妊娠超初期の腰痛は生理前とどう違う?妊娠初期に痛いときの対策は?

生理前はホルモンバランスが崩れて、イライラしたり眠かったりと不快な症状に悩まされますが、腰痛もつらい症状の一つです。一方で、腰痛は妊娠超初期症状として現れることもあり、生理前の症状と区別がつかないこともあるかもしれません。今回は、妊娠超初期~初期の腰痛について、原因や症状、生理前の腰痛との見分け方、対策をご説明します。

妊娠超初期~妊娠初期に腰痛が起きやすい原因

骨盤 恥骨結合 恥骨痛

腰痛は、妊娠超初期~初期の女性によく見られるマイナートラブルの一つです。この時期に腰痛が起きやすい原因として、次の2つが考えられます。

リラキシンの作用

妊娠中は、排卵後にできる黄体や胎盤から「リラキシン」というホルモンが分泌されます。リラキシンは妊娠初期と妊娠後期に特に多く分泌され、関節をゆるめることで妊娠継続や出産をしやすくする働きがあります(※1,2)。

リラキシンの作用により、骨盤の下の方にある恥骨結合や仙骨関節、骨盤まわりの靭帯もゆるんで開きやすくなるため、腰への負担が増えて妊娠超初期~妊娠初期に腰痛を引き起こすことがあります。

リラキシンの分泌は排卵後から始まるため、結果的に妊娠しなかったとしても、排卵後~生理前の時期に腰痛が起きる原因にもなります。

 運動不足による血行不良

妊娠初期は、つわりによる吐き気や嘔吐などの症状が現れる人も多く、妊娠前と同じように体を動かせないため運動不足になりがちです。

運動不足で血行が悪くなるうえに、つわりによる倦怠感(だるさ)が加わると、腰痛や腰周りの重さが気になる妊婦さんもいるかもしれません。

妊娠超初期症状の腰痛の時期と痛みは?

女性 腰痛

妊活中の人であれば、「腰痛の感じ方や感じる時期で妊娠しているかどうかがわかるのかな?」と気になりますよね。

結論からいうと、痛み方には個人差があり、痛むタイミングも似ているので、症状と時期だけで生理前の腰痛か、妊娠超初期症状の腰痛かは見分けがつきません。

排卵直後から生理中まで腰痛を感じる人もいますし、生理予定日頃に少しだけ感じる人もいます。また、痛みにも個人差があり、骨盤あたりに激しい痛みを感じる人もいれば、背中から腰全体にじんわりと長く続く痛みを感じる人もいます。

妊娠初期症状の腰痛かどうか判断するには?

口コミ 吹き出し 電球 アイディア ひらめき

腰痛だけでは、妊娠しているかどうかはわからないので、次の3つの項目とあわせて考えてみると良いでしょう。

● 胸の張りや倦怠感、熱っぽさ、軽い吐き気、頭痛、腹痛などがある
● 基礎体温の高温期が2週間以上続いている
● 生理開始予定日の1週間前〜数日前に不正出血があった(着床出血)

これらに当てはまる場合、妊娠している可能性があります。生理予定日を1週間過ぎても生理が来なければ、妊娠検査薬を試してみましょう。

妊娠初期の腰痛はいつまで続く?

クエスチョン 女性 疑問 どちらか どっちか 選ぶ 選択

腰痛が妊娠によるものだった場合、いつまで腰痛が続くのでしょうか?

リラキシンは、妊娠10週頃にピークになったあと、妊娠24週頃に向けてゆるやかに分泌が減っていきます(※1)。そのため、いわゆる安定期に入る頃には、腰痛が軽減されるのが一般的です。

しかし、妊娠週数が進んで子宮が大きくなると、お腹を支えるために姿勢が反り気味になるため、腰に負荷がかかって再び腰痛になってしまう人もいます。妊娠後期に入ると、お腹の大きさに加えてリラキシンの分泌が再び増えていくため、さらに腰痛になりやすくなります。

妊娠中はできるだけ継続して腰痛対策を心がけておきたいですね。

妊娠初期の腰痛対策は?

ストレッチ

妊娠初期の腰痛対策として、比較的簡単にできるものを4つご紹介します。

軽い運動をする

血行が改善されると、腰痛がやわらぐことがあります。無理のない範囲で、家でできる簡単なストレッチやヨガ、近所のウォーキングなどで体を動かしてみましょう。

関連記事にストレッチの方法をご紹介しているので、自分に合ったものが見つかるといいですね。

お風呂や足湯につかる

全身の血行を良くするなら、湯船にゆっくり浸かるのもおすすめです。ただし、長風呂でのぼせてしまわないように気をつけてくださいね。

特に下半身の冷えが気になるときは、洗面器などにぬるま湯をためて足湯をするのも良いですよ。

骨盤ベルトを着ける

骨盤ベルトは、妊娠中にゆがみがちな骨盤を支えてくれるので、腰痛対策だけでなく頻尿予防や産後太りの解消にも効果的です。

たくさんある骨盤ベルトの中で、多くの妊婦さんに愛用されているのが「トコちゃんベルト」です。トコちゃんベルト2は、妊娠初期から使用することができます。

姿勢に注意する

妊娠初期は疲れやすいので、背もたれによりかかったり、猫背になったりしがちです。姿勢が悪くなると骨盤のゆがみや腰痛につながるため、気づいたときに背筋を伸ばしてみましょう。

また、妊娠中は寝る姿勢も注意が必要です。「シムスの体位」は妊娠中期以降の腰痛対策にも効果的なので、関連記事を参考にして試してみてください。

妊娠初期に腰痛がひどいときは市販の湿布薬を使ってもいい?

腰痛 湿布

ストレッチなどを試しても腰痛が良くならないと、湿布薬を貼りたくなる人もいるかもしれません。しかし、妊娠中は、自己判断で市販の湿布薬を使う前に医師に相談しましょう。

湿布の種類にもよりますが、強力な消炎作用があるものだと、皮膚から成分が吸収されて、お腹の赤ちゃんに栄養を運ぶ血管を収縮させてしまう恐れもあるからです。

「妊娠中は禁忌」「妊娠中は医師に相談」などの注意書きがない商品もありますが、念のため医師に確認すると安心です。

妊娠中、腰痛に限らず体調不良に悩まされることもあるかもしれませんが、どんなときも「薬を使う前に医師に相談する」「受診したら妊娠していることを伝える」ということを徹底してくださいね。

妊娠初期の腰痛はリラックスして和らげよう

女性 お風呂 泡 リラックス

妊娠がわかって数週間がたつとつわりもピークになり、気分がすぐれない日が続きます。そのうえ腰痛まで現れると辛い気持ちになりますが、温かいお風呂にゆっくりと浸かって心身ともにリラックスしましょう。妊娠期間中はずっと腰痛になりやすいので、早いうちから腰痛対策を心がけてくださいね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう