悪露が増えるのは異常?産後2ヶ月まで長引くこともあるの?

監修医師 産婦人科医 藤東 淳也
藤東 淳也 日本産科婦人科学会専門医、婦人科腫瘍専門医、細胞診専門医、がん治療認定医、日本がん治療認定医機構暫定教育医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医、日本内視鏡外科学会技術認定医で、現在は藤東クリニック院長... 監修記事一覧へ

産後の悪露は、だんだんと量が減って1ヶ月ほどで出なくなるのが一般的です。そのため、急に悪露が増えたり、1ヶ月以上長引いたりすると、何か異常があるのではと心配になりますよね。そこで今回は、悪露が増えたり、産後2ヶ月ほど続いたりするときの原因や対処法、そのほか気をつけたい症状などをご説明します。

悪露は産後1ヶ月でなくなるもの?

ママ 赤ちゃん 疲れ 産後 悩

そもそも悪露は、出産後に子宮の中から排出される分泌物のことをいいます。胎盤・卵膜のかけらや分泌物、血液などが混じりあっていて、産後1週間くらいまでの悪露の見た目は生理の出血と似ています。

妊娠中に大きくなった子宮は、出産を終えたあと、妊娠前の状態に戻るために収縮し始めます。これは「子宮復古」と呼ばれる現象で、この過程で悪露が排出されます。

個人差はありますが、産後4~6週ほどで子宮は妊娠前とほとんど同じくらいまで小さくなり、子宮口が閉じて悪露は出なくなります(※1)。

悪露が産後2ヶ月以上長引くことはあるの?

女性 考える 悩む

前述の通り、悪露は産後1ヶ月くらいでおさまるのが一般的です。また悪露の色は、出産直後は血液が多く、生理の血のようですが、そのあとは褐色、淡い黄色、白色と薄くなっていきます(※1)。

産後2ヶ月以上も鮮血の混じった赤い悪露が出続ける場合、子宮がうまく収縮できない「子宮復古不全」が起きている可能性もあります(※1)。かかりつけの産婦人科を受診し、必要であれば子宮内に残っているものを掻き出すなどの処置をしてもらいましょう。

ちなみに、帝王切開で出産した場合、子宮を切開して赤ちゃんと胎盤を取り出したあとに子宮内を吸引するため、自然分娩(経腟分娩)と比べると悪露の量が少なくなります。

ただし、帝王切開の手術で子宮壁を切った傷が癒えるまでは、血液や体液などが排出され続けるため、少量の悪露が長く続く傾向にあります。人によっては、産後2ヶ月近く悪露が出続けることもあるようです。

悪露が増えるのは異常のサイン?

コップ 水

正常に子宮復古が進んでいれば、悪露の量は出産後から日が経つにつれて徐々に減っていきます。逆に悪露が増えるときは、子宮が順調に収縮しておらず、止血できていない可能性もあります。

悪露が増える主な原因は、悪露が長引く場合と同じく「子宮復古不全」です。本来は排出されるはずの胎盤などが邪魔をしたり、出産で子宮の筋肉が疲労しすぎたりすると、うまく子宮が収縮せず、出血が止まらないことがあるのです。

悪露の量が増えたという場合は、早めに産婦人科に相談しましょう。子宮筋腫や細菌感染が子宮復古不全を引き起こしていることもあるので、詳しく検査してもらうことが大切です。

ただし、悪露が一時的に塊でドッと出て、またそこから量が減っていった、という場合は、溜まっていた分泌物が一気に出てきただけかもしれません。塊が小さかったり、クリーム色や透明であればそれほど心配はいりませんが、不安なことがあればかかりつけの産婦人科で相談してみましょう。

悪露が増える以外にも、こんな症状に要注意

注意

悪露の量や期間だけではなく、以下のような症状を伴う場合も、できるだけ早く産婦人科を受診しましょう。

下腹部に痛みがある

産後、子宮収縮の影響で下腹部に痛みを感じることはありますが、産後1ヶ月を過ぎても痛みがある場合には、子宮内で細菌感染が起き、傷口などが炎症を起こしていることも考えられます。

悪露が長く続いている場合は特に、子宮内で細菌が繁殖しやすいため、必要があれば病院で抗菌薬を処方してもらいましょう。

立ちくらみやめまいがする

出産直後の悪露は、血液成分が多く含まれているため、排出されるときに貧血症状が現れることもあります。

産後はまだ体力が回復しきっておらず、疲れや睡眠不足も溜まりやすいので、立ちくらみやめまいなど貧血のサインがあったときは無理せず休みましょう。

少し休んで症状が治まるようであれば大きな心配はいりませんが、貧血による吐き気や動悸がひどいときは、念のため病院を受診してくださいね。

悪露が増えるなどの異常は医師に相談しよう

内診 診察 病院

悪露は個人差があるため、異常があるのかどうか自分で判断することは難しいですよね。「量が増える」「鮮血のような赤い悪露が長引く」といったこと以外にも気になることがあれば、一人で抱え込まずに産婦人科で相談しましょう。早めの受診が、早めの対処につながります。

産後は家事や育児で忙しく、なかなか自分の体のケアにかける時間を取りづらいかもしれませんが、違和感を放っておくと体調不良が長引いてしまうことも。家族など周りの人たちの協力を得ながら、無理のない生活を送れるといいですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう