赤ちゃんの耳垢について教えて!取り方は?茶色・黄色・黒い原因は?

赤ちゃんから黒や茶色、黄色などの耳垢が出てくることがあります。普段見慣れない耳垢が出てくるとギョッとするかもしれませんが、赤ちゃんの耳垢ではよくあることです。そこで今回は、赤ちゃんの耳垢の取り方や、黄色・茶色・黒い耳垢の原因やその対処法、注意が必要な耳垢などについてご紹介します。

赤ちゃんの耳垢はかたまりで大きい?新生児も出るの?

赤ちゃん6か月 耳 中耳炎

そもそも耳垢とは、耳の中の皮脂が古くなって剥がれ落ち、外部から入ってくるホコリなどが合わさってできたものです。新陳代謝がいい赤ちゃんは耳垢がたまりやすく、自分で耳垢を掃除できるわけではないので、耳掃除したときに大きいかたまりの耳垢が取れることがよくあります。

個人差はありますが、耳垢は奥から自然に入り口付近に移動する仕組みになっているので、耳垢を放っておいても耳がふさがるようなことはありません(※1)。また、耳垢は体質的に、カサカサに乾いたタイプと湿ったタイプに分かれますが、赤ちゃんは湿ったタイプの耳垢が多いようです。

乾いた耳垢のママやパパからすると、「病気なのでは」と思うかもしれませんが、湿っていても正常な耳垢なので心配しないでください。

なお、耳垢は新生児でもみられる場合があります。

赤ちゃんの耳垢は茶色い?黄色い?黒い?

理由 なぜ 疑問 why

大人の耳垢と違って、赤ちゃんの耳垢は見たことのないような色のものが出てくる場合があります。基本的にはどれも問題のない耳垢なので安心してくださいね。

黄色や茶色の耳垢

一般的に耳垢は黄色で、新陳代謝のよい赤ちゃんは茶色に見える場合もあるようです。どちらも正常な耳垢なので心配する必要はないとされています。

黒い耳垢

生まれて初めて赤ちゃんの耳を掃除したときには、黒い耳垢が出る可能性があります。これは、お腹の中にいたときの羊水が耳に残っていて固まったものだと考えられます。

放っておいても自然に外に出てくるので心配いりませんよ。耳の中をのぞいて黒い耳垢が気になる場合には、耳鼻科でとってもらいましょう。

赤ちゃんの耳垢取りは綿棒を使う?耳鼻科に行く?

赤ちゃん 新生児 耳 掃除 綿棒 耳掃除

赤ちゃんの耳を掃除するときは、耳の奥まで行う必要はありません。

耳垢は、外からのホコリやゴミの侵入を防ぐ役割があるとされていて、耳の奥の耳垢まで取ってしまうと、かえって耳を守れなくなってしまいます。赤ちゃんの耳垢を神経質になって、何度も取る必要はありませんよ。

赤ちゃんの耳掃除は、目に見える範囲の耳垢をガーゼなどの柔らかい布で拭く程度で十分です。綿棒を使う場合も入り口付近をなぞるくらいにしてください。

耳の奥まで綿棒を入れると、耳垢を奥まで押し込んでしまったり、粘膜を傷つけたりする危険があるのでやめましょう。自分でやるのが不安であれば、耳鼻科で耳垢を取ってもらうこともできますよ(※1)。

赤ちゃんの耳垢取りの頻度は?

グッズ カレンダー 予定

赤ちゃんの耳垢は、それほど神経質に取る必要はありませんが、綺麗には保ってあげたいところ。耳の周りを優しく拭いて清潔に保つことは赤ちゃんにとっても良いことなので、毎日の入浴時などにサッと拭いてあげるといいでしょう。

そのほかに、耳垢の量が多く詰まっているように見えるときには、耳鼻科で耳垢掃除をしてもらいましょう。耳鼻科での耳掃除は、基本的に異常を感じたときだけで構いません。数ヶ月に1回ほどで十分といわれています。

赤ちゃんの耳垢が臭いこともある?

赤ちゃん 臭い 鼻

赤ちゃんの耳垢で気になることの一つに、臭いもありますよね。

上で述べたように、赤ちゃんは新陳代謝が活発なため、耳の中で皮脂がたくさん分泌されます。さらに、横になっていることも多いので、涙やよだれ、ミルクなどが垂れて耳の中に入り込み、汚れやすくなっています。

そのため、耳垢が臭いと感じることがあるようです。

赤ちゃんの耳垢が黄色い液体だったら要注意?

注意

大きさや色、臭い、湿っているかどうかは特に問題ないといいましたが、赤ちゃんの耳垢が液体のようにぐじゅぐじゅした黄色い耳だれとして出てきている場合は要注意です。

こうした症状は風邪などが原因で中耳炎になったり、耳掃除のしすぎで外耳炎になったりしたときにみられることが多いので、まずは耳鼻科を受診しましょう(※2,3)。

赤ちゃんの耳にお風呂のお湯が入っても大丈夫?

赤ちゃん お風呂 新生児 乳児

お風呂のお湯が耳に入ってしまうと、赤ちゃんの耳は大丈夫か、心配になることもありますよね。

基本的に赤ちゃんは羊水の中で成長してきたため、多少耳の中にお湯が入ってしまっても影響はありません。逆に、入ったお湯を取ろうと綿棒などで耳の奥を掃除する方が、耳の中を傷つけてしまったり、耳に入ったお湯をさらに奥に押し込んでしまったりするため、避けた方が良いでしょう。

お風呂のお湯が耳に入ってしまったら、自然と耳から流れ出ることを待つようにしましょう。

赤ちゃんの耳垢には神経質にならないこと

新生児 赤ちゃん 女性 親子

赤ちゃんの耳の中はデリケート。ほんの少しの刺激でも簡単に傷がつく可能性があります。耳垢は自然に出てくるものなので、あまり神経質にならずに様子を見てあげてください。

普段からお風呂のときに目に見える範囲をよく絞ったガーゼで拭いてあげていれば問題ありません。もし赤ちゃんの耳垢で気になることがあったら、自己判断ではなく、きちんと耳鼻科の医師に診てもらうようにしてくださいね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう