卒乳・断乳の時期はいつから?先輩ママの体験アンケート大発表!

監修専門家 助産師 佐藤 裕子
佐藤 裕子 日本赤十字社助産師学校卒業後、大学病院総合周産期母子医療センターにて9年勤務。現在は神奈川県横浜市の助産院マタニティハウスSATOにて勤務しております。妊娠から出産、産後までトータルサポートのできる助... 監修記事一覧へ

赤ちゃんに歯が生えてきて、よちよち歩くようになると、そろそろ「乳児」も卒業の時期ですね。この頃になると、卒乳・断乳の時期について考え始めるママも多いのではないでしょうか。しかし、「どうすればスムーズな断乳ができるの?」「卒乳するタイミングはいつがいいの?」と、卒乳や断乳には悩みが尽きません。今回はそんなママの疑問に答えるべく、先輩ママたちの卒乳・断乳体験アンケートの結果から、卒乳・断乳の時期についてご説明します。

卒乳・断乳とは?

クエスチョン 女性 疑問 どちらか どっちか 選ぶ 選択

「そろそろおっぱいをやめた方がいいのかな…」そんな風に考えるようになると、「卒乳」や「断乳」という言葉が気になりだすママは多いかもしれませんね。

一般的に「卒乳」とは、赤ちゃんがだんだんおっぱいを欲しがらなくなり、自然と離れていくことをいいます。一方、ママの意志で赤ちゃんへの授乳をやめることを「断乳」と呼びます。

ただし、「おっぱいを飲む量が減ってきたし、そろそろ復職の時期だから…」というように、ママと赤ちゃん双方のタイミングや事情で授乳を続けていくかどうかを考える人もいるため、卒乳と断乳の間に明確な境界線を引くことは、難しくもあります。

卒乳・断乳を考えるのはいつ、どんなタイミング?

赤ちゃん 子供 おっぱい 授乳 母乳

卒乳・断乳をしようと考えるタイミングや、授乳をやめざるを得ない事情は様々ですよね。

「こそだてハック読者アンケート」の結果をみると、次のようなタイミングで卒乳・断乳を考えたママたちが多いようです(※)。

  • 離乳食を食べられるようになった
  • ママが仕事復帰することになった
  • おっぱいを飲む回数が減った
  • 下の子を妊娠した
  • あまり母乳が出なくなった
  • 乳首が痛かった
  • 体調不良などで薬を飲むことになった

卒乳・断乳を考えはじめる時期はいつから?

卒乳・断乳を考えはじめた年齢

卒乳・断乳のタイミングに正解はないとはいえ、「うちの子は早いのかな?遅いのかな?」とほかのママのことが気になる人もいるかもしれませんね。

上の円グラフは、前述のアンケートに回答したママが、卒乳・断乳を考えはじめたときの子供の年齢を示したものです(※)。0歳6〜11ヶ月と1歳0〜6ヶ月が、全体のおよそ80%を占めています。

離乳食が始まるのが生後5~6ヶ月頃、完了するのが1歳~1歳半頃なので、そのくらいの時期になると「そろそろ卒乳や断乳をしたほうがいいかな」と考えるママが多いのかもしれません。

卒乳・断乳の完了時期はいつ頃が多いの?

卒乳・断乳が完了した年齢

上の円グラフは、前述のアンケートの結果、先輩ママが卒乳・断乳を完了させた時期を示したものです(※)。

子供が1歳未満のときに卒乳・断乳を完了しているママは約20%、1歳台は約65%、2歳以降が約15%という結果でしたが、あくまで参考程度に捉えてくださいね。

ママの事情で早く卒乳・断乳する家庭もあれば、赤ちゃんの気持ちを優先してあげたいと、もっと遅くに卒乳・断乳を始めるママもいます。卒乳・断乳にどれくらい時間がかかるかも、人それぞれです。

ママや赤ちゃんの都合、気持ち、体調などをみながら、最適な時期を選んでくださいね。

卒乳・断乳はいつまでに完了させるべき?

子供 すねる

卒乳・断乳の時期は人それぞれだとはいえ、子供が2~3歳になっても卒乳できないと心配になってしまうママもいるかもしれませんね。それでは一体、卒乳・断乳はいつまでに完了させればいいのでしょうか?

結論から先に言うと、卒乳・断乳に完了させるべき時期というものはありません。子供が2〜3歳になっても、ママが負担に感じないのであれば、自然卒乳できるまでもう少しおっぱいをあげてみても良いかもしれません。

世界保健機関(WHO)は、子供が2歳を過ぎるまでは母乳を飲ませることを推奨しています(※1)。

また、厚生労働省が2007年に改訂した「授乳・離乳の支援ガイド」にも、授乳をやめる時期については明記されておらず、「離乳については(中略)子どもにはそれぞれ個性があるので、画一的な進め方にならないよう留意しなければならない」と書かれています(※2)。

なかなか卒乳・断乳ができないと、甘え癖がつくのではと心配になったり、周りの様子を見て焦ってしまったりすることもあるかもしれませんが、親子の大切な時間を、二人が満足するまで楽しむことも、とても素敵なことですよ。

断乳に失敗したら時期を変えてやり直せばいいの?

女性 考える 悩む 壁

せっかく計画を立てても様々な理由で断乳が失敗してしまうこともあります。3日間おっぱいをあげないというのが一般的な断乳方法ですが、断乳後に子供がどうしてもおっぱいを欲しがるときは、時期を改めてみましょう。

断乳はママにとっても子供にとっても大変なことなので、短い期間で何度も続けると上手くいかないことが多いようです。一度失敗した場合は、数ヶ月の期間をあけてから再挑戦してみてください。

卒乳・断乳の時期は人それぞれ

赤ちゃん 子供 ママ 不安 泣く 涙 散歩 外 抱っこ

卒乳や断乳をいつから始めて、いつまでに完了させるかは人それぞれです。特に問題なくスムーズに進む場合もあれば、失敗を繰り返す場合もあります。そのときの環境やママと子供の気持ち、体調にも左右されるので、子供の様子を見ながら焦らず取り組んでくださいね。

おっぱいの代わりにたっぷりスキンシップを取ったり、おっぱいを我慢したときには子供をうんと褒めてあげたりと、「卒乳・断乳」という成長のステップの一つを温かく応援してあげましょう。

また、無事に卒乳・断乳が完了したあとは、母乳外来や助産院でおっぱいマッサージなどの専門的なケアを受けることをおすすめします。

そうすることで、ママの乳腺炎を予防し、次の妊娠・出産時にスムーズに母乳育児を始めることができますよ。

また、乳がん検診の際に乳腺に母乳が溜まっていると、診察の妨げになることもあります。今後のママの健康のためにも、卒乳・断乳後のおっぱいケアを忘れないでくださいね。

※アンケート概要
実施期間:2017年6月30日~7月9日
調査対象:卒乳・断乳を完了した/検討している「こそだてハック」読者
有効回答数:207件(うち卒乳・断乳を完了したママは169名)
収集方法:Webアンケート

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう