里帰り出産はストレスがたまる?実家でイライラする理由は?

臨月が近づくと、里帰り出産のために実家に帰る妊婦さんが多くなります。親のサポートを受けながら、産前・産後の生活を送れるのは心強いことですが、思いがけないストレスがたまってしまうケースもあります。せっかく里帰りをするのだから、気持ちよく過ごして、穏やかな気持ちで赤ちゃんを迎えてあげたいですよね。そこで今回は、里帰り出産でストレスが溜まる原因や解消法をご紹介します。

そもそも里帰り出産とは?

ママ 祖母 赤ちゃん 育児

里帰り出産とは、出産のために実家に帰り、実家の近くの産院や病院で出産することをいいます。

出産予定日の数週間前から産後1ヶ月ほどの間を実家で過ごすことで、産褥期にしっかり休むことができたり、親に育児を手伝ってもらえたりするメリットがあります。

里帰り出産をするのであれば、親の協力はもちろんのこと、帰省先の病院の予約や荷物の準備なども必要なので、早めにスケジュールを立てて行動することが大切です。

里帰り出産はなぜストレスがたまるの?

女性 イライラ ストレス

里帰り出産をすると、親や兄弟、親戚にサポートしてもらえるので、安心して出産・育児に臨むことができます。しかし、里帰り出産はメリットばかりではありません。

進学や就職、結婚によって実家を出てから数年経っていると、久しぶりに親と長い時間、密に過ごすことで、予想以上のストレスがたまることも。いくら仲良しの母娘であっても、出産というイベントを迎えると、お互い緊張感が高まり、ささいなことで衝突してしまうケースもあるようです。

リラックスして過ごせると思っていた実家で、なぜストレスが溜まってしまうのでしょうか。下記に、里帰り中のストレスの例を挙げてみました。

考え方の違いによるストレス

妊娠中の生活や産後の育児に対する親のちょっとした意見に、イライラしてしまう人は多いようです。特に母親は、自分の出産経験をもとに、娘の妊娠生活や育児についてアドバイスをしてくるので、考え方や方針の違いにストレスを感じることも。

過干渉によるストレス

ついつい娘や孫のことが心配になってしまい、四六時中、近くにいようとする親もいます。家事や育児を手伝ってもらえるのはありがたいことですが、ときには1人で、または赤ちゃんと2人きりで過ごす時間もほしいですよね。

生活ペースの違いによるストレス

里帰りをして、親との生活ペースの違いに驚いたという人も多いようです。活動時間が違うと、足音やドアの開け閉めといったことさえ気になり、ストレスにつながることもあります。

親になるうえでのストレス

実家の親に甘えたいと思う反面、自分自身が母親になる自覚を持たなくては、という思いから、親がしてくれることを素直に受け入れられず、ストレスを感じることもあります。

旦那さんがいないことによるストレス

里帰り出産をすると、旦那さんと会うのは週末だけということになりがちです。すると、慣れない育児に追われる中で、「私が大変な思いをしていることを夫は理解していない」といった気持ちになってしまうママもいます。

里帰り出産でイライラしやすいのはホルモンバランスのせい?

はてな 疑問 クエスチョンマーク

里帰り中のストレスは、前述のとおり、親や旦那さんとの関係が原因となることが多いのですが、根本的な原因として考えられるのは、ホルモンバランスの変化です。

妊娠中から出産後にかけては、ホルモンバランスが大きく変化するので、情緒不安定になりやすい時期です。そのためちょっとしたことで傷ついたり、イライラしたりしてしまうのです。

里帰り出産中にイライラしやすいのは、ある程度仕方のないこととも言えますね。

里帰り出産中のストレス解消法は?

母 娘 話し合い 笑顔

里帰り中にストレスを感じたら、できるだけ早く解決するようにしましょう。ママがストレスをためると、赤ちゃんにも気持ちが伝わってしまうかもしれませんよね。

以下の方法を参考に、自分なりにストレスを解消してみましょう。

自分の気持ちを親に伝える

親の言葉に対してイライラしたときは、一度気持ちを落ち着かせて、自分の気持ちを伝えることが大切です。親にとっては全く悪気なく言葉にしていたということもあるので、まずは話をしてみましょう。

育児方針・ペースを伝える

育児方法で意見がぶつかったときは、ママの育児方針をしっかり伝えましょう。最近の育児事情を親に教えて理解してもらうことも、解決につながります。

母親はすでに子供を育てた経験があることから、手際よく赤ちゃんのお世話をできるかもしれませんが、ママの育児のペースを尊重してもらいましょう。

旦那さんに相談する

ストレスや不安を感じたら、まず旦那さんに相談するようにしましょう。離れているからこそ密に連絡をとって、悩みを打ち明けたり赤ちゃんの様子を伝えたりすることで、夫婦間の信頼関係が生まれます。旦那さんに対してイライラすることもなくなるはずですよ。

リラックスできる環境を作る

実家で親と過ごす時間が長くなると、どうしてもストレスを感じやすくなります。出産前は、地元の友達と会ったり、週末に旦那さんに来てもらったりして、外に出てリフレッシュしましょう。

産後しばらくは外出できませんが、育児の合間に、旦那さんや友達とメールや電話をして、親以外の人と接する機会を作るようにしましょう。

音楽を聴いたり、産後にできるストレッチをしたりして、リラックスタイムを作るのもおすすめです。

感謝の気持ちを忘れない

妊娠中だから、出産後だからといって、ついつい親に甘えてしまい、育児や家事を手伝ってくれることが当たり前と思ってしまうことがあるかもしれません。しかし、里帰りさせてもらえたことに感謝する気持ちを持つと、自然と親に対してストレスを感じることがなくなるかもしれません。

里帰り出産のストレスをうまく乗り切ろう

保険 家族 家

里帰り出産をしてもしなくても、妊娠中や出産後はストレスを感じやすいものです。ただ、里帰りをすることで起こりうるストレスを事前に理解し、どう対処をすればいいのかを把握しておくことで、里帰り出産によるイライラを軽減できるかもしれませんね。

里帰り出産をきっかけに親との関係がこじれてしまうのは、もったいないことです。ストレスを感じたら早めに解決し、里帰りさせてくれたことに感謝しながら、実家で過ごす時間を楽しめるといいですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう