乳児湿疹は薬で治せる?市販薬でもいいの?顔に使える薬は?

監修医師 小児科 武井 智昭
武井 智昭 日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担... 監修記事一覧へ

赤ちゃんの肌はつるつる、すべすべというイメージがありますが、実際はとてもデリケートです。食べこぼしやよだれ、汗などの影響で顔や体に赤い湿疹が出ることは珍しくありません。湿疹がひどいときには薬を使って治療しますが、小さいうちから薬を使っても大丈夫なのかと心配になりますよね。そこで今回は、乳児湿疹の薬について、市販薬を使ってもいいのか、処方される薬の種類や使い方、副作用をご説明します。

乳児湿疹とは?顔や体に症状が出るの?

乳児湿疹 湿疹 かゆみ 赤ちゃん 新生児 耳

赤ちゃんは様々な原因で顔や体に赤い湿疹が出ます。新生児期から乳児期に発生する湿疹を総称して「乳児湿疹」と呼びます。

カサカサ乾燥しているタイプやベタベタ・ジュクジュクしているタイプなど、乳児湿疹の状態は赤ちゃんによって違います。

乳児湿疹の中でも、特に生後数ヶ月の赤ちゃんに多いのが「脂漏性湿疹」です。この頃の赤ちゃんは、ホルモンバランスや代謝が活発であるために皮脂の分泌が盛んで、毛穴が詰まりやすいうえ、脂分の分泌が多い髪の生えぎわやまゆ毛、頭皮に黄色い脂のような湿疹が現れます。

生後2~3ヶ月を過ぎると、皮脂の分泌が減少して乾燥し、耳たぶ、おでこ、頬にカサカサの湿疹ができます。首やわきにもできることもあります。

乳幼児期の赤ちゃんの肌トラブルは、アトピー性湿疹との違いがわかりにくいため、薬で治療しながら様子を見ていきます。

乳児湿疹には市販の薬を使ってもいい?

はてな クエスチョン ? 本 疑問

新生児や赤ちゃんに湿疹などの肌トラブルが起きたら、まずは小児科や皮膚科を受診しましょう。赤ちゃんがかゆそうにしてぐずっていると、すぐに何とかしてあげたくなりますが、自己判断で市販薬を使うのは控えてください。

特に乾燥しているときは、つい市販の保湿クリームを塗ってしまいがちですが、乳児湿疹は症状が様々で、原因もわからない段階では、そもそも保湿が必要かどうかもわかりません。

乳児湿疹の症状や原因ごとに治療薬も異なるため、市販薬を使うと、かえって悪化させてしまう可能性もあります。

小児科や皮膚科を受診するまでは市販薬は薬を使わず、「しっかりと泡立てた石けんで皮脂を落として清潔に保つ」「寝具や肌着などをこまめに取り替える」といった肌を守るためのケアを徹底してください。

乳児湿疹の薬の種類は?ステロイドの使い方は?

日焼け止め クリーム 赤ちゃん 新生児 顔 薬 塗り薬

小児科や皮膚科で塗り薬を処方してもらったら、用法・用量を守って赤ちゃんの肌に塗ってあげてください。

乳児湿疹は原因がわからないうちは、保湿とステロイド系の薬を併用しながら様子を見ることがほとんどです。

乳児湿疹の保湿薬の使い方

保湿したりかゆみを抑えたりする目的で処方される保湿薬には、「ヒルドイド軟膏」「プロペト軟膏」「スタデルム軟膏」「アズノール軟膏」などがあります。効果は比較的弱いもので、赤ちゃんの顔にも塗ることができます。

ただし、赤ちゃんの湿疹が乳児湿疹でなくアトピー性皮膚炎だった場合、こういった保湿薬は症状を悪化させる恐れがあるとされています。

乳児湿疹は、医師でも最初の診断だけで完璧に治療できるとは限らないため、処方された薬を使い続けても効果を感じられない場合や悪化した場合は、すぐに医師へ相談しましょう。

乳児湿疹のステロイド系の薬の使い方

ステロイド系の薬は強い作用があるので、乳児湿疹の症状が重い場合やアトピー性皮膚炎と診断された場合に処方されます。軽い乳児湿疹ではステロイドは使われません。

乳児湿疹の治療のためには、体には5段階のうちの3番目の強さにあたる「リンデロン」「リドメックス」や、顔には少し効果を抑えた4番目の強さの「ロコイド」などの軟膏が処方されることが多く、症状や経過を見ながら医師が選択します。

ステロイド系の薬は、使い続けるとステロイドを使うのが当たり前になってしまい、やめるとかえって湿疹がひどくなる可能性もあるので、症状がひどい部分にだけ塗る局所的な使い方をします。

乳児湿疹の薬やステロイドで副作用はある?

女性 ノート メモ 記録 本

ステロイドは人工的に作られた副腎皮質ホルモンを含む薬のため、新生児や赤ちゃんに塗ってもいいのか、気になるママやパパもいますよね。

ステロイドのような薬を使っても、基本的には、医師の指示した量や期間を守って使えば副作用の心配はありません。

ステロイドは肌荒れを治し、かゆみを和らげることに有効です。赤ちゃんが無意識のうちにかきむしって傷がついてしまうと肌荒れが悪化してしまうため、ステロイドが処方されたら適切に塗ってください。

ステロイドについて気になることがあるときは、医師に相談してみてくださいね。

乳児湿疹に保湿薬はどれくらい使ってもいい?

赤ちゃん 首 保湿 マッサージ 

前述の通り、かゆみを抑えるための薬以外に、保湿薬が処方されることもあります。特に、乾燥性の湿疹のときにはしっかりと保湿してあげることが大切です。

保湿薬の使用量は、乾燥している肌に潤いが見られるまで塗るのが目安です。かゆみ対策のステロイドなどが一緒に処方されているときには、基本的には保湿薬のあとにステロイドを塗ります。

乾燥による湿疹の症状が重いときには、医療用の保湿薬やワセリンで対処します。医療機関によっては、保湿剤とステロイドが混合された薬が処方されることもあります。

医師から、市販の保湿薬を塗ってもいいといわれたときは、ベビー用の低刺激なローションやマッサージオイルなどで、こまめに保湿をしてあげてください。

乳児湿疹は薬を正しく使ってケアしよう

塗り薬 赤ちゃん 

乳児湿疹のの薬は、赤ちゃんの肌の皮膚に直接塗るものだからこそ、効果だけでなく副作用にも注意したいものです。ただし、副作用を怖がって薬を控えるだけでは、赤ちゃんの肌のためにもよくありません。

薬が処方されたときには、1日何回どのように塗ればいいのかをきちんと医師に確認し、正しく使いましょう。ステロイド系の薬が出されたときは、処方した理由や塗り方などの使用方法の注意点を聞いておくと安心です。

乳児湿疹の薬を正しく使って、赤ちゃんの肌トラブルを早めに解消してあげられるといいですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう