妊娠報告を職場にするときのポイントは?会社に報告するのはいつ?

妊娠が分かると、まず旦那さんや両親・義両親に報告をしますが、働いているママは職場にいつ報告をしたらいいのか悩むこともありますよね。妊娠初期につわりや体調不良で仕事を休まなくてはいけなくなると、早めに報告して業務を調整してもらう必要があります。今回は、妊娠報告を職場・会社にするタイミングや上司への報告の仕方、報告するときの注意点をご紹介します。

妊娠報告を職場・会社にするのはいつ?

いつから カレンダー 手帳

一般的に、職場や会社への妊娠報告は、早くて産婦人科で妊娠が認められてから、遅くても安定期を目途に行う人が多いようです。まずは職場全体ではなく、直属の上司に報告するようにしましょう。

職場や会社への妊娠報告について、いつ頃にしなくてはいけないという決まりはありません。「つわりがひどくて出社時間を調整してほしいから早めに伝えたい」「流産の確率が下がる安定期に入るまでは知らせたくない」など、妊婦さんの状況によって報告を考える時期はそれぞれです。

ただし、妊娠報告があまりにも早すぎると万が一のことが起きたときに、なによりも妊婦さん本人がつらい思いをします。

一方で、報告が遅いと、体調がつらいときでも妊娠していることを隠しながら今まで通り仕事をしなくてはいけません。また、つわりや体調不良で欠勤や遅刻・早退が多くなったときに、上司や同僚は理由がわからないので、悪い印象を受けたり心配したりします。

自分自身の体調とお腹の赤ちゃんのことを優先したうえで、職場への影響も考えながら妊娠報告をするタイミングを決めるようにしましょう。

職場・会社に妊娠報告をするときの順番や伝え方は?

仕事 相談 女性 笑顔

職場や会社に妊娠報告をするときは、まず直属の上司に伝え、その後、人事や総務の担当者、チーム・部署のメンバー、親しい同僚の順で伝えましょう。また、取引先や営業先など外部の人にも報告が必要になることもあります。

どの範囲まで直接伝えるかは、会社の規模や職種・業務によって異なるため、上司に相談しておくと安心ですね。

上司への妊娠報告

直属の上司には、産婦人科で妊娠が認められた直後、または少し経ってから報告をするのが一般的です。

妊娠初期はまだ不安定な時期なので、上司に報告をするのは気が引けるかもしれません。しかし、妊娠初期は、つわりや体調不良で仕事を休んだり遅刻・早退したりすることもあるので、できる限り早めに報告をしておきましょう。

報告をするときに大切なのが、しっかりと自分の意思を伝えることです。今後、仕事を続けて産休・育休の後に復帰するつもりなのか、退職をするのか、また検討中であればそのことを伝えましょう。

つわりや眠気など体調の変化が激しい場合は、体調面の変化も伝えておくといいですね。できること・できないことをしっかり伝えると、上司も今後の業務スケジュールや後任者の検討など、サポート体制を整えやすくなりますよ。

人事や総務への妊娠報告

会社の人事や総務には、直属の上司に報告した後、または同じくらいの時期に伝えましょう。仕事を続けるにしても辞めるにしても手続きが必要になるので、余裕を持って報告をしましょう。

出産後も仕事を続けるときは、産休や育休に必要な書類を管理・申請をしてくれます。今後どのような手続きが必要なのか説明を受け、制度を確認しておきましょう。

同じチーム・部署のメンバーへの妊娠報告

一緒に仕事しているチームのメンバーには安定期を待って報告をするケースも多いですが、つわりや体調不良で業務に差し支える場合は、直接関わる人にだけでも早めに報告することをおすすめします。

個人の判断で早めに報告する人・しない人を決めてしまうと、上司の考えていたサポート体制とズレが生じることもあるためえ、上司と相談し報告のタイミングを決めるのがいいですね。

親しい同僚への妊娠報告

同じチームや部署でない同僚に妊娠報告をする場合は、仕事に直接関わる人に伝えた後にしましょう。親しい相手だと、どうしても早く伝えたくなりますが、順番は守るようにしましょう。

取引先・営業先への妊娠報告

取引先や営業先への妊娠報告は、特に問題をきたすことがなければ、急ぐ必要はありません。しかし、つわりや体調不良で欠勤が多くなり、やりとりができなくなると相手も心配するので、上司にと相談して早めに伝えるようにしましょう。

体調が落ち着いたら、後任の担当者とともに挨拶に出向くのがいいですね。

職場・会社に妊娠報告するときに気をつけることは?

注意

職場や会社に妊娠を報告するときは、誠実な態度で冷静に対応することが大切です。妊娠して嬉しい気持ちもありますが、あくまで業務に関する周囲への配慮や責任が第一優先になります。以下に、妊娠報告の際に気をつけたいことをご紹介するので参考にしてみてくださいね。

産休・育休を当たり前と思わない

働く女性にとって、産休・育休は大切な権利です。しかし、産休・育休の取得は当然だという態度が前面に出てしまうと、周りの人も良い気がしません。

産休・育休中はそれまでの自分の仕事を誰かにお願いすることになるので、あくまでも謙虚で誠実な態度で報告をしましょう。

報告する相手への配慮を忘れない

妊娠報告をしたときに、相手が必ずしも妊娠を快く思ってくれるとは限りません。職場には様々な人が働いているので、子供が欲しくてもなかなかできず、人の妊娠を喜べなかったり、仕事のしわ寄せがくることに対して嫌悪感を覚えたりする人がいることもあります。

報告する相手ひとりひとりに配慮した伝え方を意識できるといいですね。

職場・会社に妊娠報告するときはメールでもいいの?

グッズ インターネット パソコン IT

直属の上司や同じチーム・部署の人には、基本的には口頭で妊娠報告するのがマナーです。自分の言葉で丁寧に伝えるようにしましょう。

ただし、上司の判断によって、同じチーム・部署の人たちには、上司が報告したり、朝礼や会議で伝える時間を設けてくれたりすることもあります。また、つわりや体調不良で出社できない日が続いたときは、メールや電話で伝えなくてはならない状況になることもあります。

都度、上司と相談しながら、そのときそのときにベストな方法で報告ができるといいですね。

その後、産休に入るときは、メールでひとこと挨拶のメッセージを送るようにしましょう。

職場・会社への妊娠報告は丁寧に行おう

仕事 会議 相談

職場や会社へ妊娠報告をするときは相手の状況を配慮することが大切です。

妊娠・出産によって仕事を休むと迷惑がかかると思って、妊娠報告が億劫になってしまう人もいるかもしれません。しかし、業務の調整や手続きを行ってもらうためにも、遅くとも安定期に入る頃に報告を済ませておくようにしたいものです。

出産経験のある同僚や先輩がいれば、事前に妊娠報告について話を聞いてみてもいいですね。丁寧に報告をすれば、周りも快く受け取り今後の準備もできるので、初めが肝心だと思ってしっかりと妊娠報告を行うようにしましょう。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう