新生児に保湿は必要?いつから?赤ちゃんの顔・頭皮の保湿方法は?

監修医師 小児科 武井 智昭
武井 智昭 日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担... 監修記事一覧へ

ぷるぷるの肌を「赤ちゃん肌」と表現するように、赤ちゃんの肌はきめ細かく柔らかいのが特徴です。大人のように保湿する必要はないと思われがちですが、実は赤ちゃんの肌はとても敏感で、肌トラブルが起きやすく、乾燥してカサカサすることも珍しくありません。今回は、新生児に保湿剤は必要なのか、いつから保湿するべきか、顔や頭に保湿する方法や、保湿剤を使うときの注意点をまとめました。

そもそも、新生児や赤ちゃんの肌の状態とは?

赤ちゃん びっくり

新生児や赤ちゃんの皮膚は、水分を多く含むためとても薄く、外部刺激から肌を守る角質層は大人の半分の厚さしかないことから、肌トラブルが起きやすい状態です。

新生児期は、まだ胎脂が残っていたり、皮脂量が多かったりすることや、これまでママから受け取っていたホルモンバランスが変わることで、「乳児脂漏性湿疹」という肌トラブルが起きやすくなります。

生後3ヶ月以降になると、反対に皮脂量は大人の半分に、角質の水分量も半分以下になり、水分が蒸発しやすく肌が乾燥することが多くなります(※1)。肌が乾燥したことでホコリや細菌から肌を守るバリア機能が低下し、「乳児乾性性湿疹」が起きやすい状態に。

さらに、赤ちゃんの体は小さいにも関わらず、大人と同じ数の汗腺が存在します。新陳代謝が活発で大量に汗をかき、汗をかくことで肌が荒れたり、おむつの中が蒸れたりすることもあるので、こまめに肌チェックをしてあげることが大切ですよ。

新生児に保湿は必要?赤ちゃんはいつから保湿すればいいの?

保湿 クリーム 薬

生後3ヶ月くらいになって皮脂量や水分量が落ちてきたら、赤ちゃんにも保湿剤を使ったケアが必要になってきます。秋冬は空気が乾燥していたり、春夏は汗によって肌の水分が奪われるだけでなく、冷房で乾燥していたりします。肌の保湿を毎日の習慣にして、トラブルを未然に防ぎましょう。

顔や頭皮も乾燥しやすいので、全身を保湿してあげてください。顔や頭皮は常に空気と触れている状態です。頭皮は頻繁に汗をかきやすく、頬は母乳やミルク、よだれ、鼻水を拭くことで肌に負担がかかりやすいので、ケアをしないと荒れてしまうのです。

新生児期は皮脂量が多いことから、保湿剤を使うと悪化してしまうこともあります。肌の状態が落ち着いてきたり、頭皮によくみられる皮脂の塊が取れ始めたりするまでは、保湿よりも清潔にすることを重視しましょう。おむつかぶれなどがあれば、部位ごとに対応してあげると良いですね。

赤ちゃんの顔や頭皮を保湿するポイントは?

赤ちゃん 保湿剤 顔 ケア

赤ちゃんに保湿剤を使用するときは、スキンシップも兼ねて肌に優しく塗ることが大切です。強くこすると逆効果なので、マッサージをしながら薄く伸ばしてあげましょう。お風呂あがりで肌が柔らかいときや、日中に刺激を受ける前の朝がおすすめです。

夏場の暑いときは、汗となじみやすく塗り心地が軽いローションやミルク、冬で乾燥が激しいときは重めのオイルやクリーム・ワセリンなど、気温や肌の乾燥に合わせて使い分けてあげると良いですね。

特に、顔や頭に保湿剤を塗るときは、以下のコツを参考に実践してみてください。

顔に塗るときのコツ

頬や額など、塗りたい場所に点在させ、手早くすべらせるように塗ってあげるのがコツです。つけた保湿剤を優しく円を描くように伸ばしていきましょう。

容器から塗る分だけの保湿剤を手の甲にとるのがポイント。手のひらにとるとママの手が保湿剤を吸収してしまうので注意してくださいね。

頭皮に塗るときのコツ

頭皮が乾燥してかゆみを感じると、赤ちゃんが搔きむしってしまうことも。髪の毛をかき分け、人差し指の腹を使って丁寧に塗っていきます。

頭皮に塗る場合は、髪の毛がべたつかないサラッとした使用感の保湿剤を選ぶのがおすすめ。耳たぶを前に倒して耳の後ろも塗ってあげてください。

赤ちゃんの顔や頭皮に保湿剤を使うときの注意点は?

グッズ ルーペ 調べる 発見

赤ちゃんに保湿剤を使うときは、保湿以外のことも大切です。肌トラブルのケアをする場合は、肌を清潔に保ちつつ、洗いすぎて必要な皮脂まで落としてしまわないよう注意しましょう。

また、赤ちゃんの肌は敏感なので、市販の保湿剤を使うときは、赤ちゃんの肌に合うかどうかを確認してくださいね。

赤ちゃんの肌の保湿ケアをするときは、以下の内容に注意しながら行いましょう。

赤ちゃんの肌を洗うときの注意点

夏場は大量に汗をかくので、こまめに汗を拭きとってあげ、1日1〜2回はシャワーを浴びましょう。日中に石けんを使いたいときは、軽く泡立てたものを使用し、ぬるま湯で汗を流す程度にしてくださいね。

必要な皮脂まで取られないよう、湯船の温度は38~39度くらいと熱くしすぎないのがポイントです。

市販の保湿剤を使用するときの注意点

市販の保湿剤を使うときは、太ももの内側や二の腕の内側に薄く塗って、パッチテストをしてみましょう。赤く色づくときは肌に合っていない可能性があります。

初めて使う保湿剤は、大量に塗らないようにしてください。

保湿剤を使って赤ちゃんの顔や頭皮をこまめにケアしよう

赤ちゃん ママ マッサージ

赤ちゃんの肌の保湿は、本来は肌トラブルを未然に防ぐために行うものです。肌質にあった保湿クリームでこまめにケアしてあげましょう。一度に大量に塗らず、朝夜を中心に何度か回数を分けて、薄く塗ってあげることが大切ですよ。

すでに肌トラブルが起きている場合は、むやみに保湿剤をつけず、まずは清潔に保ちながら自然に良くなるのを待つのも方法のひとつです。月齢が進むにつれて自然に良くなることが多いので、悪化しそうなときは自己判断せず、皮膚科を受診してくださいね。

室内では冷暖房を使って適温を保ち、冬場は加湿器を活用するなどして、汗をかきすぎない状態を維持し、乾燥対策をしてあげてくださいね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう