着床出血とは?妊娠すると血が出るの?ないこともある?

妊娠を希望している人は、日々の体の変化が気になりますよね。妊娠検査薬で正確に判定できるのは、生理開始予定日の1週間後。それまでは「妊娠兆候が現れていないかな?」と考えてしまうものですが、その一つに「着床出血」があります。今回は着床出血とはどういうものか、いつ現れるのか、生理とは違うのか、着床出血がないのに妊娠していることはあるのかなど、気になる点を詳しくご説明します。

着床出血とは?妊娠兆候なの?

赤 水 水分

着床出血とは、受精卵が子宮内膜に着床したときに起こる微量の出血のことです。受精卵は子宮内膜へと深く潜りこむ際に子宮内膜の組織を傷つけることがあり、そのときに出血が起こります。出血と聞くと体に良くないことのように聞こえるかもしれませんが、着床に伴う過程なので、心配はいりません。

「受精卵が子宮内膜に着床する」のは「妊娠が成立する」ことを意味しているので、着床出血は妊娠兆候の一つと考えられています。

着床出血が起きる時期や期間は?

着床出欠 時期

着床出血が起こる時期は、生理予定日の1週間くらい前です。仮に生理周期を28日とすると、排卵日は生理予定日の2週間前で、受精から着床までには約1週間かかるので、ちょうど生理予定日の1週間前に着床が起きていると考えられます。着床が起きたタイミングで出血は起こりますが、それが排出されるまでに時間がかかることもあるので、生理予定日の前後数日で微量の出血がないかをチェックしましょう。また、着床出血が出る期間は個人差が大きく、1回だけの人もいれば、数日続く人もいます。

着床出血と生理の違いは?

違い 発見 答え アンサー

着床出血は生理と間違えやすいのですが、大きく2つの違いがあります。

まず、出血の時期です。着床出血は生理予定日よりも1週間早く起きます。もう一つは出血量と色。生理ほど出血の量は多くなく、生理の血よりも少し薄いのが特徴です。

ただし、着床出血か生理かの違いは個人差があり、生理不順の人は時期で見分けるのも難しいので、どちらかわらからない出血があったら生理予定日の1週間後に念のため妊娠検査薬を使ってみることをおすすめします。

着床出血がないのに妊娠している可能性はある?

道 はてな クエスチョン ?

「妊娠すると着床出血が必ず起きる」というわけではありません。着床出血がないのに妊娠していることもあります。また、着床出血があっても、微量すぎて気がつかないうちに排出されていることも。

着床出血がないからといって「妊娠してない」と落ち込む必要はありません。着床出血はあくまでも妊娠兆候の一つでしかなので、それ以外の兆候が表れていないかをよく確認してください。

着床出血があったら妊娠検査薬で判定できる?

妊娠検査薬

着床出血が現れると、「妊娠しているはず!」と思って早く妊娠検査薬を使いたくなります。しかし、着床出血が起きるのは生理予定日の1週間前頃なので、フライングに。

妊娠検査薬は、着床することで分泌される「hCG」というホルモンを検知して妊娠判定を行いますが、フライングで検査をすると分泌量が十分ではなく、正確に判定できません。たとえ妊娠していたとしても、妊娠検査薬では陰性反応が現れてしまうこともあります。妊娠検査薬は、着床出血から2週間経った、生理予定日の1週間後まで待って使用してくださいね。

どうしても早く妊娠判定をしたいという人は、「早期妊娠検査薬」を使う方法もあります。これは一般的な妊娠検査薬に比べて半分のhCG分泌量で妊娠判定ができ、生理予定日の約3日前から使えるので、1日でも早く知りたい人はぜひ試してみてください。

着床出血後の基礎体温の変化にも注目しよう

基礎体温 表 グラフ

妊娠を望んでいる人にとって、生理予定日前に着床出血があるかどうかはとても気になります。ただ、生理不順の人ほど着床出血と生理は見分けがつきにくいものです。

そのため、基礎体温を記録しておくことをおすすめします。基礎体温は、健康のバロメーターだけでなく、妊娠しているかどうかを教えてくれます。生理による出血であれば、基礎体温も低下して低温期に入ります。逆に高温期が続いていれば、着床出血の可能性が高いといえます。

着床出血は妊娠しているかを見分ける一つの基準ですが、基礎体温の変化もあわせるとより正確に判断することができますよ。

最新情報をお届けします

あわせて読みたい