妊娠中の仕事はいつまで?8・9ヶ月の後期に働く注意点は?

妊娠中も働いている妊婦さんは、妊娠後期に入ると、いつまで仕事ができるのだろうか、大きいお腹で今まで通り働けるのだろうかと不安になることもありますよね。体調が安定していれば、妊娠8ヶ月や9ヶ月に入っても仕事を続けることができますが、くれぐれもママの体とお腹の中の赤ちゃんを優先するようにしましょう。今回は、妊婦はいつまで仕事ができるのか、妊娠後期に仕事を続けるときの注意点についてまとめました。

妊娠中はいつまで仕事ができるの?

妊婦 仕事 大変 妊娠中 作業 業務

妊婦さんがいつまで仕事を続けていいのかについては、医学的な決まりはありません。妊娠の経過が順調であれば、出産直前まで働くことも可能です。

法律上では、出産予定日の6週間前(多胎妊娠は産前の14週間前)から産前休業を取ることができます(※1)。ただし、産前休業は、必ず取らなくてはいけないわけではありません。リスクを考えるとおすすめすることはできませんが、自分で希望して会社も承認すれば、産前休業を取らずに働き続けることもできます。

妊娠後期に仕事をするときのポイントは?

妊婦 仕事 パソコン

妊娠初期はつわりに悩まされる人が多いものの、安定期(妊娠16週~)に入ると体調も少しずつよくなり、妊娠前のように仕事をこなすことができる人もいます。

しかし妊娠後期に入ると、お腹が大きくなって思うように動けなくなったり、お腹が張りやすくなったりするため、電車での移動や仕事中にずっと座っていることがつらくなってきます。

それまでの妊娠の経過が順調だったとしても、妊娠後期は、ママの体とお腹の中の赤ちゃんのことを最優先にするようにしましょう。

妊娠後期に入ったら、産休や育休に向けた準備も始めてくださいね。いつから産休を取るのか、産休・育休中の業務体制の確認、職場復帰する予定の時期といったことを、上司や同僚に伝えて、共有しておくことが大切です。

妊娠後期は立ち仕事をしてもいいの?

女性 記号 疑問 クエスチョン

立ち仕事は、お腹が大きい妊婦さんには負担がかかってしまいます。体調や仕事内容にもよりますが、妊娠後期に立ち仕事を続けると、お腹が張りやすくなったり、腰が痛くなったりすることも。

できれば疲労を感じる前に、デスクワークをさせてもらうか、早めの産休を願い出るようにしましょう。

妊娠8・9ヶ月に仕事を続ける上での注意点は?

記号 女性 ダメ ストップ

仕事をいつまで続けるかは、あくまでも妊婦さんの体調とお腹の赤ちゃんを優先して考えてください。妊娠後期に入って、夕方にお腹が張るようになったら、仕事の負担が大きい可能性があります。

自分の体調をみながら仕事を進め、少しでも疲労感があれば横になって休む、少し早めに退社するといった対応が必要です。妊娠後期に仕事をするときは、下記のポイントに気をつけてくださいね。

通勤ラッシュの時間帯を避ける

通勤時間帯の電車は込み合うので、大きくなったお腹を抱えて乗るのは大変ですし、体調が悪くなる恐れもあります。

できれば、職場に相談して時差出勤をするか、車内が込まない早めの時間帯に出て、通勤ラッシュを避けるようにしましょう。

ハイヒールは履かない

お腹が大きくなってくると足元が見えにくくなったり転びやすくなったりします。ビジネススタイルでハイヒールを履かなければと考える人もいるかもしれませんが、転倒の危険があるでやめましょう。ヒールが低くて、転びにくい靴で通勤するようにしてくださいね。

室内の冷房で体を冷やさない

体が冷えると、お腹の張りやむくみを引き起こしやすくなります。夏場にオフィスの冷房が強いと体が冷えてしまうので、カーディガンやひざ掛けを用意して、冷えから体を守る工夫をしましょう。

妊娠後期の仕事は無理をしないで

女性 仕事 上司

妊娠8〜9ヶ月に入ると働けるのもあと残りわずかだと思って、ついついオーバーワークになりがちです。無理をして働いて体調を崩してしまわないように、職場の同僚や上司にも協力してもらいながら、つらくなったときはすぐに休ませてもらうようにしましょう。

妊娠中の生活と仕事のバランスをうまく取りながら、残りのマタニティライフを楽しめるといいですね。

参考文献

※1 労働基準法 第65条1項

免責事項

最新情報をお届けします

あわせて読みたい