和痛分娩とは?費用や痛み、リスクは?無痛分娩との違いは?

監修医師 産婦人科医 藤東 淳也
藤東 淳也 日本産科婦人科学会専門医、婦人科腫瘍専門医、細胞診専門医、がん治療認定医、日本がん治療認定医機構暫定教育医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医、日本内視鏡外科学会技術認定医で、現在は藤東クリニック院長... 監修記事一覧へ

多くの芸能人ママたちが公表したことで、日本でも浸透しつつある「和痛分娩」。その名の通り、痛みを和らげて出産する方法ですが、自然分娩とは何が違うのでしょうか?また、「無痛分娩」とはどう違うかも気になりますよね。今回は和痛分娩とはどういうものか、痛みやリスクはあるのか、費用はどれくらいなのかなどをご説明します。

和痛分娩とは?

疑問 答え アンサー クエスチョン

和痛分娩とは、麻酔などの力を使って陣痛を和らげて出産する方法をいいます。医療機関によって捉え方はさまざまですが、基本的には「痛みを和らげる」分娩方法を和痛分娩と呼ぶことが多いです。

一般的な分娩では、陣痛の痛みに耐えながら出産することが通例です。一方で和痛分娩は、妊婦さんの痛みを和らげることで、リラックスして出産することができます。

まったく痛みがなくなるわけではなく、ある程度陣痛や出産時の痛みを伴うので、自分でいきむこともできますし、自然分娩に近いお産ができるといわれています。

和痛分娩と無痛分娩の違いは?

分岐 違い 道

和痛分娩と似た言葉に「無痛分娩」がありますが、医学的には無痛分娩と和痛分娩には明確な定義がありません。そのため、医療機関によっては同じ意味に捉えている場合もあれば、同じ産院でも、無痛分娩と和痛分娩で分けている場合もあります。

無痛分娩のほうが「痛みが完全になくなるのでは?」と思うかもしれませんが、無痛分娩と呼ばれていても痛みを完全になくすことはできません。

医療機関での表記が「和痛分娩」か「無痛分娩」かでその方法に大きな違いがあるわけではないので、あまり言葉で考えすぎず、具体的にどんな方法を取るのかを確認することが大切です。

和痛分娩の方法は?

注射

和痛分娩を行う医療機関では、麻酔を使って陣痛などの痛みを和らげるところが主流です。麻酔を打つ方法はいくつかあり、その中でもよく使われるのが「硬膜外麻酔」です。

背骨の脊髄に近い場所にチューブを入れて麻酔を注入する方法で、陣痛が始まったらママや赤ちゃんの様子を管理しながら投与されます。完全に痛みがなくなるほどの量の麻酔薬は使用せず、あくまで出産間近の一番強い痛みを軽くする程度の場合が多いようです。

麻酔を投与しはじめてから20〜30分位で効果が現れはじめます(※1)。その後はごく少量の麻酔を持続的に投与して痛みが強く出ないように調整します。全身麻酔ではないので意識ははっきりしており、通常の経腟分娩のように自分でいきんで出産できます。

硬膜外麻酔以外では、静脈から点滴で麻酔を投与する方法や、陣痛のピーク時に「筋肉注射」をする方法、「麻酔ガス」を吸引する方法もあります。

なかには、麻酔は使わずにソフロロジーやラマーズ法などの「呼吸法」で痛みを和らげる出産方法を和痛分娩と呼んでいる医療機関もあるので、自分が望む方法なのかどうかは事前に確認が必要です。

和痛分娩のメリットは?痛みはどれくらい和らぐの?

天秤

和痛分娩の最大のメリットは、痛みが緩和することで心身ともにリラックスして出産に望めることです。

分娩に対して過度な恐怖心や不安感を抱いていると、緊張が強くなり、産道が固くなって難産につながる可能性も。この場合、麻酔を使ってリラックスすることで、出産がスムーズにすすむこともあります。

また、妊娠高血圧症候群や心臓の病気などがあり、体に過度な負担をかけないほうが良い人も和痛分娩を選んだほうがいいという考えもあります。

リラックスできる面以外に、出産をスムーズにすることで、産後の回復が早まるというメリットもあります。リラックスして産道がやわらかくなるほど分娩時間は短縮されて、体力の消耗も軽減されるからです。

痛みの感じ方は人によっても違いますが、陣痛が強まるタイミングでも落ち着いておしゃべりができる程度の痛みになる人が多いようです。

「痛みがまったくないと自分で産んだという実感が得られないのでは…」と不安を感じる人もいるかもしれませんが、いきんだ実感が持てる程度の痛みは残されているので安心してくださいね。

和痛分娩は誰でも受けられるわけではない?

疑問 クエスチョンマーク はてな

痛みを和らげられるならぜひ和痛分娩にしたいと思う人もいると思いますが、和痛分娩は希望すれば誰でも受けられるわけではありません。

たとえば、血液が固まりにくい体質の人は硬膜外血腫ができやすいリスクがあり、背骨の変形がある人は麻酔がうまく打てない可能性があるので、硬膜外麻酔による和痛分娩を選択できないことがあります(※1)。

和痛分娩が受けられる体質かどうかは自分では判断できないので、希望している人はきちんと検査を受ける必要があります。

和痛分娩のデメリットは?胎児へのリスクはあるの?

イメージ 注意 雷雨 空 不安 曇り

和痛分娩にはいくつかデメリットもあり、代表的なものとして麻酔の副作用が考えられます。麻酔の副作用でよく起こるものには、頭痛やかゆみ、低血圧、発熱などがあります(※1)。

出生直後に一時的に赤ちゃんの呼吸が弱くなることもまれにあることは覚えておいてください(※1)。

また、麻酔の作用でうまくいきむことができずに、赤ちゃんを生み出す力が弱まる可能性があります。この場合、赤ちゃんの安全性を確保するために吸引分娩・鉗子分娩を行うことがあります。

和痛分娩の費用はどれくらい?

お金 医療費 費用 お札 病院

和痛分娩は自然分娩と同じで健康保険は適用されません。自然分娩と比べて麻酔や陣痛促進剤などが使われるので、その分の費用が加算されます。その費用は医療機関で大きく異なりますが、数万~20万円と考えておくといいでしょう。

和痛分娩の前から入院するのか、どんな器具を使うか、どのタイミングで麻酔を使うのかなど、薬の投与量や設備などでも金額は変わります。和痛分娩の方法には明確な基準があるわけではないので、事前に医療機関へ確認しておいてください。

和痛分娩にもメリット・デメリットはある

カップル 夫婦 妊活 家族

最近は和痛分娩や無痛分娩を選ぶ妊婦さんも増えてきました。ただ、どんな出産方法を選ぶにしても、メリットだけでなくデメリットがあります。自分にあった出産方法を選ぶためには、それらを十分に理解することが大切です。

周囲の意見に左右されることもあるかもしれませんが、重要なのは出産する自分自身なので、トレンドに惑わされないことも大切です。和痛分娩が自分の希望と合っているかをしっかりと考えて、出産方法を選択してくださいね。

※参考文献を表示する

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう