妊娠35週の胎児の体重や大きさは?早産で出産する影響は?

監修専門家 助産師 鶴町 はるな
鶴町 はるな 茨城県立中央看護専門学校助産学科卒業後、総合周産期センターの産婦人科・NICU勤務を経て、クリニックでのフリースタイル分娩や無痛分娩にも携わってきました。現在は産後ケアや母乳外来を中心に活動しています... 監修記事一覧へ

妊娠35週は、妊娠9ヶ月の最後の週です。この週が終われば臨月に入りますね。出産まであとわずかですが、お腹の重みのせいで体への負担が増え、身体的にも精神的にもストレスを抱えやすい時期です。赤ちゃんは成長の最終段階に入り、生まれてくる準備を着々と進めていますよ。今回は妊娠35週の妊婦さんと赤ちゃんの状態や、この時期に早産になった場合の影響についてなどをご説明します。

妊娠35週のお腹の大きさは?

妊婦 お腹 ハート

妊娠35週のお腹の大きさは、子宮底長で30cmほどです(※1)。子宮は、みぞおちから指2~3本分ほど下の位置まできています。この高さは妊娠9ヶ月にピークを迎え、来週からは出産に向けて少しずつ下がっていきます。

妊娠35週を過ぎてから出産予定日までの1ヶ月で、胎児はあと約1kgも成長するので、ママ自身の体重も1kg以上は増加することが多いものです。安産を迎えるために、引き続き体重管理に気をつけましょう。

出産まであと数週間という大切な時期なので、無理な食事制限はできません。栄養バランスの取れた食事を心がけながら、ウォーキングなどの適度な運動を行いましょう。運動は出産に向けての体力作りという意味でも大切です。あと1ヶ月ほど、しっかりと行いたいですね。

妊娠35週はめまいや貧血に注意

女性 妊婦 めまい 頭痛 貧血

妊娠後期になると、出産での出血に向けて、血液量が妊娠前より約40%増加します(※2)。

しかし、血液中で酸素を運ぶ役割をする赤血球の数はそれほど増えていない上、赤ちゃんに酸素や栄養を運ぶために、優先的に子宮へと血液が回されます。その結果、ママの脳に届けられる血液が少なくなって貧血気味になり、立ちくらみやめまいを引き起こしやすくなります。

妊娠後期の貧血自体はよく見られる症状で、産後には回復することが多いですが、貧血による転倒には注意が必要です。今の時期はできるだけゆっくりと動くようにして、特に立ったり座ったりするときや、階段の上り下りをするときは、手すりなどをつかんでおくようにしてください。

貧血気味の人は、血液を作り出すのに必要な鉄分が豊富なほうれん草や、カルシウムが豊富なひじきなどを食べるようにしましょう。貧血は食事でも改善が期待できるので、出産までに食生活を見直してみてくださいね。

妊娠35週頃は前駆陣痛でお腹が張りやすくなる

妊婦 不調 お腹の張り 前駆陣痛

妊娠35週は、臨月を間近に控え、お腹が不規則に張る「前駆陣痛」を感じ始めている人もいるかもしません。前駆陣痛は、本陣痛に向けて子宮が収縮することに慣れていくための予行練習のようなもので、生理痛のような痛みや、お腹の張りを伴います。

少し安静にしていればおさまるような前駆陣痛であれば問題ありませんが、規則的にお腹が張る、安静にしても張りがおさまらないなどの症状がある場合、または出血を伴う場合は、出産が近づいている可能性もあります。異変を感じたら、すぐに病院に連絡するようにしてください。

妊娠35週の胎児の体重や大きさは?

35週 エコー写真

妊娠35週にもなると、胎児の発育は最終段階に入ります。胎児の身長は約45cm、体重は約2,000gです(※1)。

胎児は妊娠7ヶ月目頃から、1ヶ月に500gほどのペースで成長してきました。ここからさらに成長し、あと1ヶ月でさらに1,000gほど大きくなります。

ただし、胎児の大きさや体重には個人差があります。標準より大きかったり小さかったりしても、医師から指摘されなければ特に不安に思う必要はありません。

胎児の体内では内臓器官が完成に近づいていますが、全ての器官が完成するのは妊娠10ヶ月目です。今はまだもう少し、ママのお腹のなかで成熟が必要です。

妊娠35週くらいまでに胎児の肺は成熟

風船 肺

先に説明した通り、妊娠35週頃の赤ちゃんの臓器は、ママのお腹のなかで完成を待っている状況です。

その中で、妊娠7週頃から作られはじめる赤ちゃんの肺は、ママのお腹のなかで羊水などを取り込み、呼吸の練習をすることによって、妊娠34週頃には成熟します(※1)。

そのため妊娠35週になれば、ママのお腹の外に出ても自力での呼吸ができるようになっていますよ。

妊娠35週で早産になったら?赤ちゃんへの影響は?

時計

妊娠35週までくれば、早産になっても赤ちゃんの生存率は妊娠37週以降の正期産とほとんど変わりません。妊娠34週以降からは、合併症のリスクも下がりました。

しかし、妊娠35週に生まれると早産であることには変わりなく、まったく問題がないとは言い切れません。呼吸障害などの合併症や、低出生体重児として生まれるリスクは依然としてある状態です。

引き続き、お腹の張りや出血、破水、腹痛など、切迫早産の兆候がないか注意しましょう。ストレスは早産の原因になりうるので、できるだけゆったりと過ごしたいですね。

妊娠35週の小刻みな胎動は赤ちゃんのしゃっくりかも?

胎児 びっくり しゃっくり 赤ちゃん

出産の時期が近づくと、赤ちゃんはママの骨盤のなかにおさまり、動きが少なくなるので、そのぶん胎動は少し減ったと感じることもあります。

妊娠35週頃まで減らずに続いていると、「お産の準備が整っていないのかな?」と不安になるかもしれませんが、胎動が急激に減ることはありませんし、逆に胎動が全くないときは赤ちゃんに何かしらのトラブルが起こっている可能性もあります。

また、この時期も胎動を頻繁に感じるという人は、胎動だと思っているものが実は赤ちゃんのしゃっくりかもしれません。赤ちゃんの体の機能はほぼ完成に近づいているので、大人と同じように横隔膜が痙攣して、しゃっくりをすることがあるのです。

赤ちゃんがしゃっくりをすると、おへそのあたりが「ピクッピクッ」と小刻みに動く感覚があります。赤ちゃんは妊娠20週頃からしゃっくりをし始めていますが、体が大きくなってきたこのタイミングで初めて感じる人もいます。トラブルではないので、神経質になりすぎないでくださいね。

妊娠35週にはベリーペイントがおすすめ

妊婦 妊娠 お腹 ペイント

「ベリーペイント」というものをご存じですか?妊婦さんの大きくなったお腹に絵を描くことで、安産を祈願するものですが、海外のおまじないが起源だといわれています。妊娠中の思い出として、あるいは出産への不安な気持ちをリフレッシュするために、妊娠35週頃にペイントしてもらう人も多いようです。

ベリーペイントは、妊娠している今しかできない、とても貴重なイベントです。記念写真を残しておくことで、生まれた子供が大きくなってから、思い出話をしてあげることもできますよ。

ベリーペイントができる期間は特に決まっておらず、臨月に入ってからでも受けられます。お腹が冷えないように注意しつつ、体調が良いときを見計らってチャレンジしてみてはいかがでしょうか。また、途中でお腹が張ってしまったら、中止したほうがいいでしょう。

妊娠35週は出産と産後の生活への準備を整えよう

夫婦 カップル 出産 準備

妊娠35週頃は体調がすぐれない日も多く、ちょっとしたことでストレスがたまってしまうかもしれません。今まで当たり前にできていた、足の爪を切る、靴ひもを結ぶなどの身の回りのことがうまくできず、イライラしてしまうこともありますよね。

そんなときは周囲を頼って、なんでも協力してもらいましょう。「忙しい旦那さんに頼みづらい」と思うかもしれませんが、出産後は今よりもっと体調が優れず、育児が忙しいため、家事も育児も全て自分ひとりで行うのはとても大変です。

産後の家事・育児の分担は、この時期から旦那さんや両親など、サポートしてくれる人と相談しておくのがおすすめです。

皿洗いやゴミ捨て、泣いたときの抱っこや夜間のおむつ交換など、細かいところまで全て洗い出し、誰が担当するのかを今のうちに決めておくことで、産後の生活もスムーズにスタートできますよ。

いよいよ来週は臨月に入ります。ストレスをうまく解消しながら、心の準備を進めていけるといいですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう