妊婦はバナナで健康生活!妊娠中のつわりにも効果がある?

監修専門家 管理栄養士 安蒜 ゆい
安蒜 ゆい 病院・保育園にて管理栄養士として献立作成・衛生管理や食育活動に携わり、現在は独立しフリーランス管理栄養士・彩り時短食プランナーとして活動しています。「季節や行事を通して食事・家族の時間の大切さを伝えて... 監修記事一覧へ

バナナは手軽に栄養補給ができるうえに、つわりの症状を和らげる効果も期待できる、妊婦さんにおすすめの果物です。今回は、バナナの効果や栄養、妊娠中に食べるときの注意点についてまとめました。

バナナはつわりに効果があるの?

バナナ

バナナに多く含まれる「ビタミンB6」は、吐き気などのつわり症状を和らげる効果があるといわれています。

ビタミンB6には皮膚や粘膜を丈夫に保つ働きがあり、妊娠中に摂取すると吐き気や胃のむかつきを抑える効果が期待できます。産婦人科では、つわりで吐き気がひどい場合、ビタミンB6を含んだ点滴が行われることもありますよ(※1)。

バナナ1本(約100g)には、妊娠中における1日推奨量の約30%(0.38mg)ものビタミンB6が含まれているので(※2)、つわりであまり食事が取れない時に試してみてはいかがでしょうか。

バナナの栄養成分は?妊婦にとって体にいいの?

バナナ 妊婦 ダイエット 食事

バナナにはビタミンB6だけでなく、日常の食生活で不足しがちな栄養素がバランスよく含まれています。

また、バナナ1本(可食部100g)あたりのエネルギー量は93kcalで、ごはん約1/2杯分に相当(※2)。でんぷん、ブドウ糖、ショ糖、果糖といったそれぞれ体内に吸収される時間が異なる糖質を含んでいるので、長時間エネルギーが持続しますよ。

下記に、バナナに含まれる代表的な栄養成分と妊婦さんの体に嬉しい効果をまとめました。

カリウム

バナナに含まれるカリウムには、体内のナトリウム量を調整して、余分な塩分を体外へ排出し、むくみや高血圧を予防する働きがあります。

妊娠中の手足のむくみを解消したり、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病のリスクを減らしたりする効果が期待できます。

マグネシウム

魚や大豆などに多く含まれるマグネシウムですが、果物では特にバナナに多く含まれます。マグネシウムは、カリウムと同じように高血圧を予防する効果があり、妊婦さんが積極的に摂りたい栄養素のひとつです。

葉酸

バナナには、妊娠前から妊娠全期にわたって摂取が推奨されている葉酸も含まれています。葉酸には赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクを低くする働きがあるので、特に妊娠初期は意識的に摂るようにしましょう(※3)。

食物繊維

バナナには、レタスと同じ量の食物繊維が含まれています(※2)。食物繊維には腸内環境を整える働きがあり、便秘の予防や改善に効果的です。妊娠中はホルモンバランスの変化や運動不足によって便秘に悩まされることが多いので、バナナを食べて食物繊維を摂取できるといいですね。

妊婦はバナナを1日に何本まで食べてもいいの?

バナナ フルーツ

妊娠中にバナナを食べるときは、1日に1本(約100g)を目安にしましょう。

妊娠中に必要な栄養素がたっぷりつまっているバナナですが、糖質も多く含まれているので、食べ過ぎないように注意してください。

おやつや夜食で1日に何本も食べることは控えるようにして、多くても1日2本までにとどめましょう。

バナナは妊婦さんの強い味方

妊娠中にバナナがおすすめの理由

バナナは手軽に食べられるうえに、妊婦さんに嬉しい効果もたくさんあるので、妊娠中の食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。ただし、糖質が多くカロリーも高いので、食べ過ぎには注意してくださいね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう