おやつで食べる楽しみを!離乳食後期におすすめの手作りおやつレシピ

離乳食後期の赤ちゃんには、基本的に「おやつ」を食べる必要はありませんが、食べる楽しさを体験するのに「おやつ」タイムを作るのはいかがでしょうか?

食事の時間よりも気軽に、例えば手づかみ食べをさせてあげたり、やさしい甘みを加えたりと、楽しみながら食べることが食への意欲にもつながります。

そこで今回は、ゼリーやヨーグルトをはじめ、手づかみで食べられる、離乳食後期におすすめの手作りおやつレシピを紹介します。

離乳食後期の「おやつ」の食べさせ方

オリジナル 赤ちゃん 座る 遊ぶ

「おやつ」と聞くと、大人や子供が嗜好品として食べるような、いわゆる「お菓子」をイメージするかもしれませんが、離乳食後期頃の赤ちゃんに与える「おやつ」はこうしたお菓子とは異なります。

基本的には離乳食で使う食材を利用して、離乳食の一環として食べさせてあげましょう。どうしても食事の時間に離乳食を食べないときは、おやつで栄養を補うのも1つの方法です。

外出中で次の食事までに時間が空くときなどは、赤ちゃん用に作られた市販のおやつを与えてもいいでしょう。

食事と食事の間におやつをあげるときは、3回の食事に影響が出ない程度にしてくださいね。

離乳食後期のおやつ:
ゼリー・ヨーグルト・フルーツMIX

ここでは、赤ちゃんが好きな果物を使ったゼリーやヨーグルトなどのおやつを紹介します。

桃のゼリー

桃のゼリー

材料(2食分)

1個
200ml
レモン汁
小さじ1
てんさい糖
5g
寒天
2g
  1. 1桃は1cm角に切る
  2. 2小鍋に水を入れ、沸騰したら、1とレモン汁、てんさい糖を加えて混ぜ合わせる
  3. 32が再び沸騰したら、寒天を加え、かき混ぜながら5分程度加熱する
  4. 43の粗熱が取れたら、容器に入れ、冷蔵庫で冷やす

大きめの容器で冷やし固めてカットしたり、型から外してお皿の上に可愛く盛り合わせたりしてもいいですね。

ヨーグルトのキウイソースかけ

ヨーグルトのキウイソースかけ

材料(1食分)

プレーンヨーグルト
50g
キウイ
30g
  1. 1キウイの皮をむき、2〜3mm角にカットする
  2. 21を耐熱皿に入れ、電子レンジで20秒程度加熱する
  3. 3ヨーグルトを器に入れ、上に2のキウイをのせる
  • 1キウイの中心にある白い部分は少し硬いので、カットするときに取り除いてください。

りんごにんじんヨーグルト

りんごにんじんヨーグルト

材料(1食分)

りんご
1/8個
にんじん
10g
ヨーグルト(無糖)
20g
  1. 1りんごの皮をむいて5mm角に切り、耐熱容器に入れラップをかけて電子レンジで1~2分加熱する
  2. 2にんじんの皮をむいてみじん切りにする
  3. 3耐熱容器に2、水大さじ3を入れてラップをかけて電子レンジで3~4分加熱し、水気を切る
  4. 41と3を混ぜ合わせ、上からヨーグルトをかける
  • 1にんじんの加熱時間は、にんじんの硬さを見ながら調整してください。

ぶどうとバナナあえ

ぶどうとバナナあえ

材料(1食分)

ぶどう
20g
バナナ
20g
りんご
15g
  1. 1ぶどうは皮と種を取り、みじん切りにする
  2. 2バナナは皮を向き、スプーンの背などでつぶす
  3. 3りんごはすりおろす
  4. 41、2、3を混ぜ合わせる

甘味の異なる3つのフルーツを混ぜ合わせるだけで、豪華な一品に変身。仕上げにミントの葉をちょこんと乗せれば、大人向けのおしゃれなデザートにもなりますよ。

離乳食後期のおやつ:
野菜や魚のおやき・ボール

次から、手づかみ食べができる、野菜や魚を使ったおやきやボールのレシピを紹介します。

きなこいもボール

きなこいもボール

材料(1食分)

さつまいも
30g
粉ミルク(調乳済のもの)
5ml
きなこ
適量
  1. 1さつまいもは適当な大きさに切り、ゆでてすりつぶす
  2. 21にミルクを加え、なめらかに混ぜ合わせる
  3. 32を手で小さくまとめ、きなこをまぶす

さつまいもの素朴な甘味をしみじみと感じる、きなこいもボール。中に煮りんごやレーズンを混ぜればおやつに、チーズをプラスすればおかずにと、アレンジが楽しめるレシピです。

しらす入りおやき

しらす入りおやき

材料(1食分)

じゃがいも
50g
しらす
15g
にんじん
10g
片栗粉
適量
  1. 1じゃがいもはゆで、舌触りが滑らかになるよう柔らかくつぶす
  2. 2しらすは茶こしに入れ、熱湯をかけ塩抜きをする
  3. 3にんじんをみじん切りにし、ラップをして電子レンジで1分程度加熱する
  4. 41、2、3を混ぜ、片栗粉を入れて小さい円になるように成形する
  5. 5少量の油をひいたフライパンで、両面焼き目を付けるまで焼く

大人用のポテトサラダを作るときに、一緒に作れるレシピです。マッシュしたじゃがいもに、にんじんとしらす、片栗粉を混ぜ合わせて焼くだけ。粉チーズを加えると洋風おやきに変身します。

コーンフレークとにんじんのおやき

コーンフレークとにんじんのおやき

材料(1食分)

コーンフレーク
30g
牛乳
大さじ3
にんじん
15g
  1. 1コーンフレークは細かく砕き、牛乳を加えて電子レンジで30秒加熱する
  2. 2にんじんは柔らかくゆで、みじん切りにする
  3. 31と2、かぼちゃペーストを混ぜ合わせ、食べやすい大きさに整える
  4. 4テフロン加工のフライパンを熱し、両面をこんがりと焼く(※1)
  • 1テフロン加工のフライパンがないときは、少量の油をひいて焼きましょう。

コーンフレークだっておやきに変身します。牛乳でふやかして好みの野菜と混ぜ合わせて焼くだけ。野菜の代わりにバナナをつぶして混ぜ合わせれば、おやつにもぴったり。

とうもろこしとじゃがいものおやき

とうもろこしとじゃがいものおやき

材料(1食分)

とうもろこし
30g
じゃがいも
30g
片栗粉
大さじ1
牛乳
20ml
  1. 1とうもろこしは柔らかくゆで、粗いみじん切りにする
  2. 2じゃがいもは柔らかくゆで、マッシュする
  3. 3ボウルに1、2とすべての材料を入れ、よく混ぜ合わせる
  4. 4フライパンに薄く油をひき、3を一口大に形成し、両面に焼き色がつくように焼く

もちもちのおやきは、手づかみが大好きな赤ちゃんが喜びそう。パパやママが食べるときは、焦げ目がつくようにカリカリに焼いて、塩・こしょうを加えるとさらに美味しいですよ。

離乳食後期のおやつ:
蒸しパン・ケーキ・トースト

ここでは、ふわふわの蒸しパンやケーキ、フレンチトーストのレシピを紹介します。蒸しパンは野菜を入れても苦味を感じにくいので、苦手な野菜をいれてみるのも良いですね。

バナナときなこの蒸しパン

バナナときなこの蒸しパン

材料(5個分)

ホットケーキミックス
50g
豆乳
70ml
きなこ
10g
バナナ
50g
  1. 1ボウルにホットケーキミックス、豆乳、きなこをすべて入れ、よく混ぜ合わせる
  2. 2バナナを5mm角にカットして1に入れ、シリコンカップにタネを流し入れる
  3. 3スチーマーに入れ電子レンジで2〜3分加熱するか、蒸し器で10分程度蒸す

ホットケーキミックスで作る、簡単蒸しパン。バナナときなこで食物繊維をたっぷり補給できますよ。便秘気味の赤ちゃんにもおすすめです。ホットケーキミックスには卵入りのものもあるので、アレルギーのある場合は注意してください。

モロヘイヤの蒸しパン

モロヘイヤの蒸しパン

材料(1食分)

モロヘイヤ
10g
とうもろこし
15g
ホットケーキミックス
30g
牛乳
30ml
  1. 1モロヘイヤは柔らかくゆでて、みじん切りにする
  2. 2とうもろこしはゆでて、粒に分けておく
  3. 3ボウルに、1、2とすべての材料を入れ、よく混ぜ合わせる
  4. 43をカップに流し入れ、シリコンスチーマーに入れ、電子レンジで約2分加熱する

モロヘイヤが苦手な赤ちゃんには、蒸しパンから挑戦するのもおすすめ。とうもろこしの甘さでモロヘイヤの味はそれほど気にならないはずです。朝ごはんやおやつにもぴったりですよ。

ほうれん草蒸しパン

ほうれん草蒸しパン

材料(1食分)

ホットケーキミックス
45g
牛乳
30ml
  1. 1材料をすべてボウルに入れ、泡立て器で混ぜる
  2. 21の生地を型に流し、スチーマーに入れ電子レンジで2〜3分加熱するか、蒸し器で10分程度蒸す

鮮やかなグリーンが美しい、ほうれん草の蒸しパン。ほうれん草の苦みを感じにくいので、葉物が苦手な赤ちゃんでも抵抗なく食べられそうですね。

ココアバナナケーキ

ココアバナナケーキ

材料(12cmのボウル1つ分)

バナナ
1/2本
ホットケーキミックス
100g
ココア(無糖)
大さじ1
牛乳
80ml
  1. 1バナナの皮をむいて、飾り用に1/3本分を厚さ3mmくらいにスライスしておく
  2. 2残りのバナナは5mm角にカットしておく
  3. 3ボウルにホットケーキミックスとココア、牛乳を入れ、泡だて器でダマが無くなるまでよく混ぜる
  4. 43に2のバナナを加えて、さらによく混ぜる
  5. 51の飾り付け用のバナナを型の底にいれ、上から静かに4の生地を流し入れる
  6. 65を蒸し器で約20分蒸す(※1)(※2)
  • 1楊枝を刺してみて、生地が付いてきてしまったら、さらに2〜3分蒸してください。
  • 2生地が冷めないうちにケーキを取り出すと崩れてしまうので、冷めてから取り出すようにしましょう。

バナナの甘味とふんわりした食感に、赤ちゃんが大満足のケーキです。ココアは砂糖が入っていないタイプを選びましょう。大人が食べるときにはホイップクリームを添えてもいいですね。

豆乳と小松菜のフレンチトースト

豆乳と小松菜のフレンチトースト

材料(1食分)

小松菜
10g
1/2個
豆乳
20ml
てんさい糖
1g
食パン(8枚切り)
3/4枚
バター
適量
  1. 1小松菜はゆでて細かくみじん切りする
  2. 2ボウルに卵を割りほぐし、1、豆乳、てんさい糖を混ぜ合わせる
  3. 3食パンの耳を取り除き、食べやすい大きさにカットして2にひたす
  4. 4フライパンにバターを溶かし、3をこんがりと焼く

いつものフレンチトーストも牛乳ではなく豆乳で作ってみませんか。細かく刻んだ小松菜をプラスして栄養価がさらにアップ。ママが食べるときはメープルシロップをかけると◎。

食感・味・食べ方に変化をつけて
楽しいおやつタイムを

離乳食で使う食材と同じでも、組み合わせる食材を変えたり、食感を変えたりするだけでも、赤ちゃんの気分転換につながりますよ。今回紹介したレシピを参考に、赤ちゃんに食べる楽しみを体験させてあげてくださいね。

● 献立はあくまでサンプルです。赤ちゃんの成長や発達に合わせて無理なく進めましょう。
● 赤ちゃんが食物アレルギーの診断を受けている、または疑いのある場合は必ず医師と相談のうえ進めてください。
● レシピの食材は旬のものや自宅にあるものに置き換えてもかまいません。(ただし、この時期に食べられる食材かどうかチェックしましょう)。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう