赤ちゃんのまつげは長いの?新生児にまつげがない理由は?

監修医師 小児科 武井 智昭
武井 智昭 日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担... 監修記事一覧へ

赤ちゃんのかわいらしい寝顔をみているときに、ふとまつげの長さが気になったことはありませんか?生え方や生える時期には個人差があります。「赤ちゃんのまつげが長い」「まつげが生えていない」ということに疑問を感じるママやパパは多いようです。そこで今回は、赤ちゃんのまつげは実際に長いのか、新生児にまつげがないのはなぜなのか、逆さまつげがある場合の注意点などを含めご説明します。

そもそもまつげの役割とは?

まつげ 赤ちゃん 新生児 子供 睫毛 毛 顔

まつげは、空気中に漂っているゴミやホコリ、小さな異物が目の中に入るのを防ぐなど、目を守る役割があります。

上まつげは上に、下まつげは下に反っているのも、上や下から来る異物に対抗するためです。まつげに触れると反射的に目を閉じるのは、眼球に物がぶつからないようにするためのセンサーのような役割を果たしているからです。

また、風が直接目に触れないようにする役割もあります。強い風が吹いていても、ずっと目をつむっているわけにはいきませんよね。ゴミが直接入ってこないようにすると同時に、風を遮ったり、目を乾燥させないようにしたりすることも、まつげの役割のひとつです。

女性にとっては、お化粧をするときに「つけまつげ」をするように、女性らしい表情を演出する要素の1つとして見られることも多いですよね。

赤ちゃんのまつげに長い・短いはあるの?

メジャー 長さ

まつげの長さは個人差が大きく、赤ちゃんでもまつげが長い子もいれば短い子もいます。目を守るという機能は、まつげの長い・短いで左右されることはなく、どんな長さでも眼球を守る機能があります。

まつげの長さについて、二重や一重が関係するという説がありますが、遺伝や体質が影響していることがほとんどなので、二重や一重だからといって長い・短いが決まるわけではありません。

まつげを伸ばしたい、増やしたいという理由から「幼いうちからまぶたを刺激したり、まつげを引っ張ったりするといい」といわれることもありますが、医学的な根拠はありません。

赤ちゃんの肌はまだ敏感で、むやみにまぶたに触れるとバイ菌が入ってしまうこともあります。急に動いたことで指が目に入り、怪我をすることもあるので、あまりまぶたに触れないようにしましょう。

新生児にまつげがないのはなぜ?いつから伸びる?

why 疑問 なぜ

新生児でまつげが生えていないことにびっくりするママは多いですよね。しかし、新生児が全てそうとは限らず、生れてすぐからまつげが生えている赤ちゃんも珍しくありませんよ。

新生児期にまだまつげが生えていないのは、個人差や体質などもありますが、むくんでいることも要因として考えられます。実は生えているのに、短かったり、色素が薄くみえにくかったりすることもあります。

生後2~5ヶ月あたりで成長速度が落ち着き、むくみが取れると、急にぐんぐんとまつげが生えてきたというケースもあります。

また、乳幼児期にまつげがない・まつげが短いからといって、大きくなってもそのままかというと、そうとは限りません。成長するにつれてまつげが伸びることや、乳幼児期はまつげが長かったはずなのに、小学生になったら他の子よりも短くなっていることも。

まつげが伸びるかどうかについても個人差が大きいので一概には言えませんが、新生児期に短い・生えていないからといって過剰に心配する必要はありませんよ。

赤ちゃんが逆さまつげのときの注意点は?

病院 診察 治療 親子 医師

逆さまつげには、一部のまつげだけ内側に生える「睫毛乱生(しょうもうらんせい)」と、皮下脂肪が多いことが原因で下向きに生えてしまう「睫毛内反(しょうもうないはん)」があります。

特に赤ちゃんは顔やまぶたなどの筋肉が未発達なので、筋肉より脂肪が多く、「睫毛内反」になりやすいといわれていますよ。

逆さまつげは、本来上まつげが上に向かってカーブし、下まつげが下に向かってカーブしているものが、逆転している状態のこと。逆側にカーブするというよりは、上まつげや下まつげが、ほぼまっすぐ、逆向きに生えていることがほとんどです。

成長過程で自然に治まることも多いのですが、ひどくなると手術しなければならないこともあります。

赤ちゃんが、頻繁にまばたきして泣く回数が多かったり、いつも涙目でいたり、目やにがよくでる、目にまつげが浸っている様子が見られる、白目が赤いなどの状態が続く場合は、早めに病院を受診してください。

自己判断で逆さまつげを抜いてしまうと、痛みで恐怖心が生まれたり、そこから雑菌が入ることもあるので、十分注意しましょう。目やにがでる場合は、清潔なガーゼで拭き取ってあげてくださいね。

赤ちゃんのまつげは個性と捉えよう

赤ちゃん まつげ 目 アップ 横顔 眼球 

まつげの平均本数は、おおよそ片方で80~100本が目安ですが、長さに限らず、本数や太さなども人それぞれ異なります。長さや太さによっても表情は異なりますが、身長や体の大きさが異なるのと同じように、個性として捉えましょう。

赤ちゃんのまつげが長いといわれるのは、目や顔の大きさに対して、大人よりまつげが長く見えるという説もあります。成長するごとに短くなるというのも、顔とのバランスでそう見えているだけということもありますよ。

赤ちゃんは成長によって、様々な変化があります。誰かと比べたりせずに、成長する変化を楽しむようにしましょうね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう