里帰り出産の期間は?出産後に実家にいる間、旦那はどうする?

産後に里帰りをしていると、ママが産後の一番大変な時期を実家にサポートしてもらえます。しかし、赤ちゃんのお世話などで慌ただしく過ごしていると、いつの間にか日が過ぎてしまい、旦那さんが寂しい思いをすることも。そこで今回は、里帰り出産の後などに実家に滞在する期間はどれくらいがいいのか、旦那さんはどんなことを寂しいと感じているのか、里帰り期間中のケアなどについてご紹介します。

産後の里帰り、実家に帰る期間は?

スケジュール カレンダー 予定

産後、ママの体力が消耗しているときに実家にいると、両親など家族のサポートを受けられてとても助かりますよね。でも、どれくらいの期間、実家に滞在していいものなのでしょうか。

ここでは、里帰り出産をしてそのまま実家に滞在する場合と、生活拠点の近くで出産した後に実家に帰る場合、それぞれの期間の目安をご紹介します。

里帰り出産の場合の滞在期間

里帰り出産では、産後の赤ちゃんとママの1ヶ月健診まで実家に滞在し、その後パパが待つ家に戻ることが多いようです。産前の臨月から数えると、おおよそ2~3ヶ月の滞在が一般的ですが、なかには4~5ヶ月の期間、滞在する人もいます。

里帰りをする実家までの距離も滞在期間に影響していて、近いほど短く、遠いほど少し長く滞在することが多いようです。

産後1ヶ月はママの体は不安定な状態なので、赤ちゃんのお世話や体調が落ち着いた頃を見計らって帰る準備をしましょう。

特に遠方の場合は、新生児を抱えて自宅に帰らなければならないため、外出の練習をする期間を設けたり、感染症が流行っている時期を避けたりして、遅くなるケースも考慮しておきましょう。

産後に里帰りする場合の滞在期間

実家と今暮らしている家が近い場合、里帰り出産はせず、旦那さんと一緒に暮らす家の近くの病院で出産した後に、実家に帰る人もいます。ママと赤ちゃんの体のことを考えると、1ヶ月健診が無事に終わるまでは実家にいて、その後旦那さんと暮らす家に戻るのが一般的です。

一番大変な時期を助けてもらうための里帰りなので、あまり長くいすぎると旦那さんが父親としての実感がわきにくく、実家の家族も疲れがたまってきてしまいます。居心地が良くても、せめて2ヶ月ほどの滞在がいいでしょう。

里帰り出産中、旦那は寂しいの?

男性 悩む 考える

里帰り出産中、旦那さんは1人になります。仕事から帰るといつも感じていた人の気配がなくなり、静かな家の中で寂しさを感じるパパも多いようです。

子供が生まれてすぐだとなおさらで、せっかく我が子が産まれたのに、会いたいときに会えないことも寂しさに拍車をかけます。パパとしての実感が湧きにくく気持ちの面でママとの温度差を感じることもあり、家族内の連帯感が薄れることもあるようです。

小学生など上の子が大きい場合は、一緒に留守番をすることで親子の絆ができることもあります。しかし、食事や洗濯、掃除といった家事全般をしなければならず、パパも疲れてしまううえに、上の子もママと離れている期間が長いほど寂しい気持ちが増えてきますよね。

寂しさを理由にパパが浮気をするなんてことも珍しいことではありません。里帰り出産中は、会えるスケジュールを事前に共有したり、普段からこまめに連絡を取り合ったりするようにしましょう。

里帰り出産中の旦那へのケアとは?

女性 携帯電話 赤ちゃん

里帰り出産中は、家事などを軽減できる工夫をするなど、旦那さんのケアをしましょう。産後は、とにかく生まれた赤ちゃんの様子を逐一報告することが大切です。以下に、旦那さんへのケアやコミュニケーションの例を時期別にご紹介します。ぜひ参考にしてください。

産前の旦那さんのケア例

● 保存食を十分に買っておく・作っておく
● 消耗品(日用品)は補充しておく
● ゴミ出しの日を分かりやすく書いて貼っておく
● 最低限の掃除場所だけ伝えておく
● 振り込み以外で支払いが必要なものは事前に書き出しておく
● 食費を日にわけて渡しておく(1日1,000円前後、月に3万円が相場)
● 胎動を感じてもらっておく
● 子供が産まれた後の理想の生活を話し合っておく

産後の旦那さんとのコミュニケーション例

● できるだけ早く子供と会えるよう事前に予定を立てる
● その日感じたことを、育児日記の感覚でメールする
● 子供の写真や動画を頻繁に送る
● 1日のなかで電話をする時間帯を決めておく
● パパが休みの日はできるだけ会うようにする

里帰り中は実家でも旦那の話をしよう

里帰り おばあちゃん

里帰りをすると、どうしても旦那さんよりも実家の家族のほうが赤ちゃんと近いように感じてしまいがちですが、里帰り中は実家でもパパの話をして、旦那さんをたてるようにしましょう。

ただでさえ「パパ」という実感が湧きにくいなかで、久しぶりに会いにいったら蚊帳の外、と感じるパパも少なくありません。赤ちゃんはママとパパの大切な子供です。パパがその輪の中に入りやすい空気作りをすることも大切ですよね。

また、里帰りをするときに、事前に実家にお礼や生活費としてお金を渡すことがあります。このときに、パパから実家へ渡すよう促してあげると良いでしょう。家族の代表として、妻と子供がお世話になっているという実感が持てると、パパに安心感や自信を与えられますよ。

里帰り期間中は夫婦でこまめにコミュニケーションをとろう

家族 並ぶ 笑顔 仲良し 赤ちゃん6か月

里帰り出産の場合でも、産後に実家に帰る場合でも、とにかく旦那さんとこまめにコミュニケーションをとることが大切です。そして、ママの体調を第一に考えながら、それほど実家に長くいすぎないことをおすすめします。

パパはなかなか赤ちゃんのお世話の壮絶さが想像できませんし、初めての出産の場合はママでも慣れないことばかりです。ママと子供が戻った途端に、夜中にゆっくり寝られない状況、家事がままならない状況についていけず、お互いがストレスを感じてしまうことも。

里帰り中は、そういった育児についてもパパと共有することが大切ですよ。遠くにいても、一緒に子育てをスタートした気持ちで接しましょう。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう