子宮が痛い!右や左で痛みがあるときは病気?

生理でもないのに子宮のあたりが痛くなると不安になりますよね。そこには思わぬ病気が隠れていることもあります。また、単純に下腹部が痛いのであれば「子宮が痛いのかな?」と想像もつくのですが、左側が痛い、右に痛みを感じる、などと左右に差があると不安に思う女性も多いようです。そこで今回は、子宮の痛みの原因を中心に、左右での痛みの違いについてもまとめました。

子宮が痛いとはどういう状態?ズキズキする?

女性 お腹 痛い 腹痛 

女性にとって大切な臓器のある下腹部、特に子宮あたりの痛みは気になりますよね。女性が感じる子宮の痛みには次のようなものがあります。

● 刺されるようなチクチクした痛み
● 押されるような痛み
● ズキズキする痛み
● 掴まれるようなキュンとした痛み
● 急激な痛み

生理前はプロスタグランジンというホルモンが分泌され、子宮の収縮を引き起こすため、子宮周辺が痛む人もいます。また、妊娠初期症状としても腹痛を感じることもあり、それらが原因の子宮の痛みであれば、自然と治まります。

ただし、生理や妊娠とは無関係に痛みを感じるときには、あまり我慢せずに婦人科を受診することをおすすめします。どのような原因が考えられるのでしょうか?

子宮の痛みの原因は?

? 疑問

子宮を中心に下腹部痛を起こす原因には様々な病気の可能性が考えられます。子宮筋腫や子宮内膜症が代表的なものですが、子宮以外にも卵巣に関係する痛みが原因になることも。

今回は女性に特有の痛みを以下にご紹介しますが、ほかにも、下腹部の右側が痛むときには盲腸や虫垂炎の可能性があることも覚えておきましょう。

原因1. 子宮筋腫

子宮 痛み 癒着

あまりなじみのない病名かもしれませんが、実は40代女性の4人に1人、ごく小さな腫瘍も入れたらほとんどの女性が子宮筋腫を持つといわれています。

子宮は筋肉でできていて、筋肉の細胞が異常に繁殖することによってできた腫瘍を子宮筋腫と呼びます。腫瘍自体は良性で害はないのですが、この腫瘍が大きくなると、他の臓器を圧迫し様々な症状が出てきます。

症状

腫瘍ができる箇所によって症状は異なりますが、月経量が増える、月経にレバーのような血が混ざる、便秘になる、頻尿になる、腰痛が酷くなる、貧血になるなどがあり、さらには妊娠しにくくなる、流産しやすくなることがあります。

治療法

手術療法と薬物療法があり、子宮全体を摘出する手術や超音波を使い筋腫を小さくする手術、血管を詰めて血流を止める手術があります。詳しくは関連記事をご覧ください。

原因2. 子宮内膜症

女性 風船 つかむ 破裂

子宮内膜症は、20~30代の女性を中心に増えており、40代で最も多い病気です。子宮の内側にある子宮内膜の細胞が体内を逆流し、本来あるべきでない場所に子宮内膜の組織を形成してしまうことによって起こる病気です。

月経期になると、子宮以外の場所に作られた子宮内膜も剥離・出血してしまうのですが、体外に排出することができず体内に溜まってしまい、その結果、溜まった血液は腫瘍になります。

子宮内膜症の原因はまだ明らかにされていませんが、月経血が排出されず逆流してしまうことが原因の一つではないかともいわれています。腫瘍ができる場所によって、痛む箇所は変わります。

症状

腫瘍ができる箇所によって症状は異なりますが、月経量が増える、月経以外の出血、生理痛がだんだんひどくなるなどが挙げられ、さらには妊娠しにくくなります。

治療法

手術療法と薬物療法があり、場合によっては併用することがあります。治療が遅れるとチョコレート嚢腫やがんの原因になりうるので、早期治療が大切です。詳しくは関連記事をご覧ください。

原因3. 子宮付属器炎

卵管と卵巣

子宮付属器というのは、卵巣と卵管のことを指し、そこに炎症が起こることを子宮付属器炎といいます。

付属器以外にも炎症が拡大すると、骨盤腹膜炎や凡腹膜炎と、名称が変わりますが、どちらも原因は子宮付属器炎と同じで、分娩・人工授精・性交などによる細菌の感染です。子宮内操作を行う医療行為、子宮避妊リング、チョコレート嚢腫も原因であると考えられています。

子宮の左や右が痛いときは、子宮付属器炎の可能性があります。

症状

子宮の左右の下腹部痛、熱が出る、気分が悪くなる、嘔吐などの症状が挙げられ、さらには妊娠しにくくなることがあります。

治療法

薬物治療をします。適切な治療をせずに放置すると、どんどん拡大していくので、注意が必要です。

原因4. 卵巣嚢腫

卵 殻 空っぽ 無し モノ

子宮内膜症に似ていて、卵巣に良性の腫瘍ができますが、その腫瘍が大きくなると危ない病気です。卵巣の中の卵子が、勝手に細胞分裂をはじめ、髪の毛、歯、骨、皮膚に変更して溜まっていってしまう病気です。

卵巣は「沈黙の臓器」と呼ばれ、症状が出にくいので、卵巣嚢腫は早期発見が難しい病気です。腫瘍が大きくなり、卵巣がねじれてしまうことによって血行が悪くなり卵巣が壊死してしまうこともあります。腫瘍に体内の栄養を吸い取られ、いくら食べても痩せてしまうことも。

症状

腫瘍ができる箇所によって症状は異なりますが、腰痛、左右の子宮の痛み、ショック症状に陥る、嘔吐などがあります。

治療法

手術療法になります。摘出範囲によって手術方法や費用も変わります。詳しくは関連記事をご覧ください。

子宮の左右で痛みが違うことも?原因は?

子宮 摘出

下腹部で感じる子宮の痛みも、身体の中心から右の方、左の方と偏った場所で痛みを感じることもあります。

特に卵巣は左右に一つずつあり、どちらか一方で痛みの原因となる卵巣腫瘍や卵巣嚢腫茎捻転などの症状が発症しており、片方だけ痛みを感じる、ということもあるようです。

いつもと違って子宮が痛いと感じたら、婦人科の先生に相談を

聴診器 診察

通常感じるような生理痛や腹痛とは違う痛みを子宮のある下腹部で感じたら、我慢せずに婦人科を受診しましょう。我慢して病気の発見が遅れると不妊の原因になるなど、悪化してしまうこともあります。もしかしてという心配があればすぐに婦人科の先生に相談してくださいね。

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう