妊娠初期に眠れない!不眠の原因と対策は?妊婦は睡眠薬を飲める?

監修専門家 看護師・助産師 岡 美雪
岡 美雪 看護師・助産師を免許を取得後、未熟児病棟、脳神経外科病棟、産科病棟で医療業務に従事。その後、医療現場での経験を活かして、青年海外協力隊の看護職としてアフリカに2年間駐在し、現地の医療技術向上に貢献。日... 監修記事一覧へ

「妊娠してから、あまり眠れなくなった」と悩んでいる妊婦さんは多いのではないでしょうか?特に妊娠初期は不眠が起こりやすく、夜にしっかり眠れないと体調不良やストレスの原因になったり、つわりの症状が悪化してしまったりします。そこで今回は、妊娠初期の不眠の原因、眠れないときの対策、妊娠中に睡眠薬を飲むことはできるのかについてまとめました。

妊娠初期の不眠とは?

不眠

一口に妊娠初期の不眠といっても症状は様々で、なかなか寝つけない、夜中に目が覚める、朝早くに起きてしまう、など人によって悩みは異なります。夜の時間帯に眠れないと1日の疲れがとれないため、妊婦さんにとってはつらいですよね。また、つわりによる眠気がひどく昼間に寝てしまい、夜になって眠れないという悪循環が起こることもあります。

妊娠初期はお腹の中の赤ちゃんの大切な器官が成長する時期でもあるので、ママも体をしっかり休めることが大切です。眠れないからといってベッドから起き上がってスマホをいじったり本を読んだりするのではなく、眠れなくても目をつぶって横になり、少しでも体を休めるようにしましょう。

妊娠初期に眠れないのはなぜ?不眠の原因は?

答え ソリューション 発見 本

妊娠と不眠の関係は、医学的にはっきりとしているわけではありませんが、主な原因は妊娠によるホルモンバランスの変化だと考えられています。

妊娠するとプロゲステロン(黄体ホルモン)が多く分泌されるようになります。プロゲステロンは妊娠を維持する大切な役割を持っているのですが、一方で頭痛や腰痛、便秘などを引き起こします。また、妊娠前から妊娠初期にかけて体温が高く保たれるのもプロゲステロンの作用によるものです。頭痛などの症状や高温期の体の火照りは、寝付きが悪くなったり眠りが浅くなったりする原因となります。

さらに、プロゲステロンは、眠気や怠さを引き起こすともいわれています。夜に眠気が襲ってくればいいのですが、昼間に眠くなってしまうため、昼と夜のリズムが崩れて不眠になってしまうのです。

ホルモンバランスの変化以外にも、つわりの症状や体調の変化によるストレス、出産・育児に対する不安なども妊娠初期の不眠の原因に。

また、妊娠によって子宮が拡大して膀胱を圧迫するようになると、頻尿を引き起こします。そのため、夜中にトイレに行きたくなり何度も起きてしまうこともあります。

妊娠初期の不眠の対策は?

寝る 眠る

それでは、妊娠初期に眠れないときは、どのような対策をしたらいいのでしょうか。

昼寝をする

夜にぐっすり眠れないと、どんどん体力を消耗してしまうため、昼間でも眠くなったら眠るようにしましょう。ただし、長い時間昼寝をすると夜の寝付きが悪くなるため、15~30分くらいで切り上げるのがポイントです。

昼間にしっかり動く

妊娠すると運動不足になりがちなので、意識的に体を動かすことも大切です。妊娠初期はつわりや体の変化によって、動くことが億劫になりますが、家でじっとしていると体が疲れず寝つきが悪くなります。

掃除や洗濯など日常生活の家事で少しずつでも動くようにしましょう。ただし、つわりがひどい場合や、切迫流産など妊娠・出産においてのリスクをお医者さんから指摘されている場合は、控えてくださいね。

就寝前にリラックスタイムを作る

寝る前にノンカフェインの温かいお茶やハーブティーを飲んで心と体を落ち着かせたり、音楽を聴いてリラックスしたりするのもおすすめです。

ただし、ハーブティーの中には妊娠初期または妊娠全期に渡って飲まないほうがいいものもあるので、飲む前に確認しましょう。また、就寝の直前までスマホの画面やテレビを見ていると目が覚めてしまうので、気をつけてくださいね。

妊娠初期に眠れないときに睡眠薬を飲んでいいの?

薬

眠れない日が続くとつい薬に頼りたくなりますが、妊娠中は処方できる薬が限られています。「睡眠薬」や「睡眠導入剤」と呼ばれる効果の高い薬は、胎盤を通じて赤ちゃんに影響を及ぼす恐れがあるため、原則として妊娠中は控えるようにといわれています。特に赤ちゃんの器官が形成される妊娠初期は注意が必要です。

ただし、妊婦さんの不眠の度合いや症状によっては、体を優先して睡眠薬や睡眠導入剤が処方されることもあります。処方された場合は、量や頻度に細心の注意を払って、くれぐれも自己判断で服用しないように注意してくださいね。

妊娠初期に眠れないときは、眠いときに寝よう

女性 医者 診察

妊娠中は疲れやすいため眠れないのはつらいですが、妊娠初期を過ぎれば不眠は徐々に解消されていきます。今回紹介した対策法などを試して、上手に乗り切れるといいですね。

家にいるときは、時間に関係なく眠くなったらすぐに寝られるようにしておくといいでしょう。あまりにも眠れない日が続く場合は、お医者さんや助産師さんに相談してみましょう。深刻に考えすぎるとストレスが溜まってさらに眠れなくなることもあるので、あまり考えすぎずリラックスして過ごしてくださいね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう