妊婦のお腹に湿疹ができやすい理由は?かゆいときの対処法は?

監修医師 産婦人科医 中村 絵里
中村 絵里 産婦人科専門医。2001年、東海大学医学部卒業。神奈川県内の病院で産婦人科医としての経験を積み、現在は厚木市の塩塚産婦人科勤務。3児の母。「なんでも気軽に相談できる地元の医師」を目指して日々診療を行っ... 監修記事一覧へ

妊娠生活にはマイナートラブルがつきもので、よく見られるものに肌トラブルがあります。今まで肌トラブルがなかった人でも、妊娠をきっかけに湿疹が現れやすくなることもあります。特にお腹に湿疹が出やすく、早い人では妊娠初期から現れるケースも。そこで今回は、妊娠中にお腹に湿疹やかゆみができやすい理由や、症状を薬で抑えられるのかについてご説明します。

そもそも湿疹とは?

女性 蚊 かゆい かく 腕

湿疹は、皮膚炎ともいい、皮膚に現れる炎症の総称です。かゆみを伴うのが特徴で、皮膚が赤くなり、ブツブツができることもあります。

症状がひどくなると水ぶくれ状になることもあり、水ぶくれが破れて皮膚がジュクジュクになる恐れがあります。

湿疹は、蕁麻疹(じんましん)のように赤みや腫れが短時間で出たり消えたりすることはなく、一度発症すると数日以上続くことがあります。

妊婦のお腹に湿疹ができる原因は?かゆいのは湿疹以外の理由も?

本 眼鏡 勉強

妊娠をきっかけに肌トラブルが起きやすくなりますが、その原因はまだはっきりしていません。

ただし、妊娠すると体内のホルモンバランスが変化したり、基礎代謝が上がって汗をかきやすくなることから、外的な刺激に肌が敏感になるのではないか、と考えられています(※1,2)。

妊娠中に特有の肌トラブルとして、主に以下の3つがあります。疑われる症状が現れたら、かかりつけの産婦人科で相談しましょう。

妊娠性痒疹(ようしん)

お腹以外にも、腕・足・胸・背中まわりなどに小さな湿疹ができて、かゆくなります。体の一部に現れた後に、全身に広がっていくことも。

特に妊娠3~4ヶ月頃から現れやすく、お産が終わると症状がなくなります(※2)。

妊娠性皮膚掻痒症(ひふそうようしょう)

ブツブツとした湿疹が現れるわけではありませんが、全身に強いかゆみを感じるのが特徴です。また、皮膚がカサカサして剥がれることもあります。

妊娠性疱疹(ほうしん)

妊娠性疱疹は、妊娠中または産後に、胞状奇胎などの絨毛性疾患に伴って発症するもので、その頻度は5万人に1人ときわめてまれな病気です。

かゆみのある紅斑が全身に出るほか、早産や低出生体重児との関係も指摘されています(※3)。

妊娠中のお腹の湿疹の治療法は?薬で治る?

医者 カルテ 病院

妊娠中にできる湿疹の多くは一時的なもので、出産すると自然に治まることがほとんどです。そうはいっても、できるだけ早めに改善して快適なマタニティライフを送りたいですよね。

お腹の湿疹やかゆみがなかなか治まらないときは、まずかかりつけの産婦人科を受診し、母体や胎児への影響が少ないステロイドや抗ヒスタミン剤を含む塗り薬を処方してもらいましょう。

それでも症状が良くならない場合には、産婦人科の医師と相談のうえ、皮膚科を受診してみるのも一つの選択肢です。

湿疹がそれほどひどくない人は、市販のかゆみ止めで対処したいと思うかもしれませんが、自己判断で市販薬を使うことはおすすめできません。医師や薬剤師に相談したうえで、妊娠中でも比較的安全とされる薬を塗るようにしましょう。

なお、少しでも早くかゆみを抑えるには病院で処方された薬が一番ですが、薬がないときは患部を氷水や塗れたタオルで冷やすと、少しかゆみが治まりますよ。

妊婦のお腹の湿疹を予防・改善するポイントは?

キラキラ 電球 グッズ

妊娠中の肌トラブルは、日頃のスキンケアや生活習慣の工夫で予防できることもあります。自分の肌質も考慮しながら、次のような対処法を試してみてくださいね。

体を清潔に保つ

湿疹やかゆみを悪化させる雑菌の増殖を防ぐために、体を清潔に保つことが大切です。汗をかいたらこまめに着替え、入浴・シャワーできれいに洗い流しましょう。

熱すぎるお湯は肌にとって良くないので、38~40℃くらいのお湯でやさしく洗ってくださいね。妊娠中は肌が敏感なので、低刺激のボディーソープや洗顔料を使うと安心です。

しっかりと保湿する

湿疹だけでなく乾燥が見られる場合は特に、入浴後はクリームなどでしっかり保湿しましょう。加湿器をつけて、部屋の湿度を適切に保つことも大切ですよ。

お腹が大きくなってくると妊娠線ができやすいので、こまめにクリームを塗りこむことで妊娠線予防にもなり、一石二鳥ですね。

ゆとりのある衣類を身につける

衣類や下着は、肌触りや通気性の良い、ゆったりしたものを選びましょう。素材はコットン100%のものがおすすめです。

妊娠中は、ゴムやシャーリングでお肌を締め付けるもの、レースなどの飾りが多いものはできるだけ控えてくださいね。

腹帯をつける妊婦さんも多いと思いますが、蒸れ・こすれで湿疹を起こさないよう、衣類と同じように通気性が良く、刺激の少ないものを選びましょう。

爪を短くし、かきむしらない

患部をかきむしってしまうと、ますますかゆみが強くなるばかり。お腹の皮膚の組織が傷つくと、妊娠線の原因にもなります。

爪はできるだけ短くし、丸く整えましょう。爪が伸びていると、寝ている間にも無意識に肌を傷つけ、そこから雑菌が入って化膿する恐れがあります。

妊娠中のお腹の湿疹は早めに対処しよう

注意

ほとんどの場合、湿疹は命に関わる症状ではないとはいえ、妊娠中の生活の質を下げる原因になります。かゆみを我慢するのは、精神的にも肉体的にもつらいですよね。

湿疹が出ただけで病院に行ってもいいのかな…と躊躇する人もいるかもしれませんが、妊娠中のトラブルは一人で抱え込むよりも早めに医師に相談することが大切です。湿疹やかゆみに限らず、乾燥やあせもなどが気になるときは、かかりつけの産婦人科医に相談してみましょう。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう