赤ちゃんが笑う時期はいつから?新生児も笑顔になる理由は?

記事監修 小児科 武井 智昭
武井 智昭 日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担... 続きを読む

生まれてすぐの赤ちゃんは、寝ていることや泣くことがほとんどで、お世話をしていても不安に思うことが多いですよね。そんなときに、ふと赤ちゃんの笑顔をみて、不安がかき消されたという経験があるママやパパは多いのではないでしょうか。実は、赤ちゃんの笑顔には身を守るための本能が隠されているといいます。今回は、赤ちゃんが笑うのはいつからか、新生児が笑顔になる理由や声を出して笑う時期をご紹介します。

赤ちゃんが笑う時期はいつから?

カレンダー スケジュール

赤ちゃんは新生児期から笑うことをします。実は、赤ちゃんの笑顔には、新生児期から生後2ヶ月あたりまでにみられる「新生児微笑(生理的微笑)」と、生後3ヶ月以降にみられる「社会的微笑(あやし笑い)」の2種類があります。

この2種類の笑い方には、以下のような違いがあります。

生理的微笑(新生児微笑/生理的微笑反射)

生理的微笑は生後0~2ヶ月にみられる赤ちゃんの本能的な行動で、「自分が笑うことで周囲が優しくしてくれる」という、自己防衛手段だと考えられています。

新生児期の赤ちゃんはまだ自分で意識して笑うことはなく、泣く・寝る・おっぱいを飲む・排泄するといった生命維持に関わること(本能的な行動)のみを日々行っています。視力も未発達なので、まだママやパパが笑いかけられても、あまりよく見えていません。

社会的微笑(あやし笑い)

社会的微笑は生後3ヶ月頃の赤ちゃんにみられる行動です。この頃になると、視力が発達することで周囲の表情の変化を感じることができるようになり、笑顔をひとつの情報として認識します。ママやパパなど身近な人と同じ表情を作るよう、脳が指令を出すことで社会的微笑が起こります。

新生児・生後1・2ヶ月の赤ちゃんが寝ながら笑う理由は?

新生児 赤ちゃん 笑顔 王冠

新生児期・生後1・2ヶ月の赤ちゃんが寝ているときに笑う姿をみたことがあるママは多いのではないでしょうか?これは前述の「生理的微笑(新生児微笑/生理的微笑反射)」でみられる代表的なものです。

寝ている赤ちゃんが笑っていると、「楽しい夢をみているのかな?」と微笑ましくなりますが、この時期の笑いは感情に動かされて自発的に笑っているわけではなく、顔の神経の反射によるもの。残念ながら夢をみて笑っているわけではありませんが、欧米では赤ちゃんが寝ながら笑うと「天使がくすぐった」「エンジェルスマイル」と、かわいい表現をするようです。

生理的微笑は、寝ているときに限らず、起きていても時折ニヤリと笑うことがありますよ。赤ちゃんは、新生児微笑によって周囲の反応を確認し、次第に笑顔の意味を理解していきます。

反応することで、より赤ちゃんの感情や言語のの発達に影響を与えるので、起きているときに笑ったら、ぜひ反応してあげてくださいね。笑っているときは、赤ちゃんの食欲や環境などが満たされていると考えて大丈夫ですよ。

生後3ヶ月の赤ちゃんにみられる「社会的微笑」に感情はある?

ママ 子供 手 ハート

生後3ヶ月頃になると、自発的に笑う「社会的微笑」が現れはじめます。大人が笑うと笑い返すことや、ママやパパの顔をみると笑顔になるなど自然な反応で、はっきりとした感情はまだありません。

視覚や聴覚が発達し、ママやパパの表情をみて、また声を聞いて真似しようとする時期なので、たくさん話しかけること・笑いかけることを意識して刺激を与えてあげましょう。くすぐったり、あやしたりすると声を出して笑うこともありますよ。

社会的微笑がはじまる時期には個人差があり、生後半年まで笑わない場合もあります。同じくらいの月齢の子と比べてあまり笑わない、表情がないと感じても、笑う時期には個人差があるので、心配せずに見守ってあげましょう。

赤ちゃんが声を出して笑うようになる時期はいつから?

赤ちゃん ママ 笑顔

赤ちゃんが声を出して笑うようになるのは、早くて生後5~6ヶ月頃から。感情表現が豊かになり、生後6~7ヶ月頃には、あやすとケラケラと声を出して笑うことが増えてきます。ママやパパの顔をみると、嬉しくて微笑むような表情をすることも珍しくありません。

赤ちゃんが大人と同じようにものを見られるようになるのは、1歳頃からといわれています。何かを見せて笑わせるよりも、あやすときの声や肌に触れる感覚など、視覚以外の五感を一緒に刺激してあげることがポイントです。

その子に合ったツボがみつかれば、外でぐずったときや夜泣きのときも対処しやすくなりますね。赤ちゃんを笑わせたいときは、以下のコツを参考に試してみてください。

赤ちゃんを笑わせるコツ

● こちょこちょとくすぐったり、顔をいじって遊んだり、スキンシップをしながらあやしてあげる
● オーバーリアクション気味に「いないいないばぁ」をする
● うちわで顔を扇いで風を当ててみる
● 鏡で赤ちゃん自身の顔をみせてみる

新生児微笑でも、赤ちゃんが笑うときは笑顔であやしてあげよう

パパ 子育て

赤ちゃんの笑顔を頻繁にみるようになり、笑いかけてくれているという気になると、よりかわいさが増してくるもの。この頃になって、パパが初めて「親になったことを自覚した」というのもよく聞く話です。

新生児微笑は赤ちゃんの生理的な現象ではありますが、ママやパパの心を和ませてくれることには変わりませんよね。赤ちゃんが笑ったら反応して、家族で楽しく過ごすことが、赤ちゃんの情緒をより豊かにする一番の方法です。スキンシップをとりながらあやすなどして、赤ちゃんに安心感を与えられると良いですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう