出産後の仕事復帰はいつから?職場に戻るときの注意点は?

今の時代は、出産してからも仕事を続け、育児と両立させている女性が多くなっていますよね。働く先輩ママたちは、最短だと出産後どれくらいの期間で仕事復帰しているのでしょうか。今回は、「出産後も安心して仕事を続けたい」と、考えているママに向けて、産後の復帰はいつからできるのか、職場に戻るときの注意点やコツについてご紹介します。

そもそも、産休・育休とは?

パソコン 哺乳瓶 仕事 育児 両立

日本には、仕事をしている女性が妊娠をしたときに、産前・産後に休むことができる「産前産後休業(産休)」と、「育児休業(育休)」という制度があります。

産休の場合は正規雇用に限らず、どのような雇用形態の人にも適用されますが、育休に関しては取得できる要件が決まっているなど、それぞれ条件が異なります。

以下に、産休・育休の期間をはじめとした主な概要と、育休を取得できる要件についてまとめました(※1,2,3)。

産前産後休業(産休)

取得できる期間

出産予定日の6週間前(双子以上は14週間前)から、産後は出産翌日から8週間までの期間内であれば休むことができます。

休業中の給与について

産休中は給与が支払われません。代わりに、出産予定日の42日前から出産日後56日までの期間、欠勤1日につき賃金の3分の2相当が、健康保険から「出産手当金」として支給されます。

なお、この間は、社会保険料の支払いが免除されます。

取得条件

女性であれば誰でも取得することができます。

育児休業(育休)

取得できる期間

女性の場合は産後休業の終了後から子供が1歳になる前日までの期間に取得できます。

ただし、ママ・パパともに育児休業を取得する場合は子供が1歳2ヶ月になる前日まで、期間中にメインで子育てをする家族が病気になったり、保育園などの預け先に空きがなかったりした場合は、最長で2歳になる前日まで延長が可能です。

休業中の給与について

産休中と同じく、育休中は給与が支払われません。代わりに、雇用保険に加入している場合、休業開始時の賃金の67%を6ヶ月間、それ以降は50%を「育児休業給付金」として受け取ることができます。

この間は、産休同様、社会保険料が免除されます。

取得条件

育児休業は産休と違い、取得するためにはいくつかの条件を満たす必要があります。以下に、その条件の一部をご紹介します。実際に取得する場合は、勤務先の担当窓口などで確認しましょう。

● 育休申請時点で、過去1年以上継続して雇用されていること
● 1週間に3日以上勤務していること

産後の仕事復帰は最長・最短でどれくらい?

カレンダー 日付 期間

産後、仕事復帰するまでの最長・最短の期間は以下の通りです(※1,2)。

● 最長:特別な理由がない限りは産後1年、要件次第では産後2年
● 最短:通常は産後8週間、医師が認めた場合に限り産後6週間

ただし、所属機関によっては、独自の育休制度を設けているところがあります。例えば、国家公務員の場合は、育児休業を最長3年間取得することができるようになっています(※4)。

現在では、多くの企業が「出産から1年」という設定をしていますが、なかには、保育園に入園しやすいように「子供が1歳になる年の3月末日まで」と設定している会社もありますよ。

このように、育休期間は在籍している会社によって制度が異なる場合がありますが、一方で、育児休業給付金は基本的には1年、最長でも2年までしか支給されません(※3)。

自身の職場の育休制度とともに、給付金の期間も考慮しながら復帰時期を決めましょう。

産後に仕事復帰するときのコツや注意点は?

ママ 赤ちゃん 仕事 復帰 職場 育児 両立

産後の職場復帰を想像すると、「すぐに保育園から呼び出しがあるかも…」「出産前のように働けるかな…」と不安でいっぱいになりますよね。

そこで、ここでは、スムーズに職場復帰できるためのコツや注意点をご紹介します。

復帰したときの時間の使い方をイメージする

今まで育児と家事だけで過ごしてきたところに仕事が入り込んでくるので、1日の時間の使い方をよく考えておきましょう。初めは思うように進まず、バタバタと忙しいのが当たり前です。徐々に調整するつもりで、ベースとなる時間配分を決めておくのがおすすめです。

スケジュールの管理方法を見直す

自分の仕事とプライベートのスケジュールに加え、赤ちゃんの予防接種や保育園の行事なども管理する必要が出てきます。事前にわかる予定は携帯や手帳で管理し、早めに仕事の調整をしておきましょう。携帯のアラームを使って、予定日よりも前に通知するのもおすすめですよ。

家事の分担について家族と話し合っておく

仕事に復帰すると、ママだけで家事をこなすのは大変です。パパと復帰後の家事分担についてよく相談しておきましょう。まず、分担の必要性を理解してもらうことも大切です。

朝のゴミ捨てや洗いもの、赤ちゃんのお風呂当番、料理など、パパには得意なものをやってもらうと、毎日が楽になりますよ。

保育園の送迎、子供が病気のときの対応を決める

保育園などの預け先への送迎や緊急時のお迎えのために、お互いの出退勤時間や勤務地に合わせて対応方法を話し合っておきましょう。

どちらも仕事で抜けられないときは、地域のファミリーサポートやベビーシッター、病児保育にお願いをする必要があります。実家が近ければ、両親や義両親にお願いするのも一つの方法です。

職場への挨拶を考えておく

事前に時間をもらえる場合は、出勤日前に直接の上司に挨拶に行き、復帰後の働き方などについて話を聞いておくのも良いですね。

また、復帰当日は、社員の前で挨拶することもあるので、話す内容を考えておきましょう。直接挨拶できない場合は、メールで復帰の旨と、改めて挨拶に伺うことを記載し、折を見て挨拶に行くといいでしょう。

職場の友人や知人から職場の情報収集をしておく

仕事から離れている間に、職場の中で動きがあることもありますよね。仕事のこと、人事のことなど分かる人から情報を得ておけば、復帰したあとも対応しやすくなりますよ。

産後に仕事復帰するときは早めに準備しよう

ママ友 お茶 ランチ

仕事に復帰する時期は、家庭の事情や価値観、仕事内容、会社の規定のほか、保育園の入園時期など、様々な理由で異なります。産休や育休はママだけの問題ではないので、家族でよく話し合いましょう。

また、復帰希望時期が決まったとしても、預け先がなかなか決まらないのが昨今の事情です。出産して落ち着いたら、職場や近所の働く先輩ママたち、自治体の入園担当者から、たくさん情報収集しておきましょう。

いざ復帰となったときにスムーズに進められるよう、早めに準備しておくのがコツですよ。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう