妊娠4週目の症状は?つわりが現れる?エコーで妊娠確認できる?

妊娠4週目は、生理が始まる予定だった週です。これまで定期的に生理が来ていた人は、予定日を過ぎても生理がこないと、「妊娠したかもしれない」とソワソワするかもしれません。妊娠4週目は着床を終えた赤ちゃんが成長を始める時期ですが、つわりなどの妊娠初期症状が現れるのか、体に何らかの変化があるのかなど色々と気になりますよね。今回は、妊娠4週目の妊婦さんの体や赤ちゃんの状態、注意点などをまとめました。

妊娠4週目の体はどんな状態?赤ちゃんの姿は?

女性 笑顔 幸せ 元気 健康 リラックス

妊娠前の最後に生理が来た日を「妊娠0週0日」として起算するので、生理が28日周期で来ている人なら、妊娠4週0日目はちょうど生理予定日にあたります。生理周期は人によって違いますが、多くの人は妊娠4週目の間に生理が来なければ「生理が遅れている」と判断できるのではないでしょうか。

子宮の中では着床が完了し、受精卵は胚盤葉下層と胚盤葉上層と呼ばれる2層に分かれていきます。この時期の赤ちゃんは「胚」と呼ばれており、このあと成長するに連れて、「胎芽」、「胎児」と呼び名を変えていきます。

妊娠4週目に現れる症状は?腹痛は妊娠超初期症状?

女性 腹痛

早い人なら妊娠4週目には、「妊娠超初期症状」が現れます。

妊娠超初期症状には、「ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)」というホルモンが大きく関係しています。hCGは妊娠している女性にしか分泌されないホルモンです。これが着床後に分泌され始めることによって、体内のホルモンバランスが大きく変化し、胸の張りやだるさ、腹痛・下腹部痛、味覚の変化などの妊娠超初期症状が引き起こされるのです。

また、着床によって「プロゲステロン(黄体ホルモン)」と「エストロゲン(卵胞ホルモン)」という2つの女性ホルモンの分泌量も増加するので、体にも様々な変化がでてきます。たとえば、母乳が作られる乳腺組織や母乳の通る乳管が発達し、胸が張って痛みを感じる、眠くなりやすい、だるくなりやすいなどの症状が現れます。

ただ、妊娠超初期症状の多くは、生理前に現れる症状と似ています。症状を自覚しても、「生理前かな?」と感じるだけで、妊娠したことに気づかないことも多いようです。

妊娠4週目からつわりがある?

つわり 女性 妊娠初期 風邪 体調不良

つわりは妊娠初期特有の生理現象で、吐き気や胃のむかつき、胃もたれ、頭痛、便秘、下痢など様々な症状があります。症状の重さは人によって違い、つわりではなく、眠気や精神的な落ち込みなどに悩まさせる人もいます。

つわりが現れる時期にも個人差がありますが、妊娠5~6週頃から始まる人が多く、妊婦さんのうち50~80%がなんらかのつわり症状を経験します(※1)。

ただし、妊娠していてもまったくつわりが現れない人もいますし、妊娠4週目ではまだつわりや妊娠超初期症状がないことも多いです。妊娠4週目でつわりがないからといって、「妊娠していないのではないか」と焦る必要はありませんよ。

また、つわりがひどいと食事ができなくなって、赤ちゃんに栄養が届いているか不安に感じる人もいると思います。しかし、胎盤が完成するまでの間は、妊婦さんの食生活が崩れていても赤ちゃんの発育に大きな影響はありません。「食べられるものを、食べられるときに、食べられるだけ」摂取するように心がけて、つわりを乗り切ってくださいね。

妊娠4週目で妊娠検査薬は陽性になるの?

妊娠検査薬

一般的な市販の「妊娠検査薬」は、生理開始予定日の1週間後、つまり妊娠5週目以降に使うのが基本です。妊娠4週目に妊娠検査薬を使っても、正しく判定できず、妊娠しているのに陰性がでてしまうことがあります。

妊娠検査薬は尿中の「hCG」というホルモンに反応して妊娠の判定をします。妊娠4週目にはhCGの分泌も始まっていますが、まだ分泌量が足りないことも。妊娠している可能性があると、できるだけ早く判断したいという気持ちになるとは思いますが、正しく判定するにはあと1週間待ちましょう。

どうしても早く知りたい人は、生理予定日頃から使える早期妊娠検査薬を使う方法もありますが、あくまで参考です。あと1週間はゆったりとした気持ちで、いつもどおり過ごすことをおすすめします。

妊娠4週目はエコーで胎嚢を確認できる?

エコー 妊娠 健診 超音波 写真 医師 妊娠 受診 診察

早期妊娠検査薬などで陽性反応が現れたら、すぐに病院へ行きたくなるかもしれませんが、妊娠4週目ではまだ「妊娠した」と診断されない可能性があります。

病院では、エコー検査で「胎嚢が確認できたかどうか」で妊娠判断をしますが、一般的に胎嚢は、妊娠5週目頃に確認できるようになります(※2)。そのため、妊娠4週目に病院を受診しても、胎嚢が確認できれなければ1週間後に再来院しなければなりません。

妊娠4週目で胎嚢が確認できたという人もいますが、焦らず、妊娠5週目を過ぎてから受診しましょう。

妊娠4週目の不正出血に注意!流産の可能性もあるの?

女性 メモ

妊娠すると子宮内膜が充実するので、ちょっとしたことで出血することがあります。特に妊娠4週目頃は、子宮内に残っていた着床出血が流れ出てくることもあります。

妊娠初期に出血を経験する人は少なくないので、おりものがピンク色っぽくなっていたり、少量の血が見られたりしたときは、まず安静にして様子を見ましょう。安静にしていれば、たいていの出血はおさります。

しかし、鮮血が大量に出てきたり、ダラダラと出続けたりする場合は、すぐに病院を受診しましょう。特に妊娠初期は母体・胎児ともにトラブルが起こりやすく、流産が起きる可能性も高い時期です。

妊娠初期の流産は、赤ちゃんに染色体異常などがあって起こる場合がほとんどで、いくら気をつけても予防できるわけではありません。しかし、流産後にも適切な処置が必要になることもあるので、異変を感じたらすぐに病院に相談しましょう。

妊娠4週目には出産予定日を計算してみよう

グッズ 時計 時間 予定 カレンダー 

出産予定日とは、おおよその出産日を推測した日のことです。妊娠8~11週頃に、病院のエコーで赤ちゃんの大きさを測ることで算出されますが、「最終生理の開始日」がわかっていれば、自分でおおよその計算ができますよ。

出産予定日の算出方法は2つあり、一つ目は「最終生理のあった月から3を引いた月、引けない場合は9を足した月」を出産予定月とし、「最終生理の開始日に7を足した日」を出産予定日とする方法です。

二つ目は、生理周期が28日であることを前提に、最終生理開始日を0日として280日後を出産予定日とする方法です。

来週には、病院で正式に妊娠を判定してもらえる人が増えてきます。少し気が早いかもしれませんが、いつ頃赤ちゃんに会えるのかを今から計算してみると、これからのマタニティライフも一層楽しくなりますね。

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう