赤ちゃんの首が赤い・臭い原因は?病気の可能性もある?

監修医師 小児科 武井 智昭
武井 智昭 日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担... 監修記事一覧へ

赤ちゃんのふくよかな首元はプニプニとしていて、可愛らしいですよね。しかし、お肉で覆われている首は、肌トラブルを起こしやすい部分でもあり、赤ちゃんの首の皮膚が赤くなったり、臭くなるということはよくあります。今回は赤ちゃんの首が赤い・臭い原因や垢がたまったときの対処法、病気の可能性などをご紹介します。

赤ちゃんの首は肌トラブルが起きやすい?

赤ちゃん 泣く 便秘

赤ちゃんは毛穴が小さいうえに、肌のバリア機能が未熟なので、汗や皮脂の汚れで毛穴が詰まり、炎症を起こすことがよくあります。

特に、首はたくさんの脂肪で覆われているので、肌がこすれたり毛穴が詰まったりする傾向にあり、肌トラブルが起きやすくなっています。

赤ちゃんの首が赤い・臭いのは垢のせい?

赤ちゃん 首 ケア 

赤ちゃんの首が赤くなったり、臭くなったりする主な原因は、赤ちゃんの首の通気性が低下して細菌感染を起こし、かぶれたり、垢がたまることです。具体的には、以下のような汚れが赤ちゃんの首によく発生します。

飲みこぼしや食べこぼし

赤ちゃんはおっぱいやミルクを上手に飲めずに、よくこぼしてしまいます。こぼれたミルクやおっぱいをその都度拭いてあげていても、首のしわに入り込んでしまって、きちんと拭き取れていないことがあります。

離乳食が始まってからも同様です。首のしわに飲みこぼしや食べこぼしがあると、毛穴が詰まり皮膚がかぶれてしまったり、蒸れたりするので、肌の赤みやにおいが出てしまいます。

赤ちゃんは新陳代謝が活発で、大人に比べて大量の汗をかいています。顔や頭に汗をかいているのは気づきやすいものですが、脂肪や皮膚で覆われた首の汗は意外と見落とされがち。

拭き忘れた汗の成分が刺激となり肌荒れを起こしたり、汗に雑菌が繁殖して悪臭を発したりします。

洗い残し

入浴時にどんなに丁寧に洗っているつもりでも、赤ちゃんの首は洗い残しが発生しやすい箇所です。

特に太り気味の赤ちゃんだと、首のしわが深く、奥まで洗うことが困難です。また、ベビーバスを使ったり、抱いたりしながら洗うと、どうしても片手がふさがってしまうため、しわを伸ばして奥まで洗うということが難しくなります。

洗い残しがあると、肌荒れや悪臭が起こりやすくなります。

赤ちゃんの首が赤い・臭いときの対処法は?

赤ちゃん ママ お風呂 バスタイム

赤ちゃんの首の赤みや悪臭は、しわに入り込んだ汚れによって起きることが多いので、首を清潔にすることで、症状を改善することができます。首をきれいにする方法としては、以下のようなものがあります。

汚れたら丁寧に拭く

赤ちゃんの首の肌を守るには、清潔にしておくことが肝心です。飲みこぼしや食べこぼしは、清潔な濡れたガーゼなどで優しく拭き取ってあげましょう。

よだれはスタイで首元に流れないようにしながら、取り替える際に丁寧に拭いてあげます。

首のしわをしっかり洗う

首のしわは汗が溜まりやすいので、定期的に拭き取りましょう。また、入浴時には首のしわの奥まで石鹸でよく洗ってください。

浴室にバスマットを敷き、その上に赤ちゃんをのせて洗うと両手が使えるので、首のシワを伸ばしながら奥まで洗うことができます。赤ちゃんが寒くならないように、バスマットにのせる前に、温かいお湯をマットにかけておきましょう。

首を洗う際は、柔らかいガーゼや手にたっぷり石けんの泡をつけて、優しく洗います。石鹸のカスが残ると肌荒れの原因になるので、シャワーでしっかりとすすいでください。

こまめに保湿する

首を清潔に保つ一方で、肌の保湿も忘れないようにしてください。丁寧に洗っていると、皮脂が少なくなって肌が乾燥しやすくなります。

お風呂あがりや食事の後など、首が乾燥しないように定期的に赤ちゃん用保湿クリームやローションを塗ってあげましょう。

赤ちゃんの首が赤い・臭いのは病気の可能性もある?

疑問 クエスチョンマーク はてな

赤ちゃんの首を清潔に保ち、保湿をしているにもかかわらず、赤みやにおいが改善しない場合は、小児科もしくは皮膚科を受診しましょう。だいたいはかぶれ(刺激による皮膚炎)ですが、アトピー性皮膚炎などの病気の可能性もあるので、きちんとした診断と治療を受けることをおすすめします。

病院では、非ステロイドやステロイドの塗り薬など、症状に合わせた薬が処方されるのが一般的です。

赤く腫れて湿疹が見られる場合、乳児脂漏性湿疹が起きている可能性があります。生後3ヶ月くらいまでだと、皮脂の活発な分泌によって湿疹ができていることが考えられます。

その場合は、ベビーオイルを塗ってかさつきを浮き上らせたあとに、お風呂で赤ちゃん用石鹸で優しく洗って、皮脂を落とします(※1)。

それ以降の場合は、肌の乾燥が原因で湿疹が起きている可能性があります。肌を清潔に保つこと以外に、お風呂あがりに保湿クリームやローションを塗るなどして、保湿ケアも行います。

湿疹の症状がひどいときは、早めに医師に診てもらいましょう。

赤ちゃんの首が赤い・臭いとならないために

赤ちゃん ママ 笑顔

前述の通り、赤ちゃんの首が赤くなり臭くなるのは、主に溜まった汚れによって引き起こされます。毎日きちんとスキンケアをしてあげることが、赤ちゃんの首を肌荒れや悪臭から守ることにつながります。

もしケアを行っても、症状がよくならない、もしくは悪化するという場合は早めに病院を受診しましょう。衛生管理をしっかり行いながら、赤ちゃんの首を肌トラブルから守ってあげてくださいね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう