赤ちゃんが寄り目や白目になる原因は?新生児も白目をむく?

監修医師 小児科 武井 智昭
武井 智昭 日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担... 監修記事一覧へ

ふとした瞬間に赤ちゃんが寄り目や白目になっていて、驚いたことはありませんか?また、赤ちゃんの白目の色が青かったり、黄色かったりすることもあります。今回は赤ちゃんがなぜ寄り目や白目になるのか、白目の部分が青色・黄色になるのかなどについてご紹介します。

赤ちゃんの寄り目の原因は?新生児もなる?

赤ちゃん 寄り目

赤ちゃんが寄り目になっていると、「何か問題があるのかな…」と心配になってしまうかもしれません。しかし、赤ちゃんが寄り目だと必ず問題があるというわけではありません。赤ちゃんの寄り目の原因としては、以下のようなものが考えられます。

両目できちんと見ることができない

生まれたての赤ちゃんの視力は0.01程度であり、脳の発達がまだ未熟であることから、ひとつのモノを両目を使って見るということが上手ではありません。

そのため、モノを見ようとしているときに寄り目に見えることがあるかもしれませんが、成長すれば自然と治まっていくことがほとんどです。

仮性内斜視

仮性内斜視とは、顔のパーツが成長途中のために、一見斜視のように見える状態のことです。

赤ちゃんはまだ鼻が低く、目頭あたりの皮膚があまって、目の内側の白目が覆われてしまうことがあります。その結果、黒目が内側に寄っているように見えるのです。これが仮性内斜視です。

仮性内斜視かどうか見分けるには、赤ちゃんの鼻の付け根を軽くつまむという方法があります。つまんで目の内側の白目が見えるようなら、仮性内斜視の可能性があります。

仮性内斜視は、大きくなるにつれて自然と治まっていくので、基本的に治療の必要はありません。

赤ちゃんの寄り目で病院に行くべき場合もある?

先生 医師 病院 はてな ?

寄り目の原因が、仮性内斜視や両目で見る能力の低さではなく、本当の斜視であることもあります。赤ちゃんの斜視は放っておくと、眼鏡やコンタクトを使っても視力が上がらない弱視になる可能性があります。

万が一のときに早期治療できるように、赤ちゃんの視線がおかしいと感じた場合は、小児科か眼科で診てもらうようにしましょう。乳児健診の際に、医師に確認してもらうこともできますよ。

赤ちゃんが白目をむく原因は?新生児もなるの?

赤ちゃん 目 アップ 睡眠 寝る 指しゃぶり 親指

寝ている赤ちゃんが白目になるというのはよく見られること。新生児の頃に、ミルクを飲みながら白目をむくこともあります。ただし他に症状が出ていなければ、特に心配することはありません。

赤ちゃんは大人に比べて、まぶたの皮膚も薄く短く、またそれを支える筋肉も弱い状態です。成長につれて皮膚も伸び筋肉もつきますが、赤ちゃんはまぶたを閉じた状態に保てず、眼球をしっかり覆えるほどの長さもないため、白目になりやすいのです。

ただし、白目で首や腕をカクカク曲げる場合はけいれんを起こしている恐れがあるので、注意が必要です。発熱している場合は、熱性けいれんが疑われます。

赤ちゃんがけいれんを起こしている可能性があるときは、慌てず赤ちゃんを平らなところに移動して、けいれんが治まるまで待ちましょう。そのときに大声で名前を叫んだり、体を揺さぶったりすると、けいれんが悪化してしまう恐れがあります。

赤ちゃんが初めてけいれんを起こした場合は、必ず病院を受診するようにしてください。

赤ちゃんの白目の色が黄色い・青い!原因と対処法は?

赤ちゃん 青色 

赤ちゃんの白目の色がなんだかおかしいと感じると、心配になるかもしれません。特に普段見慣れない青色や黄色になっていると、不安が募るかもしれませんが、まずは症状をしっかり観察し、落ち着いて対処するように心がけてください。

青色の場合

人の眼球の一番外側には強膜と呼ばれる膜があり、ここがいわゆる白目と呼ばれる部分です。赤ちゃんはこの強膜が大人に比べて薄いため、内側にあるブドウ膜が透けて見えて、青みがかったように見えることがあります。

大人になると強膜は厚くなっていくので、白目の青みは自然と消えていくのが一般的です。ただし、先天的な異常によって強膜が薄く、白目が青く見えることもあるので、気になる場合は乳児健診の際などに、医師に診てもらうようにしましょう。

黄色の場合

赤ちゃんの白目が黄色い場合、新生児黄疸の可能性が考えられます。黄疸とは、体内でビリルビンという物質が増えて起こる現象のことで、新生児がかかる黄疸を「新生児黄疸」といいます。

新生児黄疸では生後2~3日目に肌や白目が黄色くなり、その後1~2週間くらいで少しずつ消えていきます。また、母乳育児をしており、生後1ヶ月を過ぎても黄疸の症状が消えない場合は、母乳性黄疸の可能性があります(※1)。

新生児黄疸も母乳性黄疸も症状が軽ければ自然と治まっていくのでそれほど心配する必要はありませんが、敗血症などの感染症や先天性胆道閉鎖症などの病的な理由で黄疸が起きることもあります。この場合には他にも顔色が悪いなどの症状があります。

赤ちゃんの寄り目や白目は落ち着いて対処を

子供 赤ちゃん ママ プレゼント キス

前述の通り、赤ちゃんは成長の過程で寄り目や白目になったり、白目の色が青色・黄色になったりすることがあります。赤ちゃんの目がなんだかおかしいと感じても、過剰に心配する必要はありません。

ただし、病気の可能性もあるので、赤ちゃんの異変に落ち着いて対処できるように、普段から赤ちゃんの体について気を配り、不安があれば病院に相談してください。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう