赤ちゃんの目が見える時期はいつから?新生児の視力は?

記事監修 小児科 武井 智昭
日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担... 続きを読む

生まれてすぐの赤ちゃんは、視覚がまだ未発達で「あまり見えていない」という話はよく聞きますよね。生後間もない赤ちゃんは一体どんな風に見えていて、いつ頃からはっきり見え始めるのでしょうか?今回は、赤ちゃんの月齢別の視力や、目が見える時期はいつからなのか、新生児からの視力の成長過程についてまとめました。

赤ちゃんの目が見える時期はいつから?

赤ちゃん 目 笑顔

新生児は「目が見えていない」といわれることがありますが、まったく見えていないわけではありません。視力は0.01~0.02ほどで、「まぶしい」「暗い」といった明暗を認識することができます。

色は黒・白・グレーのみで、ものや色、輪郭を認識するほどではなく、両目の焦点を定める能力も備わっていないことから、目的もなく眼球を動かしていることがほとんど。

徐々に、1点を見つめる「固視」をし始めて、ママやパパの髪の生え際あたりを注目することが多くなります。これは、黒い髪が新生児にとっては認識しやすいためだといわれています。

赤ちゃんの視力はどれくらい?いつからはっきり見えるようになる?

女性 記号 疑問 クエスチョン

赤ちゃんの視力は、成長するごとに少しずつ色んなものを認識できるようになってきます。新生児期は前述の通り明暗だけは認識できますが、はっきりと「何かを認識できる」という意味では、生後3~4ヶ月頃が目安です。

ここでは、1歳までの赤ちゃんの視力や視覚がどのように発達していくのか、月齢別にご紹介します。

生後1・2ヶ月頃の視力・視覚

生後1・2ヶ月頃の視力は0.01~0.02くらいで、20~50cmくらいのものをじっとみつめるようになります。顔を近づけたり、抱っこでママやパパの顔をしっかり見せてあげたりしましょう。

生後2ヶ月くらいになってくると、徐々にものや色を認識できるようになっていきますよ。目の前でゆっくりおもちゃを動かすと目で追う「追視」のような動きをするようになります。

生後3・4・5ヶ月頃の視力・視覚

生後3・4・5ヶ月頃の視力は0.04~0.08で、ママやパパの口元が笑っているかどうかを判別できるようになりますよ。はっきりと「追視」がはじまるのはこの頃です。

生後3ヶ月頃になると、両目を連動させて焦点を定めることができるようになり、人間の形がぼんやりと分かるようになります。生後4~5ヶ月頃になると、奥行きが少しずつ分かるようになり、目と手が連動して発達するようになります。

色は「赤」を最初に認識できるようになり、そこから徐々に他の色が分かるようになっていきます。はっきりとした色や形のおもちゃは認識しやすいので、赤ちゃんの反応しやすいおもちゃでいっぱい遊んで刺激を与えてあげましょう。

生後6ヶ月頃の視力・視覚

生後6ヶ月頃の視力は0.1ほどで、奥行や距離感がつかめるようになってきます。これまでは声や気配、においで判断していた周囲の人たちも、顔を覚えてしっかりと区別をつけることができるようになります。ママやパパと他の人の区別がつくので、この時期から人見知りがはじまりますよ。

お座りもできるようになり、寝ていた頃と景色も変わることから視野が広がり、様々なものに興味を持ちはじめます。

1歳頃からの視力・視覚

1歳頃の視力は0.2~0.25程度で、パンくずなど細かいものまで見えるようになります。上下左右や奥行など、空間を立体で把握できるようになることで、行動の幅も広がっていきますよ。また、ボディイメージ(身体像)もしっかりとついてきます。

1歳以降、視力は急速に発達し、3歳頃にかけて視力が1.0ほどになっていきます。脳への刺激は視力の発達に影響を与えるので、子供の興味のあるものにたくさん触れさせてあげましょう。

赤ちゃんの視力の発達で気をつけることは?

目 眼球 虫眼鏡 アップ

赤ちゃんの視力は3歳頃まで発達し続け、 6~7歳くらいで安定するといわれています。ここでは、成長過程で気をつけることや、成長中に気にしておきたい変化などをまとめたので、参考にしてみてくださいね。

成長過程で気をつけること

赤ちゃんをあやすためにスマホやDVDなどで長時間映像を見せたり、暗闇でテレビを見せたりしないよう気をつけましょう。日中や明るい部屋でテレビをつけていても、異常なほど長時間でなければさほど影響はないといわれていますが、近年は裸眼の視力が1.0未満の子供が増えつつあります。

テレビゲームやパソコンを利用するときに、眼球や目の周りの筋肉(毛様体筋)を駆使することで、視力が低下しやすくなることが要因のひとつと考えられています。今後の成長についても事前に知っておくことで、予防することができますよ。

病気の可能性があるもの

赤ちゃんの成長過程で、斜視や弱視といった病気の可能性があることもあります。片方の目だけが目標物と違う方を向いている場合や、光が黒目に入らない場合などは斜視の可能性があり、1歳半頃にみられる場合は手術が必要なこともあります。

赤ちゃんが異常に近づいてものを見ることが多い場合や、片目を隠して目の前でおもちゃを見せたときに反応が違う場合には弱視の可能性があります。

いずれも乳児健診でチェックしてもらえるので早期発見されやすいですが、普段の生活で気になる点があれば相談してみましょう。

赤ちゃんの視力に合わせてたくさんのものを見せてあげよう

親子 赤ちゃん お出かけ 外 外出 庭 公園

赤ちゃんの目が少しずつ見えるようになると、ぼんやりとした世界に色がつき始めます。景色や人の顔などをたくさんみることで、赤ちゃんの中の世界がどんどん広がっていきます。感性や情緒にも良い影響を与えてくれるので、赤ちゃんの成長に合わせて様々なものをみせてあげましょう。

視覚だけでなく、聴覚や触覚など五感を使って脳を刺激すると、赤ちゃんはどんどん成長していきます。声やにおい、感触でもママやパパを認識していくので、まだはっきりと見えないうちでも、色々なものに触れて、ママやパパがたくさん話しかけてあげてくださいね。

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう