切迫流産でも仕事はできる?仕事復帰のタイミングは?

切迫流産は流産の一歩手前の状態なので、妊娠を維持するためには「安静」にしておく必要があります。それでは、妊娠中も仕事を続けていた妊婦さんが安静にしなければならない場合、どのように対応すれば良いのでしょうか?今回は切迫流産と診断されたときに仕事は休んだ方がいいのか、休んだ後の仕事復帰のタイミングはどうすればいいのかなどをご紹介します。

切迫流産で安静にしなければいけないのはなぜ?

妊婦 リラックス 自宅 冬

切迫流産は、「流産の恐れが高くなっているが、妊娠を継続できる状態」です。切迫流産と診断されても、医師の指示通りに過ごすことで、出産できたというママは多くいます。

切迫流産を根本的に治療できる方法はなく、母体に余計な負担をかけないようにしながら生活をし、症状によっては子宮の収縮を抑える薬を点滴で打つなどして様子を見ます。そのため、切迫流産になると日常生活でも無理をしないように、「安静」にしなければならないのです。

切迫流産でも仕事は続けられる?

妊婦 仕事 職場 デスク 妊娠中 ビジネス

妊娠中も仕事を続けていた人は、切迫流産と診断され、安静にしなければいけないと急に言われても「仕事はどうしたらいいの…?」と心配になるかと思います。

産休に向けて少しずつ引継ぎの準備などを考えるなかで、急に休まなければならないのは本意ではないかもしれません。しかし、切迫流産と診断された場合、医師に診断書を書いてもらい、それを会社に提出して休職するのが基本です。

働きながら安静にすることは、どんな仕事であれ難しいものです。通勤だけでも体への負担はあります。症状が軽度であれば、医師の許可を得て仕事を続けることはできますが、流産のリスクを高める恐れがあるので、慎重に判断をしてください。

医師から許可が出るまでは仕事を休んで、安静にするようにしましょう。医師が強制的に仕事を止めさせることはできませんが、仕事を続けることで流産のリスクを高めてしまわないように「休んだ方がいい」と言われることが多いですよ。

切迫流産になったら仕事は辞めるべき?

記号 疑問 クエスチョン 女性

切迫流産を理由に急に仕事を休むことになったら、退職したほうがいいのか、あるいは解雇されるのではないかと心配する人もいることでしょう。

しかし、男女雇用機会均等法で妊娠による解雇・退職強要は禁止されているので、切迫流産で休職しなければならなくなったからといって、それが退職しなければならない正当な理由になることはありません。

切迫流産での休職について会社との話し合いがうまく進まないときは、住んでいる地域の労働相談情報センターに相談してみると、交渉の糸口が見つかるかもしれません。

切迫流産になったら仕事復帰はいつできる?

グッズ カレンダー 聴診器 診察

切迫流産で仕事を休んだ場合、どのタイミングで仕事復帰できるかは症状によって異なります。基本的に、仕事復帰は自己判断ではなく、医師の許可を得てからにしましょう。

ただし、一度切迫流産になると、切迫流産の症状として出血や腹痛が何度か起きることがあり、そのたびに医師の指導のもと安全な状態になるまで休まなければいけません。また、症状によっては、出産まで入院しなければいけないこともあります。

復帰時は、業務量を軽減してもらうことが望ましく、可能であれば時短勤務をさせてもらいましょう。切迫流産で休んでいたからといって、これまで迷惑をかけた分を取り戻そうと頑張ってしまうのは控えてください。

上司や同僚の理解・協力を得て、無理せず働くようにしましょう。

切迫流産になったら、仕事以外で気をつけるべきことは?

食事 妊婦 夫婦 フルーツ 笑顔 家族 妊娠

切迫流産になり、自宅安静を医師から指示されたら、仕事以外にも家事やお風呂について気をつけるべきことがあります。

料理や掃除など立って行う家事は、母体に負担をかけてしまうので、できるだけ旦那さんや両親にやってもらうようにしましょう。どうしても自分でしなければいけないときは、スーパーのお惣菜やレトルト食品を活用したり、掃除頻度を落としたりして、適度に手抜きをすることが大切です。

また、浴槽に浸かって入浴することも母体に負担をかけてしまうので、お風呂はシャワーだけで済ませるようにしましょう。

切迫流産になったら仕事で無理は禁物

妊婦 笑顔 リラックス ストレッチ 気持ちいい

万が一のことを考えて、切迫流産になったら、基本的には休職することを考えてみてください。しかし、場合によっては、切迫流産中でも仕事を続けなければいけない人もいるかもしれません。

そうなったときは、仕事で無理しないようにしてください。仕事中にお腹の張りや痛み、出血があった場合は、まずは横になって休ませてもらいましょう。そのうえで早めに病院を受診してください。可能であれば、在宅勤務を希望することも一つの方法です。

働く妊婦さんにとって、切迫流産は悩みの種になることが多いかと思いますが、元気な赤ちゃんを出産することを優先して日々行動するようにしてくださいね。

免責事項

最新情報をお届けします

あわせて読みたい