授乳中のカフェイン、アルコールはOK?コーヒーやお酒の影響は?

監修専門家 助産師 佐藤 裕子
佐藤 裕子 日本赤十字社助産師学校卒業後、大学病院総合周産期母子医療センターにて9年勤務。現在は神奈川県横浜市の助産院マタニティハウスSATOにて勤務しております。妊娠から出産、産後までトータルサポートのできる助... 監修記事一覧へ

「コーヒーが飲みたい!」「ビールが飲みたい!」なんて思いながら、妊娠中にカフェインやアルコールを我慢していたママもたくさんいますよね。赤ちゃんを産んで即解禁できるかというと、そうでもなく、授乳中も控えているママが多いようです。そこで今回は、カフェインとアルコールがママと赤ちゃんに及ぼす影響についてご紹介します。

授乳中にカフェインを摂取してもいいの?コーヒーは1日何杯まで?

713703d0d85617893a919e81e84c852d_m

大人であっても、カフェインを多量に摂取すると、脳を刺激し、興奮、不眠、落ち着きがなくなるなどの症状が出ます。授乳中のママがカフェインを摂取すると、そのうち1%程度のカフェインが母乳に移行します(※1)。

その母乳を通して、赤ちゃんがカフェインを摂取することになりますが、現在のところ、母乳からのカフェイン摂取による赤ちゃんへの影響は少ないとされています。コーヒーであれば、1日2~3杯飲んでも問題はないようです。

しかし、赤ちゃんはカフェインへの感受性が高く、過剰摂取すると興奮気味になり落ち着きがなくなったり、眠れなくなったりするなどの症状が出ることがあります。赤ちゃんがいつも以上に不機嫌で喜怒哀楽が激しい、寝つきが悪い、夜泣きの頻度が多いなどの様子が見られたら、カフェインを摂りすぎていないか見直してみましょう。

カフェインは、コーヒーや紅茶、緑茶だけでなく、ココアやチョコレート、コーラ、栄養ドリンクなどにも含まれています。カフェイン摂取を控える場合は、これらの食品にも気をつけてくださいね。

授乳中にアルコールを摂取してもいいの?飲酒は母乳に影響がある?

女性 飲酒 アルコール

赤ちゃんが生まれると、母乳を作る乳汁分泌刺激ホルモンである「プロラクチン」と、母乳を押し出す働きをするホルモンである「オキシトシン」が、ママの脳下垂体から分泌されます。

授乳中のママがアルコールを摂取すると、プロラクチンの分泌量が低下し、母乳そのものの量が減少します。また、オキシトシンの分泌が抑制されることによって、母乳の射乳反射(赤ちゃんが乳首を吸うと反射的に母乳が出ること)が阻害されるという研究報告もあります。

ただアルコールは母乳の産出量に影響を与えないという報告もあり、その詳細に関しては、医師や研究機関によって見解の分かれるところです。

赤ちゃんへの影響としては、ママの血中アルコール濃度とほぼ同じアルコール濃度の母乳を赤ちゃんに飲ませてしまうことになり、多量摂取や長期間の摂取によって、赤ちゃんにアルコール中毒の症状が出ることがあります。

アルコール中毒になると、赤ちゃんの睡眠時間が短くなる、運動能力の発達が遅れる、肥満になるなどの影響があるという報告もあります(※2)。

また、ママが慢性的にアルコールを摂取していると、赤ちゃんの認知能力や成長に障がいが現れるとも言われています。

授乳中にカフェインをとりたくなったら?

deb3ab0175580a5ff97262210316c2d3_m

適度のカフェインは育児ストレスの緩和効果が期待できるので、コーヒーや紅茶が飲みたいときには我慢せず、1日2~3杯の適量を飲むようにしましょう。気になる人は、授乳前ではなく授乳後に飲むことで赤ちゃんへの影響を少なくするよう工夫をしたり、カフェインレスコーヒーやハーブティーに切り替えたりするがおすすめです。

授乳中にアルコールをとりたくなったら?

ee1933841d7288b12f180c60d514e600_m

授乳期間中のアルコール摂取は基本的には避けるよう推奨されていますが、アルコール分解の個人差もあるので、「どうしても飲みたくて、このままでは、ストレスが溜まってしまう…」という場合は、一度かかりつけのお医者さんに相談してみましょう。飲み方や授乳との時間の開け方などを、具体的にアドバイスしてもらえることもありますよ。

基本的に、授乳中にアルコールを飲んでしまったら、しばらくは授乳を控えましょう。その間は、事前に搾乳しておいた母乳か粉ミルクで代用してください。

十数時間してアルコールが分解されたら、また授乳を再開してもいいですが、気になる場合は、溜まった母乳を一度搾乳して出したあと、新しく作られた母乳で授乳をするとよいですよ。

また、授乳間隔が短い新生児期は禁酒した方が安全です。ノンアルコール飲料を飲む場合でも、1%未満のアルコールを含んでいる飲料もあるので、成分をしっかり確認してから飲むようにしましょう。

授乳中のコーヒーやお酒は母乳に影響も

親子 ママ 赤ちゃん 抱っこ 

お酒が好きな人には少々辛い期間かもしれませんが、母乳が出ずに悩むママも多いなか、母乳育児ができるということはとても素晴らしいことです。

授乳をすることで、ママと赤ちゃんに「オキシトシン」が分泌され、さらには幸せホルモン「セロトニン」の分泌も促してくれるので、ママの精神も安定させてくれる作用があります。セロトニンは、産後うつにも効果的なホルモンだといわれています。

カフェインやアルコールを控えることは、このように身体的にも精神的にも良い作用があるので、授乳期間をきっかけに今後の摂取量を見直す良い機会でもありますよ。赤ちゃんだけでなく、ママの健康のためにも、カフェインやアルコールとは上手に付き合っていきましょうね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう