赤ちゃんの斜視の原因・症状は?検査や手術は必要?内斜視は治る?

記事監修 小児科 武井 智昭
武井 智昭 日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担... 続きを読む

「赤ちゃんの視線がちょっとおかしいかも?」と感じたら、斜視の可能性を考えるかもしれません。しかし、赤ちゃんは顔が未発達で目と目の間に距離があるため、「仮性内斜視」になりやすく、本当の斜視と区別しにくいという特徴があります。それでは、どうやって仮性内斜視を見分けたらいいのでしょうか?今回は赤ちゃんの斜視の原因や症状、治療法についてご紹介します。

赤ちゃんの斜視の症状とは?

赤ちゃん まつげ 目 アップ 横顔 眼球 

斜視とは、光が当たっていても左右の視線の向きがずれて、別々の方向を向いている目の状態をいいます。

たとえば、片方の目はまっすぐ前を向いているのに、もう一方の目は内側に寄っている、あるいは外側に寄っているといった症状です。また、屋外に出たときにまぶしがったり、片目だけつむったりするのも、斜視の症状のひとつです(※1)。

赤ちゃんの斜視を治療せずに放っておくと、視力が正常に発達せず、眼鏡やコンタクトを使っても視力が上がらない弱視になることがあります。

黒目の位置がずれているので、見た目にも「視線がおかしい?」と違和感が生まれるので、異変を感じたら早めに病院を受診し、できるだけ早く早期治療を心がけることが大切です。

赤ちゃんの斜視の種類は?

クエスチョン 矢印 方向 疑問 はてな

斜視と一言にいっても、さまざまな種類があります。それぞれの斜視の特徴を知っておくと、状況の把握につながり、落ち着いて対処できるようになりますよ。

外斜視

片目がまっすぐ前を見ているときに、黒目が外側に寄っている状態です。

内斜視

片目がまっすぐ前を見ているときに、黒目が内側に寄っている状態です。物を見つめているときに現れるものを「調節性内斜視」と呼び、脳腫瘍や脳神経まひなどの病気によって起こる「非調節性内斜視」があります。

上斜視

片目がまっすぐ前を見ているときに、黒目が上側に寄っている状態です。

下斜視

片目がまっすぐ前を見ているときに、黒目が下側に寄っている状態です。

それぞれ、常に斜視になっている「恒常性斜視」と、時折に斜視になる「間歇性斜視(かんけつせいしゃし)」に分かれます。間歇性斜視の場合は、気づきにくいため発見が遅れることがあります。

赤ちゃんが斜視になる原因は?

赤ちゃん 乳幼児 目 こする かゆい

斜視の原因は遺伝、遠視、目を動かす筋肉や神経の異常、目や脳の病気などさまざまあるのですが、乳児から小児期にかけて見つかる斜視の多くが原因不明です(※1)。

また、赤ちゃんは顔のパーツが成長途中のために黒目が内側に寄っているように見え、斜視を疑ってしまうかもしれませんが、これは「仮性内斜視」と呼ばれるもので、内斜視ではありません。

仮性内斜視は、まぶたを開いて斜視かどうかを判断します。仮性内斜視であれば、成長とともに治まっていくため、基本的に治療が行われません。内斜視と仮性内斜視の違いを知っておき、それぞれに合わせた対処を行うことが大切です。

赤ちゃんの斜視を検査する方法は?

医師 医者 診断 診察 病院

赤ちゃんの寄り目は、まず仮性内斜視を疑ってください。仮性内斜視かどうかを調べるには、赤ちゃんの鼻を高くしてあげるイメージで目頭の辺りを軽くつまみます。

その状態で、目の内側の白目部分が見えるようなら、成長して鼻が高くなると寄り目には見えなくなるので、あまり心配する必要はありません(※2)。

しかし、仮性内斜視ではなく、本当の内斜視である可能性もあるので、子供の視線がおかしいと感じたら、小児科か眼科を受診して医師に検査してもらいましょう。月齢の低いうちは定期的に乳児健診があるので、そのときに確認しておくと安心ですよ。

斜視の検査は原因を調べるために、目を見るだけではなく、全身検査やMRI検査が行われることもあります。

赤ちゃんの斜視の治療法は?

めがね 本

赤ちゃんの斜視が遠視によって起こっている場合は、遠視用のめがねで矯正を試みます。めがねでも治らない場合は、手術を行うことがあります。

しかし、手術には麻酔などのリスクもあるので、医師が赤ちゃんの発育が手術を受けるのに不十分であると判断した場合は、赤ちゃんが大きくなるまで待たなければいけません。

年齢や症状によって治療法が異なるため、医師と相談してリスクなどを聞きながら、治療法を決める必要があります。

また、斜視が原因で弱視になりそうな場合は、視力がいい方の目をアイパッチという眼帯で覆い、もう片方の目の視力を上げる治療を行います。弱視になりにくいといわれている外斜視や上下斜視で、視力や外見に影響しないようであれば、手術を行わずに様子を見ることもあります。

成長途中の赤ちゃんの斜視は早期治療を

赤ちゃん 眼鏡 子供 目

斜視の治療方法は、その種類や年齢によっても異なります。矯正めがねをかければ治る場合もあれば、手術が必要な場合もあります。

ただし、斜視を放って置くと視力低下を招いてしまう恐れがあるため、子供のうちから早期に治療することが大切です。

できるだけ早く斜視の可能性に気づくことができるように、普段から赤ちゃんの目線に注意しながら、気になることがあれば医師に相談してください。

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう