妊婦はワインを飲んでも大丈夫?妊娠中は料理に入れるのもダメ?

監修専門家 管理栄養士 渡辺 亜里夏
渡辺 亜里夏 神奈川県立保健福祉大学卒業後、予防医学に興味を持ちドラッグストアへ就職。その後独立し、現在はフリーランスの管理栄養士として特定保健指導、ダイエット指導、コラムの執筆、企業様での研修などを中心に活動。い... 監修記事一覧へ

ポリフェノールが注目を浴び、健康に良いとされるワイン。妊娠中はアルコールを控えるべきとはわかっているものの、ワイン好きの人はついつい飲みたくなってしまうかもしれません。今回は、妊娠中はなぜワインを飲んではいけないのか、飲むとどんな危険があるのか、料理に使うのもダメなのかをご説明します。

妊娠中はなぜ飲酒を控えたほうがいいの?

妊婦 お腹

妊娠中に飲酒をすると、胎盤や臍帯を通じてお腹の赤ちゃんの体にアルコールが入り、「胎児性アルコール症候群」を引き起こす恐れがあります(※1)。胎児性アルコール症候群の主な症状は、低身長や低体重などの発育の遅れ、小頭症、中枢神経障害などです(※2)。

また、現在ではADHDや成人後の依存症リスクなどより広い範囲での影響がみられることもわかっています(※3)。

少量のアルコールであれば妊娠中に飲んでも問題ないという声を聞くこともあるかもしれませんが、アルコールの耐性は人それぞれ違うため、妊娠中のアルコール摂取は控えましょう。

妊婦はワインを飲んではいけないの?

ワイン グラス お酒 アルコール

厚生労働省は、妊婦が1日に純アルコール(エタノール換算)を60ml以上摂取すると、胎児性アルコール症候群の発症率が高まるとしています(※4)。

ワインの種類によって違いますが、平均的なアルコール度数は14度といわれ、一般的にグラス1杯(125ml)のワインには、約10~15mlのアルコールが含まれています。1日にグラスで約4杯(500ml)以上のワインを飲むと胎児性アルコール症候群の発症率が高まると考えられます。

妊娠中にワインを1滴でも飲んだら胎児に悪影響を与えるというわけではありませんが、反対に、ワインを1日にグラス3杯まで飲んでも良いと考えるのは軽率です。

アルコールの少量摂取であれば胎児に悪影響を与える可能性は低いという意見もある一方で、「これ以下の飲酒量であれば、胎児に影響がない」という安全量は確立されていないため、日本産婦人科医会は妊娠中の禁酒をすすめています(※2)。

妊娠中にワインを使った料理を食べるのもダメ?

シチュー 料理 ワイン 肉 スープ

ビーフシチューや煮込みハンバーグをはじめとしたワイン煮、あさりや白身魚のワイン蒸しなど、ワインは料理にもよく使われます。妊娠中のアルコール摂取は胎児や乳児の発育に悪影響の恐れがあるとわかったものの、「ワインが使われている料理を食べてはいけないの?」と疑問に思う妊婦さんも多いのではないでしょうか。

アルコールは約80度で沸騰するため、火を十分に通した料理であればアルコールは蒸発してしまいます。もし、加熱が足りなかったとしても、そのまま飲むよりも圧倒的にアルコールの量は少ないため、その程度であれば問題はないでしょう。

お菓子にも、風味付けにワインが使われていることがあります。特にケーキのような生洋菓子は、ワインに火を通さずそのままを使っていることもあるので、購入するときはパッケージの注意書きを確認したり、店員さんに聞いたりするといいでしょう。

赤ちゃんのために妊娠中のワインは控えておこう

妊婦 妊娠 食事 友達

妊娠中の飲酒はお腹の中の赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性があるので、ワインを飲むのは我慢してくださいね。

ワイン好きの人は妊娠中でもワインが飲みたくなるときがあるかもしれません。そんなときは、ノンアルコールワインはいかがでしょうか。

ワインの風味や味わいが残った美味しいノンアルコールワインもたくさん売られていますよ。ノンアルコール飲料を飲むときは、アルコール0.00%と表示されているものを選んでくださいね。

飲酒は、妊娠中だけでなく授乳中も控えなくてはいけません。お腹の中の赤ちゃんが元気に生まれて健康に育っていくために、妊娠中はお酒を我慢して、他の食べ物や飲み物で食事を楽しめるといいですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう