯

生姜 しょうが つわり 吐き気

生姜には、つわりの吐き気を軽減する働きがあるほか、胃腸のはたらきを整えて胃のムカムカを解消する作用があるといわれています(※2)。

お湯に、すりおろすかスライスした生姜を入れ、そこに蜂蜜などを加えれば生姜湯の完成です。体が温まってリラックス効果も期待できますね。

つわりに効く飲み物4. ハーブティーなどのノンカフェインのお茶

お茶 飲み物 カップ ハーブティー リラックス カフェ

温かいお茶が飲みやすかったという妊婦さんもたくさんいます。お茶にはカフェインが含まれているものもあるので、ノンカフェインのハーブティーや麦茶などを飲むようにしましょう。

ハーブティーの一つ、ルイボスティーには腸内環境を整える作用があり、さっぱりした味なのでつわり中にもおすすめです(※3)。

つわりに効く飲み物5. 果汁ジュースや果実酢

食材 飲食 果物 たくさん 食材 フルーツ

グレープフルーツやオレンジなどの柑橘系の果汁ジュースは酸味が強く、口の中をサッパリさせてくれます。果物ではないですが、トマトジュースもさっぱりして飲みやすかったという声もよく聞きます。また、酸味のきいた果実酢を炭酸水や水で割って飲むのもおすすめです。

ただし、果実ジュースは他のジュースと同じように糖分がたくさん含まれているので、飲み過ぎには十分に注意しましょう。

つわりに効く飲み物6. 乳酸菌飲料

牛乳

他の飲み物は気持ち悪くなったのに、カルピスやヤクルトなどの乳酸菌飲料なら飲めたという妊婦さんもいます。

いろいろ試しても自分にあった飲み物が見つからないときは、乳酸菌飲料を試してみてはいかがでしょうか。ただし、乳酸菌飲料も糖分が多いので、飲み過ぎには注意してくださいね。

つわり中でも飲み物を飲みやすくするコツは?

氷水

いろいろな味を試しても口にできるものが見つからないこともあります。そんなときは、氷を入れてキンキンに冷やす、あるいは冷凍庫で凍らせてみるという方法を試してみましょう。

水を飲むのは辛くても、冷えた飲み物を飲んだり、氷をなめたりするのは冷たさでごまかせるケースもあります。一番口にしやすかった飲み物を凍らせてみると、意外と気持ち悪くならずに口にできるかもしれませんよ。

つわり中の妊婦さんが気をつけたい飲み物は?

栄養ドリンク ドリンク 飲み物 注意 危険 飲料 清涼飲料水

あまりにつわりがひどいときは、糖分などを気にし過ぎず、飲めるものがあれば飲むようにしましょう。何も口にできず、脱水症状になってしまうほうが危険です。つわりで何も食べられないときでも、飲み物だけは確保したいところです。

ただし、栄養ドリンクなどカフェインが大量に含まれている飲み物、お酒などのアルコール飲料は控えてくださいね。カフェインやアルコールの大量摂取は、お腹の赤ちゃんの成長を阻害する原因になるといわれています(※4,5)。

つわりに効く飲み物でマタニティライフを乗り切ろう

女性 笑顔 公園 自然 コーヒー

つわりに効く飲み物をたくさんご紹介しましたが、どれが合うかは人によって異なります。周りの妊婦さんが飲めたものでも、自分は飲んだら気持ち悪くなったということはよくあります。

ジュースや乳酸菌飲料と炭酸水を掛けあわせてみたり、凍らせてみたりしながら、自分にぴったりの飲み物を見つけてくださいね。ただし、妊娠中は虫歯になりやすいので、糖分の多い飲み物を飲んだときは歯磨きなどのケアを心がけましょう。

どうしても口にできる飲み物がないようなときは早めに産婦人科を受診してくださいね。脱水症状になる前に点滴をしてもらうなど対処してもらえます。つわり中はお腹の赤ちゃんのためにも我慢はせずに、早めに専門家の力を借りるようにすることも大切ですよ。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう