妊婦はほうじ茶・抹茶・麦茶は飲んでも大丈夫?カフェイン含有量は?

監修専門家 助産師 佐藤 裕子
佐藤 裕子 日本赤十字社助産師学校卒業後、大学病院総合周産期母子医療センターにて9年勤務。現在は神奈川県横浜市の助産院マタニティハウスSATOにて勤務しております。妊娠から出産、産後までトータルサポートのできる助... 監修記事一覧へ

妊娠中はカフェインを控えなくてはいけないので、日々の飲み物に悩む妊婦さんも多いのではないでしょうか。ほうじ茶や抹茶は、コーヒーや紅茶に比べてカフェインが少ないイメージが強いかもしれませんが、お茶の種類や使用する茶葉の量によってカフェイン含有量が異なるため、注意が必要です。そこで今回は、ほうじ茶、抹茶、麦茶について、妊娠中に飲めるのか、カフェイン含有量、1日に飲んでもいい量、飲むときの注意点をご紹介します。

妊娠中にカフェインを控えるべきなのは、なぜ?

お腹 妊婦 クエスチョン はてな ?

「妊娠中、カフェインは控えるように」と聞くけれど、なぜ飲んではいけないかよくわからないという妊婦さんも多いですよね。

妊娠中にカフェインを摂取したからといって、すぐに何か異常が起こるわけではありませんが、妊婦さんが長期的に大量のカフェインを摂ると、胎児の発育に影響が出たり、自然流産率が増加したりするリスクが高くなるといわれています(※1,2)。

また、カフェインは血液の流れを悪くする作用もあるので、血液を送って胎盤を作る妊娠初期の大切な時期に、カフェインを多く摂らないに越したことはありません。

カフェインは、コーヒーをはじめ、日本茶や紅茶といった飲み物やチョコレートに含まれます。

妊娠中はほうじ茶を飲めるの?

ほうじ茶 お茶 茶葉

香ばしい香りで食事にもよくあう「ほうじ茶」。くせがないので、つわりや体調不良のときにも飲みやすい、と感じる妊婦さんも多いかもしれませんね。

ほうじ茶のカフェイン含有量は?

90℃のお湯650mlで茶葉15gを30秒ほど浸出させたほうじ茶には、約20mgのカフェインが含まれています(※3)。100mlあたりに換算すると、約3.1mgのカフェインが含まれているということになります。

妊婦は1日にほうじ茶をどれくらい飲める?

1日のカフェイン摂取量が100mgを超えると自然流産率が増加するというデータがあるため、妊娠中は1日あたりのカフェイン摂取量は多くても100mgまでに抑えましょう(※2)。

前述のような方法で浸出したほうじ茶100mlあたりには、約3.1mgのカフェインが含まれています。ただし、浸出するときのお湯の量が少なかったり、浸出時間が長かったりすると、カフェイン含有量は多くなります。

その点をふまえて考えると、妊婦さんが1日に飲んでもいいほうじ茶の量は、2〜3杯(約500ml)といえます。

妊婦は1日にほうじ茶・麦茶・抹茶を飲んでもいいの?

緑茶

そもそも抹茶とは、緑茶の一種である碾茶(甜茶)を挽いた粉末状のものです。お湯を加えて攪拌すると、茶道の場で飲むような飲料となります。また、お菓子作りなどにも用いられます。

抹茶のカフェイン含有量は?

抹茶の粉末には100gあたり、3,200mg(3.2g)のカフェインが含まれています(※3)。好みや作法によって違いはありますが、1杯の抹茶を立てる場合、70mlのお湯に対して約1.5gの抹茶を使用するため、カフェインは約48mg含まれているということになります。

妊婦は1日に抹茶をどれくらい飲める?

前述の通り、妊娠中のカフェイン摂取量は1日に100mg以下にすることが望ましいため、抹茶1〜2杯であれば飲んでも問題はないでしょう。

ただし、使用する抹茶の量が少しでも多いと、すぐに100mgをオーバーしてしまうため注意してください。また、抹茶は煎茶に比べて苦味が強く、妊娠中の体調によっては刺激が大きいので、あまり飲みすぎないようにしましょう。

妊娠中は麦茶をどれくらい飲んでもいいの?注意点は?

麦茶 飲み物 ノンカフェイン お茶

麦茶はカフェインを含まないので、妊娠中も量を気にせず飲むことができます。食物繊維やミネラルが含まれているので、栄養補給にもなりますよ。

ただし、ハトムギを原料とするは麦茶は控えるようにしましょう。ハトムギには子宮収縮作用があるといわれているからです(※4)。

また、麦茶を飲むときは冷えに注意してください。妊娠中は体温が高くなりやすいので、特に夏場は冷たく冷やした麦茶に氷をいれてカブガブ飲みたいと思うかもしれませんが、冷たい麦茶をたくさん体内に取り込むと、冷えの原因になります。

妊娠中に体が冷えると、お腹が張りやすくなったり、むくみやすくなったりするので、麦茶であっても、できるだけ常温かホットにして飲むようにしましょう。

妊娠中のほうじ茶・抹茶はカフェイン量に、麦茶は冷えに注意して飲もう

女性 飲み物 飲む ココア

妊娠中は、カフェインの摂取量や冷えに注意が必要なので、何を飲んだらいいか迷うこともあるかもしれません。

今回ご紹介したように、ほうじ茶や抹茶にはカフェインが含まれていますが、カフェイン含有量をしっかりと理解して1日の摂取量に注意すれば、妊娠中でも飲むことができます。

また、麦茶はカフェインゼロでミネラルが豊富なので、冷えにさえ気をつければ、妊娠中におすすめの飲み物です。

ノンカフェインのお茶やハーブティーも取り入れながら、妊娠中もお茶を楽しんでくださいね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう