食育の絵本のおすすめは?幼児や小学生に読ませたい10選

食育とは、食に関する知識、食を選択する力をつけ、健康な食生活を送ることを目的とした教育のこと。近年、多くの幼稚園や保育園、小学校などで食育が実践されていますが、家庭での食育も子供にとって重要だといわれています。

そこで今回は、家庭における食育の第一歩にぴったりの絵本を10点紹介します。

食育の絵本の選び方

保育園 幼稚園 給食 食事

食べることが楽しくなる絵本

まず子供には、食べる楽しさを知ってもらい、食への興味を持たせることが食育の第一歩です。登場人物が楽しそうに食べていたり、おいしそうな食事が出てきたりする絵本を選ぶと良いですよ。

好き嫌いがなくなる絵本

「うちの子はほとんど野菜を食べてくれない」など、子供の好き嫌いに困っているママも多いのではないでしょうか。無理やり食べさせるのは逆効果なので、キャラクターたちが何でもおいしそうに食べている絵本などを一緒に読んで、「●●ちゃんも食べたらきっとおいしいよ!」と声をかけてあげるのがおすすめです。

食に感謝する心を育む絵本

食育の大切な要素の一つが、「食に対する感謝の気持ちを育む」ということ。食材を育ててくれる人や、調理してくれる人、また私たち人間が生きていくために命を犠牲にしてくれている動物たちへのありがたさを教えてくれる絵本に出会えると、「いただきます」「ごちそうさま」の意味を深く理解できるようになりますよ。

栄養素について学ぶ絵本

健康な食生活に欠かせないのが、バランスの取れた食事。栄養素の役割などを学べる絵本を読むと、偏食・小食気味の子も意識が変わりそうです。大人にとっても勉強になる内容の絵本が多いので、パパやママも一緒に読めば、毎日の献立を考えるときに役立つかもしれませんよ。

食育の絵本!食べることがもっと楽しくなる

1. いただきまあす

要出典 食育 絵本 いただきまあす 出典: www.fukuinkan.co.jp

おいしそうな食事を目の前にした不器用なくまくん。スープをこぼしたりジャムで顔を汚したり、なかなか上手に食べられません。「どうすればいいのかな?」と悩んだあげく、最後はなんと、食事をぐちゃぐちゃに混ぜて手でむしゃむしゃ。

「くまくんの姿に共感できるのか、いつも子供が楽しそうに読んでいる」「自分の姿を客観的に見る事で、子供の食事のマナーが驚くほど成長した」という口コミがあるなど、手づかみ食べを始めた子にぴったりな絵本です。

税込価格
990円

2. おいしい おと

要出典 食育 絵本 おいしい おと

毎日の食卓で聞こえてくる「音」に着目した絵本です。わかめの味噌汁、春巻き、ウィンナー、プチトマト、レタスと、それぞれ違う楽しい音が勢ぞろい。

この絵本を読んだ後は、苦手な食べものも「どんな音がするかな?」と思わず食べたくなるかもしれませんね。食事への興味を惹きつけてくれる1冊です。

税込価格
990円

3. おなかのこびと

要出典 食育 絵本 おなかのこびと 出典: www.kyouikugageki.co.jp

「どうしてお腹が痛くなるんだろう?」「お腹の中ってどうなってるの?」そんな子供の疑問にユニークに答えるのがこちらの絵本。お腹の中には実は小さな小人が住んでいて、噛み切れないで食べてしまった大きな食べ物を小さくするなど、みんなのために一生懸命働いているのです。

「毎日食べ過ぎたり寝ながら食べたりすると、小人さんが困っちゃうよ!」と、面白おかしく子供に食事のマナーを教えられますよ。

税込価格
1,210円

食育の本で野菜の好き嫌いをなくそう

4. おやさい めしあがれ

要出典 食育 絵本 おやさい めしあがれ

ゆでたてのトウモロコシに、焼きたてのさつまいも…美味しそうな旬のみずみずしい野菜たちが見開きいっぱいに登場する『おやさい めしあがれ』。鮮やかな色合いが美しく、見ているだけでも楽しめますよ。

読み終えたあとには、野菜に興味が湧いて思わず食べたくなってしまうかも。野菜が苦手な子供に、ぜひおすすめしたい一冊です。

税込価格
880円

5. やさい もぐもぐ

要出典 食育 絵本 やさい もぐもぐ 出典: www.hikarinokuni.co.jp

「うちの子は野菜をなかなか食べない…」と困っているママには、こちらの本がおすすめ。トマトやじゃがいも、かぼちゃやキャベツなどのたくさんの野菜と、包丁で切った断面、料理されたあとの絵が繰り返し出てくる構成で、子供が飽きることなく楽しめますよ。

「1歳2ヶ月の息子は、カラフルなイラストが大好き」「3歳の子供が大喜びで、絵をつまんで親に食べさせてくれる」という口コミがあるなど、幅広い年齢層の子供たちに愛されている作品です。この本を読むうちに、野菜を好きになってくれると良いですね。

税込価格
880円

食育の本で食に感謝する心を育もう

6. 給食番長

要出典 食育 絵本 給食番長

わんぱく小学校1年2組の給食時間はいつも大騒ぎ。番長が嫌いなものを好き放題残して、ほかのクラスメイトまでそそのかしています。だから1年2組のお鍋は残り物でいっぱい。子供たちのために一生懸命給食を作っているおばちゃんたちは泣いています。

注意しても変わらない番長たちに対抗して、家出してしまったおばちゃんたち。番長たちは自ら給食を作ってみるものの…。当たり前のようにしてもらっていたことの大変さに気づき、給食に込められたおばちゃんたちの気持ちに子供たちは何を感じるのでしょうか。躍動感たっぷりのイラストにも引き込まれます。

税込価格
1,650円

7. ありがとう!きゅうしょく

要出典 食育 絵本 ありがとう!きゅうしょく

いくみとはるとは先生と一緒に給食センターに見学に行きます。毎日食べている学校給食がどんなふうに作られているか、登場上人物たちと一緒に知ることができますよ。

これから小学校に入学する子や保育園や幼稚園で給食を食べている子が興味津々になりそうですね。巻末には「川小生活新聞」が付いていて、給食マップやバランスのよい食事について学べますよ。

税込価格
1,650円

8. しんでくれた

要出典 食育 絵本 しんでくれた

「うし/しんでくれた/そいではんばーぐになった/ありがとう うし」。谷川俊太郎さんの詩「しんでくれた」を絵本にした1冊。私たち人間の食事のために牛や豚が「しんでくれた」という事実と、「命をいただく」ことの意味を、シンプルかつ深い言葉で伝える作品です。

「生きるために食べる、食べたもののために生きる、ということがわかる本」など、口コミでも高い評価を集めています。読み聞かせしながら、親子で一緒にひとつひとつの言葉を考えることができる、おすすめの絵本です。

税込価格
1,430円

食育の絵本から食の基本知識が学ベる

9. たべることがめちゃくちゃ楽しくなる!栄養素キャラクター図鑑

要出典 食育 絵本 たべることがめちゃくちゃ楽しくなる!栄養素キャラクター図鑑

基本の栄養素をキャラクター化した、ユニークな図鑑です。レモンの帽子をかぶったビタミンCや歯の形をしたカルシウムなど、おもしろいキャラクターたち勢揃い。

それぞれのキャラクターが、その栄養素の働きや不足するとどうなるかなど詳しく説明してくれるので、子供も理解しやすいですね。「絵本代わりに読み聞かせても子供と一緒に楽しめます」と口コミでも好評ですよ。

税込価格
1,650円

10. 食べもの“ぺろっと”まるわかり! いただきます図鑑

要出典 食育 絵本 食べもの“ぺろっと”まるわかり! いただきます図鑑

こちらは、「魚は切り身のまま泳いでいる」と誤解しているような子供たちに、食のことをもっと知ってもらうための絵本です。米や肉、野菜などがキャラクター化されていて、漫画や解説ページに登場。すったもんだを繰り広げながら、食の基礎知識を教えます。

うんちくと筋トレが好きなほうれん草の「ほうれんじいじ」をはじめ、個性豊かなキャラクターから知識を学べるので、子供も楽しみながら勉強できますよ。

税込価格
1,320円

楽天市場で食育の絵本を探す

Amazonで食育の絵本を探す

食育には絵本を活用して親子で楽しく学ぼう

食べる楽しさや、食に対する感謝の気持ちを分かりやすく伝えられる食育の絵本は、未就学児にもぴったり。あまり難しく考えすぎず、まずは絵本の読み聞かせなどを通じて、親子で楽しく食について考えてみてはいかがでしょうか。

また、ママやパパが食について知識を深めたいときには、下記を参考にしてくださいね。

※表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう