【妊娠12週の壁】とは?流産の確率と関係があるの?

監修医師 産婦人科医 藤東 淳也
藤東 淳也 日本産科婦人科学会専門医、婦人科腫瘍専門医、細胞診専門医、がん治療認定医、日本がん治療認定医機構暫定教育医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医、日本内視鏡外科学会技術認定医で、現在は藤東クリニック院長... 監修記事一覧へ

「妊娠12週の壁」という言葉をSNSやインターネットで見かけ、言葉の印象から不安を感じている妊婦さんもいるかもしれません。

今回は、「妊娠12週の壁」とはどんなことを指しているのか、12週頃の流産の確率と原因なども含めてお伝えします。

妊娠12週の赤ちゃんとママの状態は?

日本人 エコー検査 医師

「妊娠12週の壁」について知る前に、まず妊娠12週の赤ちゃんとママの状態を把握しておきましょう。

妊娠12週の赤ちゃんの状態

妊娠12週は、赤ちゃんの体の重要な器官が作られる「器官形成期」を過ぎ、消化器がほとんど完成する時期です。

またエコー検査では、赤ちゃんが口をあけてあくびをしているような様子やおしっこをする様子を確認できたり、手の骨が映るようになったりします。

妊婦健診のたびに様々な数値や動きが見られ、赤ちゃんの成長がますます実感できるようになります。

妊娠12週のママの状態

妊娠12週には子宮が手の拳より大きくなり、お腹のふくらみが少し目立ってきます。これまで着ていた服がきついと感じ始める時期です。

また、一般的にはつわりのピークを過ぎ症状が治まりはじめます。ただしつわりが治まる時期は個人差が大きいので、妊娠12週を過ぎてもつわりが続く人や、一度治まってから症状が戻る人も少なくありません。

「妊娠12週の壁」とは?流産と関係がある?

妊娠12週

「妊娠12週の壁」は、この時期の流産の確率と関係しています。

流産は、妊娠12週未満を「早期流産」、12週以降22週未満を「後期流産」に分けられ、流産の確率が高いといわれているのが「早期流産」です。

妊娠12週を越えると流産の確率がぐっと低くなることから、妊娠12週に何事もなく乗り越えられるかどうかが関門となり、「妊娠12週の壁」という言葉で妊婦さんの間に広がったようです。

「妊娠12週の壁」はSNSやインターネットから広がった言葉で、医学的な用語ではありません。

妊娠12週頃の流産の確率や原因は?

オリジナル 日本人 妊婦 エコー

流産とは、妊娠22週未満で妊娠が継続できなくなることを指します。何らかの原因で妊娠の継続が困難になり胎児が育たなくなってしまった状態で、すべての妊娠のうち8〜15%で起こるといわれています(※1)。

それでは、妊娠12週頃の流産の確率は実際どれくらいなのでしょうか。ここでは、妊娠12週頃の流産の確率とその原因についてご紹介します。

妊娠12週を越えると流産の確率が下がるの?

流産の妊娠週数別での内訳は、妊娠5~7週が22~44%、8~12週が34~48%、 13~16週が6~9%といわれています(※1)。

12週未満の流産である「早期流産」が約8割以上を占めているのに対して、12週以降22週未満の「後期流産」の確率はかなり低くなることがわかります。

妊娠12週頃の流産の原因は?

妊娠12週未満の早期流産の主な原因は、胎児の染色体の異常によるものがほとんどです(※2)。

胎児の染色体異常は妊娠した時点で決まっているため、「運動のしすぎ」「体を動かしすぎた」などが原因で流産することは、ほぼないとされています。

妊娠12週以降の流産リスクを下げる方法はある?

日本人 女性 医師 診察 病院

染色体異常が原因であることが多い早期流産に対し、後期流産は母体側の異常によって起こることが多いとされています(※1)。

主に、子宮筋腫、子宮奇形、絨毛膜羊膜炎、子宮頸管無力症、卵巣機能異常、感染症、過度のストレスなどが考えられ、以下のようにある程度の対策をたてることができます。

● 子宮筋腫の場合:薬を服用したり、漢方などを使って腫瘍が大きくならないように気をつけたりできる
● 絨毛膜羊膜炎の場合:規則正しい生活をして免疫力を保つことが予防になる
● 子宮頸管無力症の場合:定期的な妊婦健診を受診すれば早期発見につながる

ただし、対策をしたからといって100%予防できるとは言い切れません。日頃から無理をせず、体調に異変を感じたらすぐに受診しましょう。

詳細は以下の記事にまとめているので、あわせて参考にしてください。

今できることをして、心身ともに健康に過ごそう

妊婦 健康 食事 生活
「妊娠12週の壁」という言葉をSNSやインターネットで見かけたり調べたりしていると、不安になってしまうかもしれません。しかし、調べすぎて過剰に心配することはかえってストレスになり、妊婦さんの心身にとってよくありません。

引き続きリスクがあることは意識しながら、心身ともに健康な生活を心がけましょう。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう