産後、義母が手伝いにくる…ストレスを溜めない付き合い方のコツは?

赤ちゃんが生まれると、家族みんなが幸せな気持ちになりますよね。特に、孫ができたおじいちゃんやおばあちゃんの喜びはひとしお。「赤ちゃんに会いたい」「産後のサポートをしたい」という思いから、出産後に義母が来る頻度が増えた…という家庭も多いのではないでしょうか。今回は、産後の義母との関係について、ストレスやトラブルの原因と解消法、上手な距離感を保つためのコツをご紹介します。

産後は義母との関係が変わるの?

女性 スマホ メール

妊娠前は、義母とはそれほど付き合いがなかったけれど、妊娠や出産をしてから連絡を取ったり直接会ったりする機会が増えたという人は多いのではないでしょうか。

義母にとって孫が生まれるというのは、一大イベント。同じ女性として、出産や育児についていろいろとアドバイスしたくなるものです。

ママは、お産や子育てのことを義母に相談できることで心強いと感じることもあれば、気をつかうのが面倒くさいと感じることも。

各家庭によって義母との関係は様々ですが、赤ちゃんが生まれることをきっかけに、付き合い方が変わるというのは、よくあることです。

産後、義母は手伝いにくるものなの?

赤ちゃん 義母 祖母 日本人

産後1ヶ月ほどは、赤ちゃんのお世話や家事は家族にまかせて、ママはなるべく休養するようにいわれています。医学的にも、妊娠や分娩によって変化したママの体が妊娠前の状態に回復するまでには6~8週間かかるといわれ、この期間は「産褥期」と呼ばれます(※1)。

昔の日本では、女性は結婚すると旦那さん側の家族と同居するのが一般的だったため、産後の家事や赤ちゃんのお世話は、義母が行っていました。その名残もあってか、現在でも、義母の立場にある人は、息子の家に行って赤ちゃんのお世話や家事をしたいと思うことがあるようです。

また、ママの立場からすると、実母に頼れない、もともと義母と仲が良かったといった理由で、産後、義母に手伝いに来てもらいたいと考える人もいます。

実際には、里帰り出産をしたり、実母に手伝いに来てもらったりして、義母には頼らない人のほうが多いようです。実母にも義母にも頼らず、夫婦二人で協力して育児や家事を行う家庭も増えています。

産後、義母に感じるストレスとは?

育児ストレス 日本人 ママ 頭痛

産後、義母との関係が密になることで思わぬトラブルが起きて、ストレスに感じてしまうことも。特に、義母に手伝いに来てもらったときは、一緒に過ごす時間が長くなるため、ストレスを感じるきっかけが増えるようです。ここでは、義母との間でよく起きるトラブルやママが感じるストレスをご紹介します。

育児方法や考え方が違う

産院で教えてもらった沐浴のやり方と義母の方法が違う、昔の育児法や価値観を押し付けるなど、育児に対する考え方や方法の違いからトラブルが起こることがあるようです。

干渉される

出産後すぐは細かい家事まで手がまわりません。義母が手伝いに来たときに家の細かいところまでチェックされたり、あれこれ干渉されたりすると、イライラしてしまうというママもいます。

何気ない一言に傷つく

出産後はホルモンバランスの影響で、ママの気持ちは不安定な状態です。義母の何気ない一言で傷ついてしまったり、ネガティブになってしまったりすることがあるようです。

言いたいことを言えない

実母ではないので、言いたいことやお願いしたいことがあっても遠慮して言えず、ストレスが溜まってしまうことがあります。

リラックスできない

出産後は体がつらいうえに赤ちゃんのお世話が始まるので、赤ちゃんが寝ているときくらいは休養したりダラダラしたりしたいもの。しかし、義母の前だと気をつかってしまって、リラックスできないというストレスを抱える人も多いようです。

些細な生活習慣が気になる

食生活や活動時間、テレビの視聴時間や歩く音など、生活習慣は人によって異なります。義母の些細なことが気になって、ストレスを抱えてしまう場合があります。

産後、義母にストレスを抱える原因は?

嫁姑 日本人 義母

義母は実母ではないので、お互いの性格や生活習慣への理解が薄いもの。「やって欲しい」と思うことを察知してもらう、自分の思考に合った行動をしてもらう、といったことを期待しすぎてはいけません。

また、出産後は、ホルモンバランスが大きく崩れているため、ママは精神的に不安定な状態です。ただでさえ育児ストレスを感じやすく、些細なことにも敏感に反応してしまうので、普段なら気にならないことでも必要以上に気になってしまいます。

このような状況が重なって、義母のちょっとした発言や態度に対して、ストレスを感じやすくなってしまうのです。

産後、義母とうまく付き合うコツは?

赤ちゃん 守る 手 親子

それでは、義母とはどうすればうまく付き合えるのでしょうか。

感謝する

まずは、「やってもらって当たり前」ではなく、「やってくれてありがとう」という感謝の気持ちを持つことが大切です。手伝いに来てくれたことや、サポートしようと思ってくれる気持ちに対して感謝しましょう。

最近の育児について理解してもらう

育児の主導権は、義母ではなくパパやママにあります。最近の育児情報や自分たちの考えを義母にきちんと伝えて、理解してもらうことも大切です。直接言いにくいときは、旦那さんに協力してもらいましょう。

義母のアドバイスに耳を傾ける

義母は育児の先輩です。義母からアドバイスをもらったときには、頭ごなしに否定せず、まずは「ありがとうございます」と受けとめましょう。

自分たちの育児方針を貫くことも大事ですが、固執し過ぎるのはあまり良くありません。義母のアドバイスにも耳を傾けて、必要なときには取り入れるような柔軟性を持てるといいですね。

聞き上手になる

女性はおしゃべりするのが好きなので、義母が話をしているときには、相づちをうちながら聞き役に徹しましょう。話を聞くことで義母への理解が深まり、義母も誰かに話すことですっきりして良い関係が築けるかもしれません。

適度な距離感を保つ

義母が来てくれたときに、育児や家事をすべて任せてしまおうとすると、義母に負担になってしまったり、やり方の違いからママがストレスを感じてしまったりすることも。

手伝ってもらいたい内容を事前に決めておく、手伝いに来てもらう頻度を調整するなど、義母と適度な距離感を保てるよう、上手にバランスを取りましょう。

産後は義母との関係を見直そう

ハート 助け 救助 支援

パパやママだけではなく、おじいちゃんやおばあちゃんからも愛情をたくさん受けることは、赤ちゃんの成長に良い影響を与えます。

産後、急に義母と関わる機会が増えると、ついつい不満を感じることもあるかもしれませんが、産後のママにとって、相談に乗ってもらったりサポートしてもらったりする相手がいるのはありがたいこと。お互い負担にならない範囲で、上手に付き合っていけるといいですね。

手伝ってくれたときには感謝の気持ちをしっかりと伝えて、良い関係が築けるようにしていきましょう。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう