双子の出産費用は?帝王切開になるの?どんなリスクがある?

妊婦健診で双子が確定したら、はじめは驚く人がほとんどではないでしょうか?嬉しさを感じる反面、わからないことが多く戸惑う人も多いかもしれませんね。そこで今回は、双子の出産について、費用やリスク、帝王切開になるのか、準備しておくと良いものなどをご紹介します。

そもそも双子って、どういう状態で妊娠してるの?

双子

双子とは、子宮内に2人の胎児がいる状態を指し、医学的には「双胎妊娠」や「多胎妊娠」と呼ばれます。

双子には「一卵性双胎」と「二卵性双胎」があります。

一卵性は1つの卵子が2つに分裂し、遺伝子もまったく同じなので、性別も一緒で、顔や体つきも見分けがつかないほどそっくり。二卵性は2つの卵子が同時に受精して着床することで誕生するので、遺伝子情報・性別・血液型も異なり、顔や体つきは一卵性ほどは似ていません。

双子の妊娠には様々なケースがあり、一卵性と二卵性以外にも、胎盤と羊膜が1つの場合と2つずつある場合、胎盤が1つで羊膜が2つある場合など様々です。

双子を出産する週数の平均は?

排卵日 カレンダー ハート いつ

双子が生まれる分娩週数の平均は、個人差がありますが、およそ35週といわれています。単胎妊娠の正期産が37週以降、42週未満であるのに比べ、少し早いことがほとんどです(※1)。

双子を妊娠すると、妊娠8ヶ月(妊娠28週~31週)の時点で、子宮が通常妊娠の臨月とほぼ同じ大きさにないっていることがあります(※2)。子宮が伸びきってしまうと早産になる可能性が高くなるため、妊娠8ヶ月頃には、心の準備だけでなく、出産準備も早めに整えておくと安心ですね。

双子の妊娠・出産にともなうリスクとは?

リスク

双子の妊娠・出産のリスクは、ママに関しては、赤ちゃん2人分の血液が必要になることで貧血になりやすかったり、赤ちゃんの尿や胎盤の羊膜からの分泌物も増え、羊水過多症になりやすかったりします。妊娠高血圧症候群や早産・流産なども注意が必要です。

赤ちゃんに関しては、胎盤がひとつしかない場合は、ひとつのルートから2人分の栄養や血液を得なければならず、血液の供給バランスが崩れ「双体間輸血症候群」になることがあります。赤ちゃんを包む羊膜がひとつしかない場合は、お互いのへその緒が絡まる危険性も高まります。

また、出産のリスクではありませんが、妊娠初期に「バニシングツイン」といって、双子のどちらかが消えて(流産)しまうこともあります(※1)。この場合、処置は行われず、子宮に吸収されることがほとんどだとされています。

双子妊娠・出産のママに関するリスク

● 早産・流産
● 妊娠高血圧症候群
● 羊水過多症
● 貧血

双子妊娠・出産の赤ちゃんに関するリスク

● 早産・流産
●双体間輸血症候群
●バニシングツイン

双子は帝王切開になるの?病院を選ぶポイントは?

分娩 出産 回診 入院 病院

日本産科婦人科学会によると、双子の場合、8割近くが帝王切開になるという報告があります。しかし、赤ちゃんが2人とも頭位(頭が下向き)で、特に異常がなければ、自然分娩は可能です。場合によっては1人が逆子でも自然分娩できるケースもあります(※3)。

病院によっては自然分娩を行わない方針のところもあるので、自然分娩をしたいと考えている場合は、病院選びをするときに確認が必要です。

ただ、自然分娩を希望していても、必ずしもできるわけではなく、あくまで「トライできる」程度に考えておきましょう。母体と赤ちゃんの安全を最優先にし、危険と判断された場合は帝王切開に変更されることもあります。病院の方針や医師の判断、妊娠の経過、初産婦か経産婦かによっても異なるので、よく相談してくださいね。

肝心の病院を選ぶときは、下記のポイントを参考にしましょう。

双子を出産する病院選びのポイント・注意点

● 万が一に備えて、NICU(新生児集中治療室)などの設備が整った総合病院を選ぶ

● 大学病院は研修生が見学にくることがあるので、研修生の立会いが気になる場合は病院に伝えおく

● 小規模な産院にかかる場合、転院先を探さなければならなくなることもある

● 医療行為ができない助産院では双子を出産することはできない

双子の出産費用はどれくらい?帝王切開の場合は?

お金 計算機 お札 

双子の出産費用は、病院や妊娠・分娩の経過、分娩方法によって異なりますが、60~80万円が目安です。これは、帝王切開の手術代をベースに、管理入院や分娩代を含んだ50~60万円と、赤ちゃんの入院費として約14万円(1日1万円×7日間×2人分)をプラスした、一般的な費用です。

分娩に関しては、健康保険に加入していれば出産育児一時金の42万円(または40.4万)が、赤ちゃんの人数分支給されるので、安心してくださいね(※4)。また、金額によっては高額医療費制度が適用できることもあります。

万が一、入院期間や分娩中にトラブルがあった場合は費用も加算されるので、準備する金額の目途を把握するために、入院時に受付窓口などでおおよその金額を確認しておきましょう。

双子の出産費用をおさえるコツ

加入している健康保険に申請して「限度額適用認定証」を発行してもらいましょう。この認定証を入院時に病院に提示すれば、窓口で支払う費用を所得に応じて減額してもらうことができます(※5)。

双子の出産で準備しておくと良いものとは?

子供部屋 ベビーベッド ベッドメリー

双子の出産で準備しておくと良いものは、生まれてからではあまり選んでいる時間がないけど必要なもの、特に日用品として消耗しやすいものです。

パパが仕事で日中のサポートができない場合や、ママやパパの実家が遠方でサポートが難しい場合は、産後の赤ちゃんのお世話は、ママだけで行うことが多くなります。家の中でのお世話が少しでも便利になるグッズも持っておくとよいですね。

後回しにできるものはパパのお休みの日にお願いするとして、まずは以下のものだけでも最低限準備しておくと便利ですよ。

日用品・育児の便利グッズで準備しておきたいもの

● 哺乳瓶×2本~
● ハンズフリー授乳クッション×2つ
● ハイローラック×2台
● ベビーバス×1つ
● 爪切り・ヘアブラシ×各1つ
● 体温計×1つ
● 衣類・ガーゼ×各2人分
● おむつ・おしりふき×各2人分
● 粉ミルク×1人分(確実に必要とわかっている場合は2人分)
● 双子用ベビーベッド×1台(通常のベビーベッド×1台、ミニベビーベッド×2台など)、又はお布団×2人分

外出の移動時に準備しておきたいもの

● チャイルドシート×2台(自家用車に乗る場合)
● 双子用ベビーカー×1台(左右に並べるタイプ・前後に並べるタイプ)

双子の出産は早めの準備で気持ちに余裕を

双子 ベビーカー

妊娠や出産は、1人の赤ちゃんでさえ楽ではありません。双子の場合は、それよりもさらに妊娠中から分娩時まで気が抜けないことも多いので、夫婦で事前に情報収集をしておきましょう。

お金のことや起こりうるリスクを把握しておくこと、妊娠中・出産後のサポート体制を考えておくことで、気持ちに余裕を持って出産までの日々を過ごすことができますよ。

また、双子の場合はお腹の中の状態が変わりやすいので、予約した妊婦健診には欠かさずいくようにしてくださいね。

双子の出産は大変ではありますが、生まれたときの喜びも2倍と考えましょう。あまり気構え過ぎて疲れないよう、不安なことがあれば医師に相談して、なるべくリラックスして過ごせるといいですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう