バニシングツインとは?確率や症状は?一卵性は危険なの?

監修医師 産婦人科医 間瀬 徳光
間瀬 徳光 2005年 山梨医科大学(現 山梨大学)医学部卒。沖縄県立中部病院 総合周産期母子医療センターを経て、板橋中央総合病院に勤務。産婦人科専門医、周産期専門医として、一般的な産婦人科診療から、救急診療、分... 監修記事一覧へ

双子の妊娠(双胎妊娠)が判明してはじめて「バニシングツイン(Vanishing Twin)」という言葉を聞いたママも多いと思います。日本語にすると「消える双子」という意味で、双胎妊娠の場合にのみ見られる現象です。今回はバニシングツインとはどういうものなのか、起こる確率や症状、一卵性と二卵性での違いなどについてご説明します。

バニシングツインとは?

卵 空 からっぽ 胎児

バニシングツインとは、双胎妊娠をしているママのお腹のなかで、双子のうちの1人が亡くなり、そのまま消えてしまう現象のことです。

妊娠初期の超音波(エコー)検査で、赤ちゃんが入っている「胎嚢(たいのう)」という袋が2つ確認され、それぞれに胎芽がある、もしくは胎嚢は1つで、そのなかに2つの胎芽があると、双胎妊娠と診断されます。

双胎妊娠を継続できれば双子の赤ちゃんを出産することになりますが、妊娠中にどちらか一方の胎児が亡くなることがあります。これを「双胎一児死亡」といいます。

妊娠初期に双胎一児死亡が起きた場合、亡くなった赤ちゃんが子宮内で消えてしまうことが多く、この現象を「バニシングツイン」と呼びます(※1)。

バニシングツインが起きたとしても、ママの体には特に目立った症状は見られません。

バニシングツインの原因は?

なぜ why

バニシングツインは、妊娠初期に起こる双胎一児死亡に伴うものですが、はっきりとした原因はわかっていません。そのため、予防することは難しいといえます。

双胎妊娠ではなくとも、妊娠初期に「早期流産」が起こるのは珍しいことではなく、その多くは染色体異常など、胎児側に原因があります(※1)。

これをふまえると、双胎一児死亡も染色体異常などが原因である可能性も考えられますが、そのあとなぜバニシングツインが起きるのかについては、明らかになっていません。

バニシングツインが起こる確率は?一卵性と二卵性で違うの?

確率 サイコロ

いくつかの研究結果によると、バニシングツインは双胎妊娠のうち30%以上で起こる現象である、との報告もあり、頻度は比較的高いといえます(※2)。

なお、バニシングツインの頻度は双胎妊娠のパターンによっても異なり、「二絨毛膜双胎」よりも「一絨毛膜双胎」の方が起こりやすいと言われています。

二卵性双胎のほとんどは「二絨毛膜双胎」で、双子それぞれに1つずつ、合わせて2つの胎盤がある状態です。

一方、「一絨毛膜双胎」は双子同士で1つの胎盤を共有しているパターンで、一卵性双胎の約7割を占めます。

一絨毛膜双胎の場合、双子のあいだで行ったり来たりしている血液量のバランスが崩れることもあり、妊娠初期のバニシングツインだけでなく、妊娠中期以降の双胎一児死亡の頻度も、二絨毛膜双胎より高いことがわかっています(※3)。

バニシングツインはいつまで起こる?

妊婦 カレンダー 手帳

過去の研究結果によると、バニシングツインは妊娠6~7週頃までに起こることが多く、妊娠8週を過ぎるとほとんど見られません(※4)。

昔であれば、双胎妊娠であることに気づかないままバニシングツインが起きていたかもしれませんが、現在はエコーの精度が上がったこともあり、早い段階で双胎妊娠がわかるようになりました。

そのため、一度は双胎妊娠と診断されたあと、次の検査で胎嚢または胎芽が1つ消えていることが判明し、バニシングツインと認識されることが増えた、というわけです。

バニシングツインは胎児に影響する?

双子

バニシングツインが起きて一方の胎児がいなくなってしまうのは悲しいことですが、同時にもう一方の胎児への影響はないのかと心配になると思います。

結論からいうと、妊娠初期の段階でバニシングツインが起こったのであれば、残された胎児に影響を与えることはほとんどないと考えられており、通常の単胎妊娠と同じように管理を続けます。

妊娠中期を過ぎてから双子の片方が亡くなった場合も、二卵性の多くを占める「二絨毛膜双胎」であれば、残された胎児に悪影響を与えることはほとんどありません。

しかし、一卵性の約7割に見られる「一絨毛膜双胎」では、残された赤ちゃんが脳障害を起こしたり、亡くなったりするリスクもあるため、出産まで慎重に経過観察を行います(※1)。

バニシングツインを心配しすぎないで

妊婦 妊娠 風船 バルーン

「双子を妊娠した」と診断されたママは、バニシングツインの可能性を考えて不安になったり、実際に起こって悲しい気持ちになったりすることもあるかもしれません。

しかし、バニシングツインはママが頑張って予防をできるものではなく、自然現象として捉えるしかありません。「双胎」と妊娠初期に診断されたときに、高い確率でバニシングツインが起きることは頭の片隅に置いておきましょう。

無事に2人とも産まれることはとても素晴らしいことですが、双胎妊娠の場合、こうした合併症はいくつかあるものです。もしバニシングツインが起こったとしても、お腹のなかで成長を続けるもう1人の赤ちゃんを大事に育てていきたいですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう