赤ちゃんの白湯はいつから?新生児の便秘にも効果があるの?

記事監修 小児科 武井 智昭
日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担... 続きを読む

赤ちゃんからみて祖父母にあたる世代は、「お風呂上がりには必ず白湯を与えるもの」として育児をしてきた経験がある人が多く、飲ませなくて良いのか聞かれたことがあるママは多いのではないでしょうか。しかし、産科や病院などでは「飲ませなくていい」ということも聞き、悩んでしまいますよね。そこで今回は、赤ちゃんに白湯は必要なのか、飲ませるならいつからがいいのか、新生児期の便秘への効果なども含めまとめました。

赤ちゃんに白湯を飲ませる必要はある?お風呂上がりはあげるもの?

赤ちゃん 飲む コップ

最近は母乳やミルクで十分に水分補給ができるため、新生児期から離乳食になる少し前あたりまでは「白湯を飲ませる必要がない」という考え方が広まってきています。

特に、お風呂上がりに飲ませるかどうか迷ったり、「どうして飲ませないの?」と聞かれたりしたことがあるママは多いのではないでしょうか。お風呂は大人でも汗をたくさんかいて喉が渇くことがありますよね。赤ちゃんの場合は、この水分補給も母乳やミルクで良いといわれています。

赤ちゃんに白湯を飲ませてはいけないわけではありませんが、水に含まれる成分が心配だと考える意見もあります。沸騰でカルキは抜けますが、微量な不純物を100%取り除くことはできません。早くから水道水を飲ませ続けることで、体質に影響があるという説もあります。

飲ませた方がいい・飲ませなくていいというのは、ママやパパの考えや育児方針によっても様々です。基本的には与えなくても健康に問題はありませんが、与えるときは、赤ちゃんへの必要性などをしっかり把握したうえで、判断するようにしましょう。

赤ちゃんに白湯を飲ませるのはいつから?

疑問 クエスチョン

赤ちゃんに白湯を飲ませる時期は、目的によって異なります。母乳やミルク以外の水分補給の補助として与えたい場合は、生後2ヶ月あたりから与えて良いといわれています。離乳食の準備として母乳やミルク以外の味に慣れさせるためであれば、離乳食が始まる前の生後4~5ヶ月頃からが良いかもしれませんね。

以下に、目的別の時期と注意点をまとめたので参考にしてみてください。

水分補給のために白湯を飲ませる場合

水分補給をするために白湯を飲ませるなら、生後2ヶ月頃から。特に春から夏の間は、水分補給の方法のひとつと考えてください。夏場のお昼寝後、お風呂上がり、暑い日に外出をして汗をかいた帰宅後など、普段以上に汗をかいたときが良いですね。

母乳やミルク、離乳食前にたくさん与えるとお腹がいっぱいになったり、満足したりして、母乳やミルク、離乳食を摂らなくなってしまうことがあります。栄養が足りなくなってしまうので、与えるタイミングを限定して、少量飲ませるようにしましょう。

風邪などで薬を処方されたときは、母乳やミルクで飲ませると味が変化するので、白湯で飲ませてあげるのがおすすめですよ。

離乳食への準備として白湯を飲ませる場合

離乳食前に母乳やミルク以外の味に慣れさせたいときは、離乳食が始まる生後4~5ヶ月頃から。水分補給のときと同様、お散歩やお風呂などで汗をかいた後や、おやつのタイミングで飲ませてあげましょう。初めは違和感を感じて口から出すこともあるので、無理強いせず毎日少量ずつ、慣れさせると良いですね。

離乳食が始まる時期は乳歯も生え始めるので、虫歯予防として母乳やミルク後、寝る前などに口内ゆすぐつもりで飲ませるケースも多いようです。

赤ちゃんの白湯の飲ませ方・量・作り方は?

水 コップ 増加

赤ちゃんに白湯を飲ませるときは、生後間もない頃は哺乳瓶を使い1回20~30ccずつ、離乳食前の赤ちゃんは50cc以下で練習も兼ねてスプーンで飲ませてみましょう。離乳食が始まったら、食事の飲みものとして同量をマグやコップで飲ませてあげると良いですね。

そもそも白湯とは、一度沸騰させたお湯を飲める程度にまで冷ましたものをいいます。いわゆる「湯冷まし」と同じもの。水道水の場合、沸騰させることでカルキが抜けるため、より美味しく感じられるようになります。

以下に、白湯を簡単に作る方法をご紹介します。

やかん

水をやかんに入れ、火にかけます。沸騰してきたら火を弱め、10分程度沸騰させておきます。その後、火を止めて冷まします。ミルクの温度と同じく、人肌を目安にしましょう。

電子レンジ

マグカップなどに水を入れ、レンジ(600W)で1分半程度温め、人肌くらいになるまで冷まします。

ウォーターサーバー

ウォーターサーバーをレンタルすると、お水だけでなくお湯を使うこともできます。ミルクに使用できる成分であれば、赤ちゃんにも安心。お湯はとても熱いので、水で薄めるなど人肌に調整しましょう。

新生児や赤ちゃんの便秘に白湯が効くの?

赤ちゃん お腹 マッサージ

赤ちゃんに白湯を飲ませることは、便秘のケアにも効果的といわれています。

母乳やミルクの時期はあまり便秘にはなりませんが、離乳食がはじまり水分の量が減ってくると、便の出が悪くなることもあります。1日100~150㏄を目安に、お風呂後のタイミングなどに飲ませてあげると良いといわれています。

母乳やミルクでも構いませんが、ミルクの場合は1日の回数が決まっていることもあるので、合間に白湯を飲ませてみるのもひとつの方法ですよ。

特に離乳食が始まる生後5~6ヶ月は、赤ちゃんは便秘になりやすいので、便の様子をみながら飲ませてあげましょう。砂糖やオリゴ糖、マルツエキスを白湯に混ぜるのも、赤ちゃんの便秘に効果的といわれています。

赤ちゃんが白湯を飲まないときはどうする?

女性 考える 悩み

赤ちゃんが白湯を飲まないときは、白湯を与えなくてもいいという考えが一般的です。無理せず母乳やミルクを飲ませてあげるようにしましょう。

白湯にも好き嫌いがあるので、飲まなくても心配する必要はありません。飲ませたいと考えているなら、水分補給として飲ませる前に、味に慣れさせることを優先して、本当に微量を舌に付ける程度から練習してみましょう。

また、ミルクを白湯で薄めて慣れさせることはしないように注意しましょう。ミルク自体を嫌いになってしまい、飲まなくなることもあります。ミルクはミルク、白湯は白湯でしっかり分けることが大切ですよ。

赤ちゃんの白湯は水分補給のひとつとして考えよう

スケール 計量 量 どのくらい カップ コップ 皿

赤ちゃんの白湯は、必ず飲ませなければいけないものではありません。水分補給のひとつとして考え、赤ちゃんの様子をみながら離乳食と同様にゆっくり慣れさせてあげると良いですね。

水分補給をするときは、必ず殺菌し、常温になるくらいまで冷ましてから与えましょう。お茶はできれば麦茶までにして、その他カフェインを多く含むもの、イオン水などの甘味があるものは、早いうちは避けるようにしたいですね。

いずれ離乳食がはじまると、白湯やお茶を飲むようになるので、薬などの特別な事情がない限りは、時期を急ぐ必要はありませんよ。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう