卵胞刺激ホルモン(FSH)とは?基準値は?数値が高い・低い理由は?

体内で分泌されるホルモンの1つに、卵胞刺激ホルモン(FSH:Follicle-Stimulating Hormone)があります。男性と女性両方で分泌されており、それぞれの生殖機能にかかわっています。そのため、もし卵胞刺激ホルモンが正常値よりも高い・低い場合は、生殖機能に何らかの障害が出ている可能性も。今回は、卵胞刺激ホルモン(FSH)の役割や基準値、高い・低い場合の原因や対処法についてご説明します。

卵胞刺激ホルモン(FSH)とは?どんな働きをする?

女性 お腹 腹部

体内には「性腺刺激ホルモン」という、精巣や卵巣に刺激を与えて生殖機能の発育や機能を調整するためのホルモンがあります。この脳下垂体から分泌される性腺刺激ホルモンの一種に、卵胞刺激ホルモン(FSH)があり、名前の通り卵胞を育てる働きがあります。

ちなみに、性腺刺激ホルモンにはもう1つ、黄体形成ホルモン(LH)と呼ばれるものがあります。こちらは成熟した卵胞の排卵を促進し、子宮内膜の維持に必要な黄体の形成を促す役割があります。

卵胞刺激ホルモン(FSH)の基準値は?高いか低いかの判断は?

クエスチョン 矢印 方向 疑問 はてな

卵胞刺激ホルモン(FSH)が異常値になった場合(基準値よりも高い・低い)、不妊症や月経異常、更年期障害の可能性が疑われます。女性の月経周期によって正常値は変化しますので、以下の数値を参考にしてください(※1)。この正常値よりも高いか、低いかで病気の診断が行われます。

卵胞刺激ホルモン
FSH(MIU/mL)
卵胞期 5.2~14.4
排卵期 5.6~14.8
黄体期 2.0~8.4
閉経期 26.2~113.3

卵胞刺激ホルモン(FSH)の数値が低いとき、高いときは?

違い ランプ 発見 効果

卵胞刺激ホルモンが高いか低いかによって、病気かどうかなど診断されます。医師の方針に従って治療に取り組んでいきましょう。

卵胞刺激ホルモン(FSH) 値が低い

● 第1度無月経
● 視床下部性無月経
● 高プロラクチン血症
● 体重減少性無月経

卵胞刺激ホルモン(FSH) 値が非常に低い

● 下垂体性無月経
● シーハン症候群
● 下垂体腫瘍
● ゴナドトロピン欠損症
● 体重減少性無月経

卵胞刺激ホルモン(FSH) 値が高い

● 卵巣性の排卵障害
● 早発閉経
● 高齢による卵巣予備能の低下

卵胞刺激ホルモン(FSH)が高いと不妊症?

女性 悩み 考える 悩む 困る

不妊に悩む方の中には、卵胞刺激ホルモン(FSH)の値が高くなっている場合があります。卵巣の機能が弱っていると、卵胞刺激ホルモンを多く分泌して卵胞を成熟させようとします。つまり、卵胞刺激ホルモンの値が高いということは、卵巣が弱まり、排卵に影響が出ていることが想定されます。

これは閉経した女性に見られる現象ですが、様々な原因で若い年代でも卵巣の機能が弱まることがあります。

卵胞刺激ホルモン(FSH)が高いときの治療法は?

医療 薬 錠剤

卵胞刺激ホルモンの値が高いと、「妊娠できないのでは?」と心配する女性も少なくありませんが、いくつか症状を改善するための治療法があります。あきらめずに不妊治療を専門とする医師に相談しましょう。

カウフマン療法

正常であれば卵胞刺激ホルモンによって卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌が促され、排卵後には黄体ホルモン(プロゲステロン)が増加します。この卵胞ホルモンと黄体ホルモンのバランスによって、排卵や生理が周期的に起こります。

しかし、卵胞刺激ホルモンの値が高い場合には、卵巣の機能が弱り、卵胞ホルモンがうまく分泌できずに生理周期の乱れとして症状が現れることがあります。

そこで、卵胞ホルモンと黄体ホルモンを一定期間服用することで、生理周期を整えて、ホルモンバランスを整えます。これによって、次第に卵胞刺激ホルモンの高い数値を下げることができます。この治療法をカウフマン療法といい、不妊治療ではなくても一般的な生理不順を整える方法としてよく利用されています。

生活習慣の改善

ホルモンバランスを整えるには、やはり生活習慣の改善が大切です。睡眠時間をしっかりとることでホルモンの働きを促す、栄養バランスのよい食事で血行をよくするように心がけましょう。また、過剰なストレスは必要なホルモン分泌を阻害するため、適度な運動などでのストレス発散が重要です。

漢方薬・鍼灸

ほかにも、東洋医学である漢方や鍼灸にて数値を正常に戻した、という方もいます。例えば鍼灸によって血流をよくし、自律神経を整えることでホルモンの働きを促進することができます。漢方薬も同様に、体の冷えを改善することで卵巣などの臓器の働きが促され、卵胞刺激ホルモンの数値が下がるとされています。

鍼灸も漢方薬も、はじめは専門家に相談した上で試していきましょう。鍼灸に必要なツボは、人によって少しずつズレがあるといわれているため、自己流で取り組むのはできれば控えてくださいね。

卵胞刺激ホルモン(FSH)が低いときの治療法は?

女性 天気 晴れ 健康 元気 リラックス

卵胞刺激ホルモンの値が低いときには、原因が高プロラクチン血症であれば、プロラクチンを抑える薬である「ブロモクリプチン(商品名:パーロデルなど)」を使って治療します。ほかに、視床下部や脳下垂体がストレスによってうまく働かず、卵胞刺激ホルモンの分泌量が減ってしまうという原因もあります。

ストレスが原因と考えられる場合には、原因自体をすべて取り除くことは難しいので、適度な運動を行ったり、好きなことをする時間を増やしてリラックスする機会を増やして、ストレス発散を心がけるようにしましょう。とくに不妊治療中は身体だけでなく心にも負担を感じているものです。

いつもより少しでも、自分のことをいたわってあげてくださいね。

健康的な生活で卵胞刺激ホルモン(FSH)を正常値に

女性 リラックス 健康

卵胞刺激ホルモンの値が高い状態が続くと、卵胞は過剰に刺激され続け、さらに卵巣の反応が鈍くなっていきます。日頃から健康的な生活習慣を保つことが正常なホルモン分泌を促すためには不可欠です。卵巣機能が向上する可能性もあるので、治療とともに生活改善にも取り組んでくださいね。

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう