妊婦は痔になりやすい?妊娠中のいぼ痔・切れ痔に薬は使える?

妊娠中に痔(じ)ができてしまい、痛みや不快感に悩まされる妊婦さんも多いようです。痔の悩みは相談しづらいかもしれませんが、早めに治療した方が治るのも早くなります。今回は、妊婦さんが痔になりやすい原因や、いぼ痔・切れ痔の治療法、予防法などをご説明します。

妊婦は痔になりやすいの?原因は?

おしり 痔 痛い

痔は、何らかの原因で肛門周辺の静脈が圧迫されて、血液の流れが滞ることによって発生します。また、肛門まわりの皮膚が傷つくことによって、痔になることもあります。

妊娠中の痔も上記と同じ原理で発生しますが、原因は様々です。

たとえば、妊娠すると胎児の成長とともに子宮が大きくなるため、肛門や直腸が圧迫され、その周りの静脈がうっ血しやすくなります。また、お腹が大きくなってくると体を動かしづらくなり、座っている時間が長くなるので、肛門まわりが血行不良を起こしやすくなります。

このほかにも、妊娠中はホルモンバランスの変化などによって便秘になりやすく、これも痔ができる原因として挙げられます。硬い便を無理やり押し出そうとすると、肛門に大きな圧力がかかったり、周辺の皮膚が切れたりして痔ができることがあるのです。

痔は、お腹が大きくなる妊娠中期~後期によく見られますが、できるだけ早い時期から予防・対策をしておきたいですね。

妊婦の痔の多くは、いぼ痔か切れ痔?

矢印 どっち 左右

痔にはいくつか種類がありますが、妊娠中に起こるのは「いぼ痔」か「切れ痔」がほとんどです。それぞれの原因や症状は次のとおりです。

いぼ痔(痔核)

妊娠中に最もできやすい「いぼ痔」は、肛門や直腸のまわりにある静脈がうっ血し、いぼのようにふくらんだものです。

排便するときに強くいきんだり、長時間座りっぱなしだったりすることが原因でできやすくなります。

いぼ痔は、痛みなどの自覚症状がほとんどないため、排便時に出血してはじめて気づくケースがほとんどです。

いぼ痔が肛門よりも外側にできたものを「外痔核」といい、出血は少ないものの、うっ血した部分が腫れて痛みが強くなります。

切れ痔(裂肛)

肛門周辺の皮膚が切れたり、裂けたりした状態が「切れ痔」です。

いぼ痔と同じく、硬い便を無理やり押し出そうとしたときに肛門の皮膚が切れることもあれば、慢性的に下痢をしている場合、その炎症で切れ痔ができることもあります。

切れ痔の特徴は、排便時に出血だけでなく激しい痛みも伴うことです。排便が終わったあとも、肛門まわりの皮膚がヒリヒリと痛む場合もあります。

切れ痔を繰り返すと、皮膚の裂け目が広がって炎症が起き、ポリープなどができることもあります。

妊娠中の痔で出血したら?

バラ 花 赤い レッド 

前述のとおり、妊娠中にいぼ痔や切れ痔ができると、排便するときに出血することがあります。どちらも、トイレットペーパーにわずかに血がつく程度ですが、それでも妊娠中の出血は不安になりますよね。

出血がある前から便秘が続いていて、排便時の出血以外に症状がない場合は、痔による出血と考えられます。妊婦健診の際などにかかりつけの産婦人科で診てもらい、必要であれば治療薬を処方してもらいましょう。

ただし、出血の量が多かったり、お腹に張りや痛みなどもあったりする場合は、原因が「前置胎盤」や「常位胎盤早期剥離」など、痔ではない可能性も考えられます(※1)。お腹の赤ちゃんが元気かどうか確かめるためにも、すみやかに産婦人科を受診しましょう。

妊娠中の痔は赤ちゃんに影響がある?

出産 手術 分娩 

妊娠中の痔そのものは、赤ちゃんに直接の悪影響を与えるとは考えられていません。

しかし、妊娠中に痔による痛みや出血に悩まされ続けると、ストレスが溜まってしまいますよね。できるだけ快適なマタニティライフを送るためにも、早めの受診と治療を心がけましょう。

また、出産するときに痔があると、赤ちゃんを生み出すときのいきみによって痔が悪化してしまうこともあります。そうすると、産後にトイレに行くたびに肛門のまわりが痛んだり、痔が慢性化したりする恐れもあるので、痔の治療は妊娠中に終わらせておきたいですね。

妊婦は痔の治療で薬を使ってもいい?

薬 疑問 クエスチョン

痔の治療に使われる薬には、肛門まわりの皮膚に塗りこむ「軟膏」、軟膏を肛門内部に注入するタイプの「注入軟膏」、肛門に挿入したあとに中で溶ける「坐剤(座薬)」といった外用薬のほか、鎮痛効果や止血効果のある飲み薬があり、症状に合わせて処方されます。

妊娠中は、薬を使うことを躊躇する人も多いと思いますが、産婦人科ではお腹の赤ちゃんに悪影響がないとされる治療薬を処方してもらえるので、使い方や量を守って適切に使えば問題ありません。

市販されている痔の治療薬には、「ボラギノール」(天藤製薬)や「プリザエース」(大正製薬)などがあります。いずれも妊婦さんの場合は、薬を使う前にかかりつけの産婦人科医や薬剤師に相談してくださいね(※2,3)。

なお、痔の治療薬のなかには成分にステロイドが含まれているものもありますが、適量を使うだけであれば、ステロイドの副作用を心配しすぎる必要はありません。

ただし、過去にステロイド剤を使って肌トラブルが起きたなど、ステロイドの使用について不安がある人は、医師に相談し、ステロイドが入っていない薬を処方してもらうのも一つの方法です。

妊娠中のいぼ痔・切れ痔を予防するには?

プルーン

妊娠中の痔を予防するためには、まず便秘を予防・改善することが大切です。豆やキノコ、ごぼうなどの野菜類、プルーンなどの果物から食物繊維を積極的に摂り、こまめな水分補給を心がけてくださいね。

また、お腹が大きくなってくると運動不足になりがちですが、座りっぱなしの姿勢を取り続けると、肛門周りの血管が圧迫され、痔の原因になります。座るときは、肛門周りを圧迫しないようにドーナツ型のクッションを使ったり、30分に1回は椅子から立ち上がったりして、痔を予防しましょう。

肛門周辺の血行が悪いことも痔の原因になりうるので、下半身の冷えを防ぐことも大切です。入浴時はシャワーだけで済ませず、温かい湯船に浸かるのがおすすめですよ。また、冬場はトイレの便座が冷たいと排便時に肛門に力が入ってしまうので、便座カバーをつけておくのもいいですね。

妊娠中は痔になる前の便秘対策が大切

妊婦 医師 診察 相談

妊娠中は便秘にならないような生活習慣を心がけ、痔を予防しましょう。万が一、妊娠中に痔になってしまった場合は、放置してしまうと痛みや出血が長引いてしまうので、なるべく早めにかかりつけの産婦人科医に相談してくださいね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう