離乳食完了期はいつ?1歳頃の食事の量や献立は?

監修専門家 管理栄養士 安蒜 ゆい
安蒜 ゆい 病院・保育園にて管理栄養士として献立作成・衛生管理や食育活動に携わり、現在は独立しフリーランス管理栄養士・彩り時短食プランナーとして活動しています。「季節や行事を通して食事・家族の時間の大切さを伝えて... 監修記事一覧へ

大人と同じように1日3回の食事ができるようになると、次はいよいよ離乳食最後の「完了期」です。食べられるものが増えたり、調理法も大人とあまり変わらなくなったりするので、離乳食作りもぐっと楽になりますよ。今回は、離乳食完了期の献立や食べる量、進め方のコツ、注意点をご紹介します。

離乳食完了期はいつ?1歳頃の食事は?

赤ちゃん 離乳食 食べる スプーン

離乳食完了期は、おおよそ1~1歳半頃に迎える「パクパク期」と呼ばれる時期のことです。離乳食の仕上げの時期で、手と口を連動させる動きが上手になり、口の中で左右に食べものを動かしながら歯茎でかんだり、すりつぶしたりして食べられるようになります。

進み方には個人差がありますが、以下のような状態であれば離乳食後期から離乳食完了期に移りましょう。

離乳食完了期に移行する目安

・ 大人と一緒に1日3回の食事を摂れるようになっている
・ 5倍粥が食べられるようになっている
・ バナナや肉団子くらいの固さのものが歯茎でつぶせるようになっている

離乳食完了期の食事の量は?1歳頃はどれくらい食べるの?

メモ 女性 台所 ノート ペン 野菜

離乳食完了期になったら、1回の食事量を工夫するようにしましょう。1歳頃は、まだ一度にたくさんの量を食べることができないので、食事と食事の間にお腹が空いていそうなときは、おやつタイムとして補食を与えてもいいでしょう。

以下に、離乳食完了期の食事の回数や時間、1回あたりの食事量、食べやすい固さの目安をご紹介します。

離乳食完了期の回数・時間

1日3回、朝は7~8時、昼は12時前後に食べさせ、夜は19時までに夕飯を終わらせるようにしましょう。おやつを与えるときは食事に響かない時間帯を選んでください。

離乳食完了期の1回あたりの食事量の目安(※1)

主食(いずれか1品)

・ 軟飯…90g(ご飯の場合は80gくらい)
・ ゆでうどん…1/3~1/2玉
・ パン…ロールパンなら1個(30gほど)

主菜/たんぱく質(いずれか1品)

・ 肉・魚…15〜20g
・ 豆腐…50~55g
・ 全卵…1/2~2/3個
・ 乳製品…100g

副菜/ビタミン類

・ 野菜や果物…40〜50g(色々な種類を合わせた合計量)

離乳食完了期に食べられるものは?1歳頃の献立や味付けは?

ママ 赤ちゃん 女の子 食事 離乳食 笑顔

離乳食完了期の赤ちゃんは消化機能も発達してくるので、食べられるものがだいぶ増えてきます。離乳食を開始した時期やアレルギーの有無によって違いはありますが、挑戦できる食材も増えてきますよ。

以下に、離乳食完了期から挑戦できる食材や、味付け、固さ、具体的な献立をまとめたので参考にしてみてくださいね。

離乳食完了期から挑戦できる食材の例

炭水化物・いも類

中華麺・山芋 など

野菜・果物

ほとんどの野菜・果物を食べられるが、はじめてのものは少量から試す

たんぱく質

焼き豆腐、油揚げ、さば、えび、かに、いか、たこ、はんぺん、ちくわ、さつま揚げ、ししゃも、アジの開き など

ビタミン類

たけのこ、ごぼう、とろろ昆布 など

どの食材も、はじめて与えるときは少量からスタートしましょう。

調味料

・ ケチャップ
・ マヨネーズ
・ ごま油 など

固さ・大きさ

火を通して歯茎でつぶせる固さや大きさが目安です。野菜は千切りにしたり、乱切りやみじん切りにしたりと、切り方に変化をつけて食感を楽しませてあげてください。

主食は基本的には軟飯を与え、慣れてきたら少しずつご飯に移行していきます。麺類は柔らかく茹でて2〜3cmにカットし、野菜は軟らかく煮て1cm角くらいに切りましょう。

手づかみで食べさせるときは、スティック状やボール状など手に持ちやすい大きさや形にするのがおすすめです。

主な食材の献立例

献立の組み合わせは、「主食+主菜+副菜+汁もの」を基本にして、総量で子供用のお茶碗1~1.5杯程度を目安にしましょう(※1)。

主食

牛肉とニラのうどん、ツナとトマトのサンドイッチ、鮭とわかめのまぜご飯 など

主菜

牛肉のトマト煮・はんぺんバーグ、豆乳と長いものグラタン など

副菜

スイカサラダ、オクラとモロヘイヤのおひたし、キウイのヨーグルトサラダ など

汁もの

ささみときのこのスープ、レンコンと小松菜のスープ など

完了期(1歳頃)の離乳食の進め方のコツは?

赤ちゃん 食事 手 なめる

離乳食完了期の進め方のコツは、大人の食事から取り分けができるように工夫して調理することです。時短にもつながり、赤ちゃんもママやパパと同じものを食べられるので喜びますよ。

離乳食完了期に大人の食事から取り分けるときのコツ

・ 野菜を茹でるときは、湯切りざるやお茶パックに赤ちゃん用にカットしたものを入れて、少し先に茹ではじめましょう。後から大人の分を入れれば、同時に茹で上げたときに大人用よりも軟らかく仕上がります。

・ 料理の味付けをする段階で赤ちゃんの分だけ取り出し、その後に、大人用の調味料を追加しましょう。

・ 外食メニューや市販品をママやパパと一緒に食べるときには、麺類は軽く水で洗ったり、汁ものは水を足したりして、塩分を薄めてあげましょう。

離乳食完了期の注意点は?1歳頃の食事で気を付けることは?

女性 ノート メモ 記録 本

離乳食完了期(1歳頃)になると、大人の食事に近いものが食べられるようになってきますが、濃い味や刺激の強い調味料は使わないようにしてください。

また、この時期になると食事中に他のことが気になって遊びはじめてしまうこともあります。なかなか食事が進まないときや、食べもので遊んでしまうときは、食事環境を見直すようにしましょう。

テレビを消す、周りにおもちゃを置かない、といった工夫をして食事に集中できるようにすることが大切です。

また、お腹が空いていなくて食事が進まないというケースもあります。食事と食事の時間は3時間以上あけるようにしましょう。水分の摂り過ぎも食欲低下につながるので、食前に飲み物を飲ませすぎないように気をつけてください。

離乳食完了期の注意点

・調味料を使うときは、大人の1/3くらいの量にする
・生ものは食べさせない
・刺激の強い香辛料や塩分、油分、添加物が多く含まれるものは避ける
・のどに詰まりやすいナッツ類は避ける

離乳食完了期は味わう楽しさを教えてあげよう

女性 ママ 料理 キッチン

離乳食完了期になる1歳頃は、これまでよりもレシピや味付けのバリエーションが増えて、赤ちゃんの好みもわかるようになってきます。色々な離乳食に挑戦して、食事の楽しさを教えてあげられるといいですね。

離乳食完了期は、離乳食の最後のステップです。親子で楽しんでいけるといいですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう