赤ちゃんのスキンケア!方法やコツは?新生児にも必要?

記事監修 小児科 武井 智昭
武井 智昭 日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担... 続きを読む

キメが細かくて、うるおいも十分な赤ちゃんの肌。一見スキンケアなど必要ないように思いますが、実は大人よりも肌が弱く、刺激にも敏感でトラブルを起こしやすいという特徴があります。しかし、スキンケアをするといっても、どんなことをすれば良いのでしょうか。今回は、新生児や赤ちゃんのスキンケアについて、方法やコツ、始める目安などをご紹介します。

赤ちゃんにスキンケアが必要な理由は?

ママ 赤ちゃん 抱っこ キス

新生児や赤ちゃんの肌は、バリア機能が発達途中で、大人の肌よりも弱く敏感です。こすれや蒸れ、紫外線にも弱く、自分のよだれや母乳、ミルク、おしっこやうんちでも肌トラブルを起こすことがあります(※1)。

また、体温調節機能や発汗作用も発達途中で、汗をかきやすく、腕や足の関節、脇、首筋などに汗疹ができてしまうことも。

特に、新生児期から生後2ヶ月頃は、胎内にいた頃のママのホルモンが影響し、皮脂の分泌量が多いことで、乳児脂漏性湿疹を起こしやすい状態です。

髪の毛の生え際や頭皮に黄色い皮脂の塊ができたり、フケのようにカサカサとしたり、べたべたとしたうろこ状になることも珍しくありません(※1,2)。

赤ちゃんのスキンケアはいつから?新生児にも必要?

カレンダー 日付 期間

赤ちゃんのスキンケアは、沐浴がはじまったら毎日行いましょう。生後3ヶ月頃になると少しずつ皮脂の分泌は落ち着いてきますが、その後は乾燥しやすくなるので、日常的に肌のケアをしてあげてください。

大人と同じように、1日1回は石鹸を使ってしっかり洗いましょう。特におしりはおむつかぶれになりやすいので、風邪でお風呂に入れないときや下痢が続くときは、桶にお湯を溜めてお尻だけ洗ってあげる「座浴」もおすすめです。石鹸は泡をたてて洗うことが大事です。

また、夏場は汗をかきやすいので、日中はシャワーで汗を流してあげることも大切。洗いすぎて肌が乾燥してしまわないよう、石鹸は使い過ぎず、お風呂の後は保湿してあげましょう。

新生児・赤ちゃんのスキンケアの方法やコツは?

家 お風呂 石鹸 グッズ

赤ちゃんのスキンケアは、清潔に保つことと、保湿をすることが基本です。特に、以下の箇所は、汚れやすく肌トラブルを起こしやすいので、注意して洗ってあげてください(※1)。

・ 汚れがたまりやすい耳、耳の裏
・ 頭皮や髪の生え際
・ よだれやミルクがつく口元・頬
・ 汗や汚れがたまる首元、腕、関節のくびれ、脇
・ ホコリやゴミを溜めやすい手のひら
・ おしっこやうんちで蒸れるお尻周り

赤ちゃんの肌は汚れが溜まりやすく、雑菌が繁殖しやすい環境です。「デリケートな肌だから、さっと流すだけ」と考えず、しっかり洗って汚れを落としましょう。

洗うときに、ガーゼなどのやわらかい布を使うのもいいですが、ママの手でマッサージするように洗っても汚れは十分落ちます。赤ちゃん用のボディーソープや全身用シャンプーをよく泡立て、泡で洗うようにしましょう(※2)。

赤ちゃんは顔が濡れるのを嫌がりますが、湿疹などのトラブルを起さないために、避けられません。頭の角度を工夫する、シャンプーハットを使用するなど手際よく洗ってあげてくださいね。

新生児・赤ちゃんにおすすめのスキンケア用品は?

赤ちゃん 保湿 クリーム 新生児

赤ちゃんに使う保湿剤は、ベビー専用のもので、低刺激で天然成分のものがおすすめ。肌の状態や季節に合わせて、夏の汗をかきやすい時期には、肌なじみの良いローションにオイルを足し、その他の季節ではミルクやさらっとしたクリームタイプを選びましょう。

以下のおすすめ用品と保湿方法を参考に実践してみてください。

保湿方法やコツ

まず、ママの手が冷たくないかを確認し、手のひらに保湿剤をよくなじませて、赤ちゃんの肌にやさしく塗っていきます。表面につけるだけでなく、優しく塗りこんであげましょう。指の腹を使って、頭皮にも塗ってあげるのがポイントです。

保湿剤を使うのは1日2回、朝とお風呂の後が目安です。夏場で汗をたくさんかくときは、汗を拭きとったあとやシャワー後にも保湿してあげましょう。

おすすめのスキンケア用品

ローション・クリーム・オイル

スキンケア用品は、ローションを基本とし、保湿効果を高めたいときにクリームやオイルを併用しましょう。赤ちゃんのお肌の状態や季節で使い分けてくださいね。

クリームやオイルはべたつきやすいのですが、その分高い保湿力と保護効果があります。

ワセリン

おむつかぶれや下痢による肛門周りの荒れには、ワセリンがおすすめです。ワセリンは、汚れや刺激を受けやすい環境から皮膚を守ってくれます。先に保湿をしてから、肌を守るためにワセリンを塗ってあげましょう。

UVケア用品

紫外線によるダメージを防ぐため、UVケア用品を使うのもいいですね。日常生活でつけるなら、SPF15~20、PA++、外遊びの多いレジャーであれば、SPF20~40、PA++~+++が目安です(※3)。

新生児・赤ちゃんのスキンケアを習慣にしよう

赤ちゃん 背中 ママ ベッド 笑顔

赤ちゃんのスキンケアは、スキンシップをとるつもりでしてあげましょう。赤ちゃんとママの触れ合いはとても大切なもの。体の変化にも気づきやすくなるので、歌をうたったり、話しかけたりしながら保湿してあげてください。

赤ちゃんのスキンケアをするなかで、肌の状態が悪化することやアトピー性皮膚炎の疑いがあるときは、通常のスキンケア用品の使用は中断しましょう。症状が良くならないときは、小児科や皮膚科で診てもらってくださいね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう