妊娠超初期の腰痛は生理前とどう違う?妊娠初期に痛いときの対策は?

生理前はホルモンバランスが崩れて、イライラしたり眠かったりと不快な症状に悩まされますが、腰痛も辛い症状の一つです。しかし、腰痛は妊娠超初期症状として現れることもあります。また、妊娠初期は腰痛が現れやすいので、注意が必要です。今回は、妊娠初期の腰痛について、原因と症状、生理前の腰痛との見分け方、対策をご紹介します。

妊娠超初期~妊娠初期にかけて腰痛が起きやすい原因

女の子 ルーペ 本 調べる

妊娠初期の腰痛の原因

妊娠初期の腰痛の原因は主に2つあります。1つは卵巣から分泌されるホルモン「リラキシン」です。リラキシンには関節を緩める働きがあり、それによって腰への負担が増えて、腰痛を引き起こします。

リラキシンは妊娠初期と妊娠後期に多く分泌されるホルモンで、骨盤の関節を緩めることで妊娠継続や出産をしやすくしようと身体が準備を始めるのです。妊娠超初期症状として腰痛が起こるのも、このホルモンが影響しています。

もう1つは、妊娠初期は運動不足になりがちで、つわりで食事のバランスも悪くなって血行不良になり、それが原因で腰痛を引き起こすこともあります。

生理前の腰痛の原因

リラキシンは生理前にも分泌量が増えるので、生理前の腰痛の原因でもあります。また、プロスタグランジンというホルモンの過剰分泌が原因になることも。

妊娠超初期症状の腰痛はどんな痛み?

女性 腰痛

生理前の腰痛

排卵直後から生理開始2日目くらいまで続くことが多く、背中から腰、太ももにかけて、重く怠いような鈍い痛みを感じるのが特徴です。子宮の裏側あたりにかけて、ずしんと重たく感じる腰痛です。

妊娠超初期症状の腰痛

生理予定日の頃から発症します。痛みには個人差があり、骨盤あたりに激しい痛みを感じる人もいれば、腰全体にじんわりと長く続く痛みを感じる人もいます。

妊娠初期症状と生理前の腰痛は、どうやって見分ければいいの?

腰痛 見分ける

結論としては、痛み方には個人差があり、痛むタイミングも似ているので、症状と時期だけで生理前の腰痛か、妊娠超初期症状の腰痛かは見分けがつきません。いつも生理前に腰痛になる人は、痛む場所や症状に違いを感じる場合や、普段は腰痛がないのに突然生理予定日頃に腰痛があった場合は妊娠超初期症状かもしれませんが、はっきりしないものです。

そこで、他の症状と併せて考えるのがポイントです。妊娠超初期には腰痛だけでなく、胸の張りや、倦怠感、熱っぽさ、軽い吐き気、頭痛、腹痛などの症状が現れます。

特に「高温期が2週間以上続く」ときは、妊娠している可能性が高いといえますが、やはり一番正確なのは妊娠検査薬です。一般的な妊娠検査薬は「生理予定日の1週間後以降」に正しく判定できますよ。


妊娠初期の腰痛はいつまで続く?

クエスチョン 女性 疑問 どちらか どっちか 選ぶ 選択

胎盤が完成する妊娠12~15週頃にはホルモンも安定して、徐々に腰痛も解消されてきます。ただし、その時期になるとお腹が大きくなってきて重心が変わってしまい、それが原因で再び腰痛になってしまう人もいます。特に妊娠後期はお腹がもっと大きくなって、腰痛になりやすくなります。安定期に入って体調が落ち着いても、油断せずに腰痛対策を心がけてください。

妊娠初期の腰痛対策は?

ストレッチ

ストレッチ

血行を改善することで腰痛を和らげましょう。血行を良くするために運動は最適ですが、妊娠初期は不安定な時期なのでランニングやスイミングなどの運動はおすすめできません。家で軽いストレッチ程度にとどめておきましょう。関連記事にストレッチの方法をご紹介しているので、自分に合ったものが見つかるといいですね。

骨盤ベルト

骨盤ベルトは骨盤が開くのをおさえてくれるので、腰痛対策だけでなく、頻尿予防や産後太りの解消にも効果的です。たくさんある骨盤ベルトの中で、産婦人科でも進められるほど支持されているのが「トコちゃんベルト」です。妊娠中から使えるトコちゃんベルト2は、妊娠初期から使用することができますよ。

姿勢に注意する

妊娠初期は疲れやすいので、背もたれによりかかったり、猫背になったり、特に座っているときは姿勢が崩れがちです。背筋を伸ばした姿勢を取ると、腰への負担が軽くなり、腰痛予防に効果的です。ただし、腰を反りすぎると、かえって負担になることも。肩を並行にして、軽く胸を張るくらいがベストです。

また、妊娠中は寝る姿勢も注意が必要です。「シムスの体位」は腰痛対策にも良いので、ぜひ関連記事を参考にしてください。

妊娠初期に腰痛がひどいときは市販の湿布薬を使ってもいい?

市販の湿布薬は使う前に、医師に相談しましょう。「妊娠中は禁忌」「妊娠中は医師に相談」などの注意書きがついていない商品もありますが、自己判断は禁物です。妊娠初期は腰痛だけでなく吐き気など体調がすぐれない日が続くので、湿布薬に限らず市販の薬を使う前に病院を受診すると安心です。その際は必ず妊娠していることを医師に伝えてくださいね。

妊娠初期はお風呂でリラックスして腰痛を和らげよう

女性 お風呂 泡 リラックス

妊娠超初期の頃から数週間がたつとつわりもピークになり、気持ち悪い日が続きます。腰痛まで現れると辛い気持ちになりますが、温かいお風呂にゆっくりと浸かって心身ともにリラックスしましょう。妊娠超初期症状だと考えると「もしかして妊娠しているかも」と嬉しくなるかもしれませんが、妊娠を通して腰痛になりやすいので、今のうちから腰痛対策を心がけてくださいね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう