離乳食はいつからいつまで?時期別の進め方やコツは?

赤ちゃんがお座りできるようになる頃、ますます行動も活発になり、エネルギーをたくさん必要とするようになります。その頃を迎えたら、おっぱいやミルク以外から栄養を摂る準備「離乳食」を始めても良いでしょう。大人の食事とはちょっと違う離乳食。いつからいつまで、どのように進めていけばいいのでしょうか。今回は、離乳食の時期や上手な進め方のコツについてご紹介します。

離乳食はいつから?始める目安は?

スケジュール いつから カレンダー

赤ちゃんが生後5~6ヶ月になったら離乳食を始めても良い頃です。離乳食を始めるのが早すぎるとアレルギーなどのリスクがあると提唱する専門家もいますが、一般的に生後6ヶ月前後にスタートさせる家庭が多いようです。

しかし、赤ちゃんの成長には個人差があります。下記に離乳食を始める目安をご紹介するので、これらの目安を参考にスタートしてみましょう。

首・腰が座っている

きちんと食卓に座ることができるのは、絶対条件。腰が座っていて、支えて座れるようになっていれば、食事の姿勢も整います。

スプーンを口に入れられる

スプーンを赤ちゃんの口にそっと入れてみて、舌で押し出さなければ、口にものが入ることへの抵抗や違和感がない証拠です。

生活リズムが整っている

授乳や睡眠などの生活リズムが整っていることも条件です。離乳食は時間を決めて進めていくので、まずは生活リズムを整えましょう。

大人の食事を欲しそうにしていたら

大人が食事をしている様子を見て、一緒に口をもぐもぐと動かしていたり、よだれを垂らしていたりすれば、赤ちゃんが食に興味を持ち始めた証拠です。なかには、大人の食事に手を伸ばす子も。

おっぱい・ミルクが足りていない

今までは足りていたはずの量でも、すぐにお腹が空いてしまい、泣いてしまう場合は、おっぱい・ミルクではもう満足できないのかもしれません。

赤ちゃんの体調が良い日に

初めてのことをする日は赤ちゃんの体調が良い日にしましょう。風邪をひいていたり、お腹を壊していたりするときは、無理せず開始日を延期しましょう。

ママの準備ができたら

慌てることのないように、進め方や注意点、作り方などを事前に把握しておきましょう。スタートさせたら、毎日離乳食作りが続きます。ママの気持ちも体も準備が整ってから始めましょう。

離乳食はいつまでに終わらせる?時期や上手な進め方は?

離乳食

離乳食は大きく分けて、初期・中期・後期という段階があります。

生後5~6ヶ月頃に初期を迎え、生後7~8ヶ月頃に中期、生後9~10ヶ月頃から後期を始めるのが一般的です。1歳を過ぎた頃から離乳食を終える準備を始め、1歳半頃までに終えることが多いようです。

離乳食が終わると、大人の食事と同じものを食べられるようになる前段階の完了期(幼児食)を迎えます。

次からは離乳食の上手な進め方を、時期別にご紹介していきます。

離乳食初期(生後5、6ヶ月~)の進め方とコツ

離乳食 ベビーフード 野菜

赤ちゃんが母乳・ミルク以外の食事をスタートさせる時期です。初期のうちは、食べさせることが目標というよりも「母乳やミルク(液体)ではない食事方法がある」ということを、赤ちゃんに教えてあげるくらいに考えておきましょう。

始める目安

始める目安は前述の通りです。赤ちゃんの機嫌や体調を見て開始しましょう。

進め方

まずは10倍粥を一週間続けます。その一週間が過ぎたら、野菜のペーストをプラスして、それを3日間続けます。野菜のペーストにも慣れた頃にタンパク質を追加しましょう。最初は豆腐、慣れてきたら白身魚などをあげてください。

回数

初期の段階では、午前中の1回だけで慣らしていきます。母乳・ミルクは今まで通りあげてください。最初は食べてくれなくても毎日続けることで少しずつ「ごはん」を覚えていくようになるので、焦らないでくださいね。

固さ

固さはドロドロ状に。ごはんは、米1:水10の割合の十倍粥をすり鉢で完全にすりつぶしたものから始めます。野菜は小さく切ってゆでたものをすりつぶし、どろどろにした状態のものを。キャベツのように繊維が多いものは裏ごしするなどの工夫も必要です。

離乳食中期(生後7、8ヶ月~)の進め方とコツ

離乳食

味気がなくどろどろとした見た目だった初期から少し段階が上がり、微量の醤油などで薄めの味付けをしてみましょう。「うまみ」が分かり、急に食に興味を持つ赤ちゃんもいます。しっかり食べてくれるようになる時期なので、離乳食作りも楽しくなってくるかもしれません。

始める目安

離乳食を始めて2ヶ月たったら中期に移行しましょう。食事というものに慣れ、食べ物を口に入れ、飲み込むことができるようになるのが合図です。

進め方

主食と副菜を組み合わせ、ごはんとおかずのバランスを教えていきましょう。片栗粉でとろみをつけると、押しつぶしたり飲み込んだりしやすくなります。見た目を美しくしたり、醤油などの調味料を少し足してあげたりすると味に新しい変化が起き、食が進むかもしれません。

回数

朝と夕食の2回です。消化をすることは赤ちゃんにとって体力を使う作業であるため、夜ご飯を食べた後はぐっすり眠る赤ちゃんも多いようです。

固さ

舌を上手に使うことができるようになり、舌と上あごを使い、食材を押しつぶすことができるようになります。そのため舌で押しつぶすことができる柔らかさを目標にしましょう。

親指と人差し指でつまんで、すぐにつぶれるくらいが目安です。ごはんは7倍粥に。お粥をすり鉢ですりつぶしますが、完全にすりつぶすのではなく少し粒が残る程度にしましょう。

離乳食後期(生後9、10ヶ月~)の進め方とコツ

離乳食

この時期は手づかみ食べをしたがる赤ちゃんも多いので、少しずつ赤ちゃんに自分で食べさせるようにしましょう。

始める目安

丸のみではなく口をもぐもぐさせることができるようになり、ごはんも半分以上食べることができるようになったら後期に移行しましょう。

進め方

手でつかんで食べる「手づかみ食べ」を始めてみましょう。茹でた野菜スティックやおやき、蒸しパンなどが食べやすいですよ。自分で食べることで、食に対して意欲的になります。ベビー用のウエハースなどのおやつも取り入れてもいいでしょう。

回数

ついに大人と同じ3回食になります。できるだけ一緒にご飯を食べてあげるようにしましょう。離乳食をなかなか食べてくれない赤ちゃんでも、ママやパパが食べているのを見て食欲がわいてくることもあります。

固さ

中期と同じ指でつぶせる柔らかさではありますが、歯茎でつぶすことを考え、中期よりも少し固めにしてあげましょう。熟れたバナナの食感が目安です。ごはんは大人が食べるおかゆくらいがちょうどいいですよ。

離乳食完了期(生後12ヶ月~1歳半)の進め方とコツ

離乳食

離乳食も落ち着き、大人の食事への階段を上がる時期です。ここまでくれば、ママ・パパも随分楽になりますよ。

始める目安

食材を噛んでいるのが見ていても分かれば、完了期に移行しましょう。完了期は別名で幼児食ともいいます。幼児が食べる食事を念頭に置いて、作ってあげましょう。

進め方・回数

完了期まできたら大人とほぼ同じ食事で構いません。濃い味のものを作るときは味付けをする前に赤ちゃんの分だけを取り分けておいて、別に薄味で味付けをしてあげましょう。

「遊び食べ」や「食べムラ」に悩む時期でもありますが体調不良などがない限り、気にせず食事を楽しませてあげることを優先しましょう。自分で食べたがるようになるので、スプーンを持たせるのも有効ですね。

固さ

舌・歯茎でつぶすのではなく歯でかむことができる固さが目安です。白米は、大人が食べる普通のごはんに挑戦しても良い頃です。

離乳食を与えるときの注意点は?

注意

離乳食を進めるなかで、赤ちゃんにアレルギー反応が出てしまうこともあります。

アレルギーがでやすい食材としては、卵や小麦粉、牛乳などがありますが、その他どんな食材でもアレルゲンになり得ます。初めて食べさせる食材は、1さじずつ様子をみてゆっくり進めることが重要です。

万が一赤ちゃんの様子が急変しても、すぐに病院に行くことができるように、新しい食材は平日の午前中にあげるようにしましょう。

離乳食の時期は焦らず、気楽に!

ママ 赤ちゃん

赤ちゃんが離乳食を嫌がってしまう時期もありますし、好きなものしか食べないという「食べムラ」があることもあります。そういうときにはママやパパも離乳食を作ることを嫌になってしまうかもしれません。

しかし、いつか必ず離乳食を卒業し、幼児食になり、大人と同じ食事をする時期がやってきます。いつまでに終わらせなければいけないというものでもありません。気楽な気持ちでゆっくり離乳食を続けていってくださいね。

冷凍保存や市販のベビーフードなども上手に使って、ママ・パパも力を入れ過ぎず無理なく進めましょう。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう